コンタクト

農場見学、農体験希望、野菜の注文、講演依頼、その他質問や感想などお気軽にご連絡ください。

■コンタクト

〒315-0116茨城県石岡市柿岡1297-1
【TEL/FAX】0299-43-6769
【HP】http://kurashilabo.net
【MAIL】kurashilabo@gmail.com

*電話、FAXは朝7:00~夜21:00まででお願いします。
日中は農作業をしていて出られないこともあります。
12:00~13:00と18:00~20:00の間は電話が繋がりやすいです。
*MAILは24時間受け付けております。


■アクセス

*公共機関をご利用の場合
常磐線石岡駅下車(上野から普通で90分、特急で60分)。改札を出て左手へ向かいバスターミナルへ。「柿岡車庫行き」へ乗り、停留所「柿岡」で下車(25分)。そこから柿岡上宿の交差点を左折し直進、小倉川を越えて最初の十字路を右折。左手に看板が出てきたら、その坂を上がり到着(バス停より10分)。
バスでの詳しい行き方はコチラ


*自動車をご利用の場合(東京方面)
c0177665_11040446.gif①常磐道・土浦北インターを(下妻・つくば方面(右側)に)降り、国道125号を走る。

②高速を降りて3つ目の信号を右折。(「県道199号線 笠間・石岡右折」の道路標識、「茨城県フラワーパーク→15km」などの看板あり。)

③しばらく道なりに進む。10分ほどでトンネルに入る。

④トンネルを抜けてさらに10分ほど直進。吉生の交差点を右折。

⑤3分ほど進み、右側にサバイバルゲーム「BLITZ」の建物(地味です)が見えたら、その奥を右折。(5差路なので注意。)農場が見えます。

c0177665_10224787.gif

最後の5差路注意です。

グーグルマップでは、なぜか、サバゲーのすぐ裏手の細い道(水色のルート)が案内されますが、その道ではありません。

黄色いルートで来てください。

c0177665_11025985.jpg

c0177665_11025961.jpg

[PR]
# by kurashilabo | 2008-01-01 00:00 | アクセス・コンタクト | Comments(0)

2009年春~の研修生募集について

やさと農場では現在研修生の募集を行っています。


【応募資格】有機農業や農的な暮らしに関心があり、技術を身につけたい方や暮らしのあり方を実践を持って考えてみたい方。年齢性別は問いません。

【募集業種】
1.研修生
・有機農業や農的な暮らしの技術を身につけたい方。
・基本単位を1年とします。(短期希望の方はご相談ください)
・短期での体験を希望の方は「農体験できます」の欄ををご覧ください。

【応募方法】やさと農場へ電話やメールにてご応募ください。メールの場合は簡単な略歴や志望動機などを共にお送りください。

【募集期間】研修生は随時募集しておりますが、受け入れが難しい場合(宿舎の都合など)はお断りすることがあるかもしれません。

【給与等】研修生には生活補助程度の謝礼を支給します。居住費や食費等はかかりません。住居は農場内の母屋での共同生活になります。

不明な点などあればお気軽にお問い合わせください。
【MAIL】kurashilabo@gmail.com
【TEL/FAX】0299- 43-6769

興味がある方やお迷いの方、まずはやさと農場に気軽に見学に来てください。見学者には毎回農場をご案内しますので、やさと農場のことが分かると思います。
[PR]
# by kurashilabo | 2008-01-01 00:00 | お知らせ(告知) | Comments(0)

やさと農場の農場体験へのお誘い

畑作業や、鶏、豚の世話、加工の手伝い、その他、農場の整備や、食事づくりを手伝ってもらいます。その季節折々の農作業や家畜の世話、時期があえば小さなヒヨコが沢山いたり、豚の出産に立ち会えることもあります。

農場の畑や家畜たちは一年を通していろいろな風景や顔をみせてくれます。それはそのとき限り。毎年同じように年月が過ぎていくようでも、その一瞬は一瞬で終わってしまう貴重な体験。

普段は出会えることのない風景や家畜たちの表情、都会では感じられない得もいえぬ充足感。それらはやはり人間の深い根本的な欲望が刺激されるからでしょう。そんな体験があなたを待っています。

もちろん農作業だけでなく、農場スタッフとの交流も楽しめます。農場は5人のスタッフが共同で生活しているところなので、独特な雰囲気があると思いますが、そんな独特さもここの大切な要素。ひとつの暮らし方の提案でもあったりします。

特別なおもてなしをすることは出来ませんが、普段の農場の生活に入って、その季節ごとのいろいろな作業をすることが出来ます。


【料金表】
c0177665_15402974.gif
※日帰り利用料と宿泊利用料は重複せず、どちらか一方になります。
※食事は食材実費としていただいています。
※会員は利用割引があります。
※農場には猫が3匹います。猫アレルギーの方はご注意ください。
※食べ物のアレルギーがある方は事前に連絡・ご相談ください。

c0177665_15415580.gif
※食事は回数によって値段が変わります。
※3泊以上で、スタッフと一緒に農作業を手伝ってもらう場合は、9,500円を上限にそれ以降の利用料・食事代はかかりません。


【1泊2日での利用例】
c0177665_10095392.gif

農場では決まった"体験プログラム"がある訳ではありません。農場の日常に入って、一緒に農作業をしたり、ご飯を作るなど、農場の日常を体験していただけます。
作業やごはん作りなどは全て任意で、農場側から強制することはありません。来場時間や帰宅時間もご自身の都合に合わせて決めてください。具体的な希望がなければ日常作業(畑・鶏・豚)を一緒にすることになります。やりたいこと・やりたくないことがある場合は、事前或いはその都度、申し出てください。


農場の作業は、スタッフごとの担当制になっています。
c0177665_10041531.gif

ゲストは自分の希望する作業をスタッフと一緒にしていただくことになります。或いは作業はせず、農場内でのんびりしていただいても構いません。自分がどのように過ごしたいかスタッフにお知らせください。

例1.友人から楽しかったと勧められたので、とりあえず何でもやりたいです。
例2.豚に興味があります。畑もできることがあればさせてください。
例3.子どもに体験させたいのですが、それほど集中力もないので、少しお手伝いして、後は様子をみてのんびりしてます。
など。あらかじめ希望がある方はフォームの「自由記入欄」にご記入ください。
*鶏は鶏インフルエンザが流行する冬場は、一緒に作業ができないこともあります。


【その他】
宿泊部屋については以下のリンクページ、中段辺りにあります。
http://yasatofarm.exblog.jp/i35/
台所の使い方など


【申込み・お問い合わせフォーム】
こちらのフォームからお申込ください。
生産やイベントの都合上、受け入れられない場合もありますのでご了承ください。



【for ウーファー】
※ウーフの方はウーフのフォームからお申し込みください。
※当農場では、3泊以上の利用~のみ受け入れております。ご了承ください。
※ウーフ(wwoof)は、有機農場でのお手伝いと宿泊・食事をお金を介さずに交換する仕組みで、世界中にあるホスト農場で農作業のお手伝いすることができます。詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。



【農作業を体験する方へ、保険加入のおすすめ】
危険が伴う作業は基本的にスタッフが行いますが、農作業中に思わぬ怪我をすることがあるかもしれません。旅行保険などに加入しておくことをお勧めいたします。


【素泊まり希望者へ】
素泊まりも可能です。農場を拠点に登山に行きたい、農場でのんびりすごしたいなど、希望がある方は、その旨をお伝えください。農体験の申し込みフォームからご記入ください。


--------------------------------------------------------------------- 
■問い合わせ
【連絡先】暮らしの実験室 やさと農場 茨城県石岡市柿岡1297
【TEL&FAX】0299-43-6769 【MAIL】kurashilabo@gmail.com
--------------------------------------------------------------------- 



For foreigner...

【Yasato farm】
We have continued to organic farming since 1974.
There are 4-5 farm stuff, 30 pigs, 400 chickens, 2 goats, 2 dogs, 4 cats, vegetable field(1ha) and rice field.

【for visiter】
It takes money to farm stay.
3000 yen per one night.
500 yen per one meal.

You can also work with us.
If you hope so please tell us your intention and please confirm beginning time and job description.
If you stay more than 4 days and work together from morning until evening, you don't need to pay money after the 4th day.
(The first of the three days it takes money.)





.

[PR]
# by kurashilabo | 2008-01-01 00:00 | 農場体験のおさそい | Comments(0)

organicfarm暮らしの実験室の考えていること

organic farm暮らしの実験室は1974年に都市住民と農を志す青年たちと組み茨城県の八郷に農場を建て、無農薬・有機栽培で小規模有畜複合農業を実践してきた「たまごの会」から、その意思と農場を引き継ぎ新しく第2ステージを踏み出そうと形作られてきました。

私たちは農というものを意識的にも空間的にもあらゆるところに創出していきたいと願っております。自然と人、家畜と人、人と人が対等に向き合う空間。そのような場所を私たちはどんどん端の方へ追いやって来ました.しかし、私たちは深いところでそのような空間への欲望を確かに持っています。その欲望はひたすら消費を繰り返す現代社会の生活によって、かき立てられ「農」という言葉をよく聞くようにもなりました。その欲望が新しい消費を生みだし、リアルな「農」を食い尽くしてしまうのではないかという危惧さえ感じる時があります。

私たちは「農」という空間、とりわけ「Farm」という空間をあらゆる形態で拡げていこうと「やさと農場」を拠点に活動をしています。ご興味のある方はどうぞご来場ください。

■活動ビジョン

「いたるところにfarmを. いたるところをfarmに.」

farm。それは豊かな食卓の拠りどころ。
farm。それは豚や鶏、犬や猫、米や大根と共に生きる庭。
farm。それは野性のうずく、不思議の場所。
farm。それは人と生き物、人と人、都市と田舎の新たな出会い。
farm。それは自由と自立。私たちの生き方。

都市の暮らしにこそFarmを!
暮らしは与えられるものではなく、 協同し、自分の頭と体を使って能動的に作り出していくもの。豚や鶏や大根と共に、もう一つの欲望、もう一つの人生、もう一つの風景、もう一つの街をデザインしていこう。
[PR]
# by kurashilabo | 2008-01-01 00:00 | プロフィール | Comments(0)

動物

c0177665_11102417.jpg
トマト♂

元ミニチュアダックスフント。農場を自由に走り回っているため筋肉隆々でまもなく規格外へ。クレバーで自分の立ち回りをしっかり認識している。女性のお客さんにはこの上ない愛嬌をふりまき、見知らぬ中年男性にはこの上ない勢いで吠え掛かる。接客係りと番犬を兼任する農場の愛すべき存在です。



c0177665_11103232.jpg
シロ♂

野犬時代に近所の女史が「このままだと保健所いきで可愛そう」と農場に連れてきた。幾度の脱走を繰り返したが、鈴木氏の深い愛情を受け、今はすっかり農場犬になった。しかしそれでも三度の飯より散歩好き。そのためトマトによく餌を横取りされている。



ポニー

c0177665_11104288.jpg
■サツキ♀

ザーネンとシバヤギの血を引くヤギ。温厚でひとなつっこい。出産経験3回。父ヤギは近所の有機農家さんが飼っている。離乳後にいただくサツキのミルクはあっさりとクセがなくしかし味わい深い。



c0177665_1111899.jpg
■コユキ♀(左)

サツキの子。現在は里帰りで一時不在。



c0177665_11112925.jpg
■ババ♀

人見知りで、ほとんど目にすることが出来ない黒猫。人だけではなく他の動物とも一線をひいている。トマトには見つかると吠えられ、ネムには喧嘩を売られ、なおきちには餌を勝手に食べられているある意味では可愛そうな立場である。そんなババを見つけたあなたはラッキー♪



c0177665_11115656.jpg
■ネム♀(写真は子猫時代)

茶トラの典型的なツンデレ猫。合歓木(ネムノキ)の花が咲く頃にやってきたのでネム。眠いからではありません。背中をかかれると気持ち良くなってペロペロしだす。



c0177665_9184537.jpg
■なおきち♂(写真は子猫時代)

甘えん坊でされるがままのオス猫。



c0177665_173085.jpg
■たまこ♀





c0177665_11134192.jpg
■チャボたち
採卵鶏とは違いおしゃれな風貌をした景観動物。体も小さく鳴き声も甲高い。


[PR]
# by kurashilabo | 2008-01-01 00:00 |  L 農場の住人 | Comments(0)

農場の住人

c0177665_13531436.jpg
●鈴木さん(鈴木文樹) 畑担当/82~89年、03年~

農場週報の大人気コーナー「ふみきコラム」を担当する文筆家。その腕前は朝日新聞に引用される程。普段はのらくらと野菜を育てて過ごしているが、独立国家「やさと農場」建国後は総理大臣ではなく天皇の座を狙っている策士でもある。農閑期の建築や整備作業になると、畑では見せないほどの熱心さを発揮し、まるで童心に返ったかのように活き活きしだす。細部までこだわる本格派でもある。鈴木さんの隠れファンは多い。




c0177665_13533055.jpg
●イバくん(茨木泰貴)企画担当/03年、05年~

環境問題、資本主義への疑問から「人と自然が共生できる道」を求めて農場へ足を踏み入れ早10年。動物界、植物界を通り越して菌界、とりわけ酵母菌との共生を図っているためか始終酔っている。酔いが一定のラインに入ると歌いだすという性質も持ち合わせている。農場が潰れたらプリンを作って生計を立てようと考えている程美味しいプリンを作ることもある。




c0177665_18564822.jpg

●イェジン(姜 咲知子)事務局、受入れ担当/09年~

在日3世にして、高校時代から社会問題研究会で腕を鳴らしたという筋金入りの活動家にして元ジャーナリスト。日韓問題はライフワーク。自分自身が平和でなければ世界は平和にならないという気付きから農場生活開始。普段はパソコンと向き合い、肩こりと戦っているが、キムチを仕込めば5分で売り切れるという秘儀も身につけている。ワークショップやファシリテーションなど、人の出会う場、学びの場作りもできる。




c0177665_17175664.jpg
●やっちゃん(舟田靖章)畑、豚、出荷担当/12年~

日本で初めてアメリカの3大山脈を歩破したハイカー。荷物を軽くし、余分なモノを削ぎ落とす必要性から服やバックの自作を行うように。常に活字を見ていないと落ち着かない活字中毒でもあるが、本は荷物になるため、読んだ先からページを破り捨てていくのが慣例。旅を終え、現在は定住革命に挑戦している。暮らし・生き方の本質を見極めんとする哲学者でもある。趣味は畑、ミシン、時々山歩き。




c0177665_1716535.jpg
●かわちゃん(河村友紀)鶏担当/15年~

「農家の嫁にしたいランキング」1位(農場調べ)を獲得した積極性とポジティブさが売りのルーキー。やさとに惚れこみ、故郷の京都を離れてやってきた。が、京風の味付けを広める、という裏の任務も負っている様子で、料理はあくまで薄味にこだわっている。はんなりした雰囲気とチャキっとした性格を併せ持ち、長らくイェジン一人では対応しきれない野郎だらけの殺伐としていた農場に華やかさをもたらしている。
[PR]
# by kurashilabo | 2008-01-01 00:00 |  L 農場の住人 | Comments(0)

畑について

c0177665_11565634.gif

■こだわり
 最近、有機野菜は様々な場所で手に入れることができるようになっています。しかし、やさと農場の有機野菜は「安心/安全」や「完全無農薬」といったことよりも、人と人との有機的な繋がりの中で育てられ、食べられる野菜という事を大切にしています。もちろん、ここの野菜はすべて「完全無農薬有機栽培」ですが、そのような枠はさておいて、つくる人とたべる人がお互いにどのように育てられ作られているか、また、どのように届けられ、食べられているかを知っていることの方が大切なのだと考えています。食に対する不信は人に対する不信。人と人との有機的なつながりによってはじめて豊かな食卓を得ることができるのです。


■畑の心得
 一粒の小さな種が土をかぶる。すると、いったいどこにどうやって入っていたのか、するすると芽が伸びてたわわに実をつける。そして、また種になっていろんなところに落ちる。かつて人は食べられる植物を栽培し、長い時間をかけて「野菜」と呼ばれる植物をつくりました。畑はその野菜という食物を生み出す魔法の大地。畑の心得はその魔法を丹念に探求すること。人にも自然にも優しいものは、やはり、人と自然の対話からしか生まれてこない。人は雨を降らせることも、太陽を照らすことも、激しい雨をとめることもできない。ただただ、よりそい生長に必要な手助けをしてあげることくらいなのです。


■畑の広さ
 やさと農場の畑の広さはおおよそ2町歩ほど。そこの春から冬まで一年を通して60品目ほどの野菜を育てます。また、家畜用の牧草や味噌用の大豆なども育てています。


■堆肥
 やさと農場には豚と鶏がいる。畑の余った野菜や草をあげる代わりに、彼らからは良質の堆肥をもらっています。豚のうんちはワラやおがくずを混ぜて切り返しよく発酵させます。鶏はもみ殻とワラを敷き詰めた床を鶏自身が毎日攪拌してくれるので、鶏糞とワラなどがよく混ざり、微発酵したものを使います。


■野菜セット
やさと農場では毎週金曜日の朝に野菜を収穫し、野菜セットとして出荷しています。その季節に取れる旬の野菜を箱の中にたっぷり(10品目以上)詰め込んでお送りしています。野菜だけではなく、本当は農場をそのまままるごと詰め込んで送ってしまいたいのですが、入りきらないので、農場の出来事や畑の様子、コラムなどを週報にまとめて一緒に送っています。箱の中にはその季節のものが入っているので、一年を通して季節を感じ、旬をいただき、スーパーなどの生鮮売り場では感じられないものを感じることができます。
[PR]
# by kurashilabo | 2008-01-01 00:00 |  L 農場見学 | Comments(0)

子どものキャンプやゼミ・合宿などで農場を利用しませんか?

c0177665_16334974.jpg

当農場は、食べものと生産現場が切り離されてしまっている現代社会において、自分たちの食べるものを自分たちで作りたいと願った都市の会員たちの手で40年前に作られました。
農場では、日々の営み、生き物と共にある暮らし、消費生活ではなく工夫し造りだす暮らしなどを多くの方に体験・共有できる場所でありたいと、この場所を解放し、個人・団体での農体験の受入を行っております。
夏休みや土日、連休を利用して、ぜひ皆さんの活動に農場をお役立てください。

このページでは
①団体利用時の概要
②施設の詳細写真
③申し込み方法
をお知らせします。


【内容の決め方】
団体での利用の際、農場での過ごし方はスタッフと事前に相談しながら決めていきます。
まるまる農場での農体験をすることもできますし、自分たちの団体の活動を中心にして、野菜の収穫や食事作りなど農場ならではの体験を組み合わせることも可能です。


【食事作り】
食事作りは農場体験の一番の楽しみでもあるので、皆さんに参加していただいています。各回2~3名を食事当番にしていただき、農場スタッフが1人サポートに入って、一緒に食事を作ります。旬の野菜、ここで元気に育った鶏の卵、豚肉などを使って好きなものを作ってください。食事作りはだいたい2時間程度かかります。食べたいものを考えてきてくださいね。
*初日の昼食は農場スタッフが作ります。1泊2日の場合は夜、朝、昼の3回機会があります。


【こんなことができます】
①農場案内(必須)
初めて来場される方には、農場案内をいたします。豚や鶏を飼いながら、畑・田んぼで農作物を作る有畜複合の循環型農業の様子を見学いただけます。案内に約45分~1時間程度かかります。
2~4人のグループに分かれて農場の循環を楽しく体験的に学べる「ぐるぐるオリエンテーリングる」もできます。2時間~3時間程度必要です。

②畑作業のお手伝い(無料)
有機農業は草との戦いでもあります。希望される方には四季折々の除草作業を楽しんでいただくことができます。青空の下で土に触れていると心が癒されたり、静かに自分と向き合ったりできます。残念ながら冬場は草がありませんので、ご了承ください。秋口に、一部芋類の収穫作業ができる場合がありますのでご相談ください。

③野菜の収穫と食事作り(無料)
畑で食事に必要な野菜を収穫して、みんなで料理していただきます。夏場は屋外で調理することも可能です。BBQコンロは2台あります。木炭は各自でご準備ください。

④動物のお世話(無料)
希望者には鶏と豚のお世話を体験していただけます。集団で行うと動物がびっくりするので各2名程度です。「一人一個、産みたての卵を収穫して食べたい」など希望があれば相談してください。また、団体全体で、「まじめに畜産全般について学習・体験したい」という希望なども相談可能です。まじめに取り組みたい人の要望はなるべく応えたいと思っています。

⑤その他、農場の設備を使った活動(無料)
キャンプファイヤーや、広場を使ったアクティビティー、加工室を使った料理勉強会、流しそうめん、その他、農場の敷地内でできそうなこと、やってみたいことがあればご相談ください。

⑥お持ち帰り用野菜収穫体験(夏季限定/6~8月)
1人1,000円(5~8品目程度の野菜)
※1時間程度かかります。事前にスタッフが収穫しておいたものを持ち帰ることもできます。
※夏季以外でも可能な場合がありますのでご相談ください。

⑦鶏解体  1羽2,000円(3羽以上から受け付けます。)
※定員 6名程度
※時間 3~5時間程度かかります。詳細はこちら。

⑧燻製品作りや石窯調理
燻製箱利用 3,000円(桜チップ、練炭付) *使い方のレクチャーあり
石窯利用  3,000円(薪付き)/ 5,000円(薪とスタッフ付) 
※小麦粉、卵、豚肉は農場産をご利用いただけます。持ち込みはご遠慮ください。
※農場にない食材を利用したい場合は事前にご相談ください。(チーズや魚など)

【農場利用例】
<1日目>午前:到着→昼食 午後:農作業体験 夕方:食事作り 夜:夕食・交流
<2日目>午前:早朝畑(夏のみ)→朝食→石窯ピザづくり→昼食 午後:自由  



農場の基本的な施設は「農場見学」のページをご覧ください。こちらでは、各部屋とキッチンの詳細を掲載します。

ゲストハウス(12畳)
c0177665_17322152.jpg
会議などで8人程度が利用できます。奥にトイレもあります。プロジェクターも貸し出せます。テレビの利用も可能です。


板の間(24畳)
c0177665_17323157.jpg
会議やアクティビティーなどで12人程度が利用できます。一部が事務スペースになっていますのでご了承ください。


ヤギ部屋(8畳)
c0177665_17324339.jpg
3~4人が利用できます。場合によって窓からヤギが顔を出すことがありますのでご了承ください。


ロフト部屋(6畳+6畳)
c0177665_17325243.jpg
3~4人が利用できます。ロフトの2階は柵がありませんので寝相が悪い方はご注意ください。


だんだん部屋(6畳+3畳)
c0177665_1733054.jpg
3~4人が利用できます。主に利用できるのは1段目と2段目で、3段目は危ないので使っていません。


キッチン
c0177665_173318100.jpg
流し4口、コンロ5口。3人程度が同時に調理できます。それ以上の場合もリビングなどで分担して調理することができます。キッチンの詳しい使い方は「台所の使い方」をご覧ください。


調理道具
c0177665_17332691.jpg
炊飯器1つ、ご飯炊き釜2つ、オーブン、圧力鍋、蒸し器、鍋(大・中・小)、ボール(大・中・小)、包丁、まな板4つ。基本的な調理道具は揃っています。特殊だと思われるものが必要な場合はご相談ください。


調味料
c0177665_17333541.jpg
油、オリーブオイル、ごま油、しょうゆ、お酒、お酢、みりん、砂糖、塩、コショウ、味噌(手作り)など、基本的な調味料は揃っています。それぞれそれなりにこだわったものを使用しています。特殊だと思われるものが必要な場合はご相談ください。



申し込み方法や概要については「農体験へのお誘い」のページを、早速申し込みたいという方は申し込みフォームからご連絡ください。





.

[PR]
# by kurashilabo | 2007-12-31 18:10 | 農場体験のおさそい | Comments(0)

台所の使い方(イベント・団体利用時)

農場の台所を快適に使っていただき、みんなが喜んで食事をいただくための指南書です。農場に来てから食事当番になった方も、農場に来る前から当番にあたっている方も、よくお読みいただいてから調理に臨んでください。


●みんながごはん作りにトライする
やさと農場の魅力は畑と台所がつながっているところだと思います。料理が得意な人もそうでない人も、ぜひ自分たちで収穫したお野菜を使って、ごはん作りにトライしてみてください。
・キッチンの適正人数は3~4名ですが、食堂全体を使ってみんなで作っていただくこともできます。
・1泊2日の場合、食事の機会は3~4回あるので、事前に料理当番を決めておくとスムーズです。
・スタッフも1人、サポートに入ります。台所の使い方やメニュー決めに困ったら相談してください。


●メニューから食材を用意するのではなく、食材からメニューを考える
やさと農場では、無農薬で育てた旬のお野菜を使うことができます。採れたてのお野菜の美味しさたるや!ぜひ、このお野菜たちの美味しさを引き出したメニューを考えてみてください(無理に複雑な事をしなくても美味しいです)。仮に、「カレーが食べたい!」と決まっていても、夏カレー(ナスやトマト)と冬カレー(にんじんや大根)のように、中身を代えれば、その季節ならではのメニューになります。コロッケも、ジャガイモがなくてもサツマイモやカボチャで作る、など、発想の転換にトライしてみてください。


●お肉や卵は大切に使いたい
やさと農場では豚や鶏も育てています。豚は月に1~2頭をお肉にして会員さんに届けています。1頭のお肉を会員みんなで分けるので、好きな部位は選べません。農場の普段の食事やイベントでは、そこで余ったお肉をいただいています。生きている命を人の都合でいただいている訳ですから、大切に使いたいと考えています。

①お肉の使用は1人1食50gまでを目安に。それ以上使いたい場合は買い取りになります。
(販売価格:豚肉220円/g、挽肉450円/300g、ベーコン500円/g)

②買い取る場合でも、昼食BBQ、夕食ハンバーグのように、続けて肉がメインになる料理はご遠慮ください。

③ベーコンは在庫があれば1本(300g程度)は使っていただけます。

④お肉はない場合もあります。

⑤朝に卵取り体験をすることができます。


●購入する際のルール
農場でも全ての食材を賄っている訳ではないので、普段は食事当番が自分で必要な食材を購入しています。農場に常備してある調味料は、作り方にこだわったものです。よい調味料を使う事は、食材の味を引き立ててくれるだけでなく、私たちが考えるより良い社会を作る事に繋がっています。
 何を買ってよくて、何を買ってはいけないか(下図参照)はグレーな部分もあり、全て明確にはできませんが、ニュアンスを汲み取ってください。逆にあまりストイックにやるのも辛いので、グレーも必要だと思っています。最近の悩みとしては、自給率が上がれば上がるほど豊かさ実感は増すものの、それには手間がかかる、という事です。たとえば小麦粉を自給していますが、製粉するのは大変で、自給程度ならできても、イベントで大量に必要になった際にも対応できるのか、など。その場合に、小麦粉を購入しても良いかどうかは非常にグレーです。

【農場に常備してある】
油、醤油、みりん、酢、酒、砂糖、塩、コショウ、味噌(自家製)、昆布、削り節、煮干、ミルク、ごま油、ゴマ(自家製)、カレースパイス

【買っても良い】
納豆・豆腐・こんにゃく・きのこ類は国産に限る。チーズ、バター、豆板醤、コチュジャン、オリーブオイル、パン粉、海苔、青海苔、わさび、からし、ひじき、きくらげ、くずきり。アレルギー対応で必要なものは要相談。

【買ってもまぁ良い】
魚、わかめ、生姜・ニンニクは農場にない場合、ナンプラー、ココナッツミルク、麺類、はちみつ、手作り漬物、練りゴマ、カレールー

【グレーゾーン】
オイスターソース、マヨネーズ、ケチャップ、ソース、ポン酢、ドレッシング類、焼肉のたれ、小麦粉、ちくわ、さつま揚げ、かにかま、シーチキン、紅生姜、シソなどの香味野菜

【ありえない】
野菜、ソーセージやベーコンなどの肉加工品、だしの素、スープの素、鍋の素、めんつゆ、ウェイパー、化調の漬物、惣菜、冷凍食品

*必要な食材は農場で購入しますので事前に相談してください。迷った場合も同じくご相談ください。
*「買ってもまぁ良い…麺類」の意味は、字の通り、「買ってもまぁ良いけど、あえて麺類のメニューにする必要ある?」というニュアンス。「流しソーメンだったらまぁ良いかな」など。
*ドリンク、アルコール類は各自で購入してきてください。お茶はあります。


●季節のお野菜一覧(必ずしもあるとは限りません。ご確認をお願いします)
【3月】冬野菜が無くなる時期
京芋、山芋、人参、ネギ、大根、ほうれん草、小松菜、カブ、

【4月】菜の花などが出る
里芋、山芋、葉玉ねぎ、わけぎ、あさつき、葉大根、アブラナ、ナバナ、山東菜

【5月】春野菜が出てくる
京芋、大根、葉玉ねぎ、レタス、サニーレタス、絹さや、ソラマメ、ほうれん草、春菊、小松菜、水菜、チンゲンサイ、にんにく

【6月】春野菜がなくなる
ジャガイモ、人参、玉ねぎ、赤玉ねぎ、キャベツ、ブロッコリー、ソラマメ、絹さや、きゅうり、トマト、チンゲンサイ、ズッキーニ、にんにく

【7月~9月】夏野菜がメイン
ジャガイモ、玉ねぎ、かぼちゃ、ネギ、トマト、きゅうり、インゲン、ナス、ピーマン、ししとう、ゴーヤ、オクラ、モロヘイヤ、空芯菜、オカわかめ、セロリ、にんにく、(場合によってとうもろこし)

【10月】夏野菜がなくなる
ジャガイモ、里芋、サツマイモ、カボチャ、人参、ネギ、水菜、春菊、ちぢみ菜、コカブ

【11月~2月】冬野菜がメイン
ジャガイモ、里芋、サツマイモ、大根、人参、カボチャ、ネギ、ゴボウ、白菜、コカブ、ほうれん草、ターツァイ、アブラナ、生姜
(11月の一部/キャベツ、ブロッコリー、春菊)(年内まで/小松菜、チンゲンサイ、水菜)(年明けから徐々に野菜が減る)




.
[PR]
# by kurashilabo | 2007-12-28 18:24 | 農場体験のおさそい | Comments(0)

鶏の屠サツ・解体体験について

農場に鶏の屠サツ・解体体験のお問い合わせをいただくことがあるので、詳細を掲載します。


【受入れ人数と金額】
3人3羽以上~お引き受けしており、1人4,000円です(内訳は別項)。

*作業に最適な人数は4名で、1人1羽やる場合は上限が5名です。それ以上の場合は2名で1羽を捌くなどして対応することができます。また、5人で3羽(2人は交代や見学のみ)や、3人で6羽(1人2羽)など、3人3羽以上であれば、組み合わせは自由です。その際は事前にご相談ください。
*体験は常時可能ですが、作業の都合がありますので、いくつか日程の候補を出していただけると決めやすくなります。ご協力ください。


【時間】
11時~16時(3名の場合の目安)

*開始時間は体験者の都合によって合わせられますが、基本的には、午前中に屠サツ・毛抜き、昼食中に冷やし、午後から夕方まで解体作業になります。
*通常は11時台には作業を開始した方が良いですが、午後からしか無理な場合で遅くなってもよければ、それでもお受けできます。
*時間は基本的には人数が増えるほど遅くなりますので、その場合は、早めの開始、遅めの終了を事前にご了承いただき、焦せらず急かさず体験できるようご協力ください。
*作業は人によって早い遅いがありますが、遅い人に合わせて進行しますので、ご了承ください。


【金額の内訳】
・農場利用料 1,500円・・・農場利用料は、鶏の解体をしない場合でも普段農体験に来られる方からいただいている金額です。

・食事代(昼食)カンパ 500円・・・これも通常通り。飲食店ではないので、農産物の実費としていただいています。

・鶏代(1羽) 1,000円・・・通常、農場で出荷している値段と同じです。ブロイラーではなく、1年半たまごを産んでくれた鶏になりますので、お肉は硬いです。解体した鶏肉はお持ち帰りいただきますが、その場で試食したい場合は、上述と同じく、飲食店ではありませんので、各自の責任において調理・試食なさってください。鶏肉以外の農産物を利用したい場合は、昼食とは別にカンパ500円をいただきます。一人で2羽捌きたい場合は2,000円です。

・指導料 1,000円・・・当農場では通常、年に2回に分けて100羽ずつ鶏を屠サツし、お肉にしています。限られた時間の中でたくさんの鶏を解体しなければなりませんので、スタッフ総出で朝から晩までやり続けます。当然その作業に一般の方に加わっていただく訳にはいきません。
ただ、それとは別に、鶏の屠サツ・解体を希望される一般の方もいらっしゃるので、通常の作業とは別にお受けしています。指導料というのは実質的には便宜的なもので、準備や片付けなど、100羽捌くのも3羽捌くのも同じだけかかりますので、その分ということになります。3名未満をお受けしていないのも同じ理由になります。見学のみの方からもいただきますのでご了承ください。


【農場主催の解体勉強会はありません】
当農場ではお問い合わせいただいた方のみ、解体体験を引き受けており、基本的に当農場主催での解体勉強会は開催していません。

会を主催する場合、「この体験を広く知ってもらいたい」「このメッセージを伝えたい」という動機があると思いますが、解体に関しては非常にナイーブであるため、こちらから積極的に広く知ってもらいたいかどうかのスタンスが定まりません。また、メッセージに関しても、私自身は自分の納得のいく答えを得ていますが、それは参加者自身が自分の体験の中から模索していくもので、私が導くものではありませんし、自分の考えを持っている人間が、まだそこに至っていない人をフォローする場合、意見誘導の危険性があります。かといって会を主催すれば何もしゃべらない訳にはいきません。
また、別の理由ですが、仕事として会を催す場合、「人を集めて収入を確保しなければならない」という動機が働き、それが鶏の屠サツに対しては不順だと感じていることも主催を妨げている要因です。

そうした理由で主催はしていませんが、自ら問い合わせてきてくださる方に関しては機会を提供しています。もちろんスタッフは、質問いただければ何でも答えますし、共に意見交換したり、しなかったり、その人それぞれに合わせて、楽しくまじめに解体体験できればよいと思っています。
[PR]
# by kurashilabo | 2007-12-14 18:27 | 農場体験のおさそい | Comments(0)