人気ブログランキング |

 「猫が多すぎないか?猫屋敷のようでだらしない感じがする。自己管理能力がないようで。」とスタッフの一人が言う。いや全く。反論のしようもない。

 うろついている猫を頭で順に考えてみた。まずはボクの飼い猫の「ババ」去勢メス。ボクの部屋のヌシであり、飼主に似てか人見しりで農場の他の人は触ることさえできない。もう一匹部屋に居ついているヤツがいて「ナオキチ」去勢オス。彼は本来姜女史の飼い猫なのだが、部屋に入れてもらえないのでボクの部屋に来る。冷たい飼主なのだ。朝、ババが餌をよこせと頭に手を伸ばしてくる。足元ではナオキチがふとんの一部を占領している。心地よい起床。
 続いて「ネム」去勢メス(茶トラ)はイバ氏の猫である。しばらく前までは彼女がストーブの下という特等席を占有していたのだが、今は昨秋より居着いている行き倒れ猫「エイミー」にその場所を奪われ、もっぱらピアノの上で寝ている。(エイミーは眼が不自由なのでピアノの上には登れない。)エイミーは鼻づまり(肺?)が治らず徐々に弱ってきてもいる。
 そのお疲れ母さんにへばりついて乳を吸っているのが「タマコ」4ヶ月齢だ。もう体は母さんに見劣りしない位なのだが未だに乳離れしない。しかしその二匹が重なり合って寝ているのを見ていると、これ以上ない幸福感がただよっている。至福である。農場の中心の居間の、その中心であるストーブ下にこのような至福がセットされているということは良き事である。(エイミーにはもう一匹オスの子がいましたが、めでたく近くの地元の娘さんにもらわれていきました。セブンイレブンに出した里親募集のチラシを見て電話を下さいました。)
ふみきコラム 猫のはなし_c0177665_15551065.jpg

 ここまでの5匹が飼いネコだ。その他豚舎方面に半ば居着いている猫がいて、「クツシタ」と呼ばれている。黒系なのに足だけが白いから。豚餌の残飯ねらいである。最近はクツシタ似の別の猫も出現しているらしいがボクはまだお目にかかっていない。豚舎に行く途中、豚ラードストック(豚のラードを米ヌカと混ぜてストックしている)あたりに小さくちぢこまっているのが「パンダ」である。体が小さく、いかにも発育不良といった感じである。この冬凍死するかと思っていたら生き延びている。びっくりしたのは彼女(?)がイバ小屋の下に飼われている豚「マロ」(ポットベリー種オス)と共生(?)を始めたらしいことだ。もともとは残飯ねらいでそのまわりに居たのだろうが、いつどうしてそれに気付いたのかわからないが、マロの上に乗って寝るようになったのである。むろん暖かいはず。マロも暖かいのだろうか、特別嫌な顔をする訳でもない。ワラに埋もれて寝ている黒豚の上に白い猫が寝ているというのは奇妙でほほえましいというべきか。農場以外では見られない光景である。

ふみきコラム 猫のはなし_c0177665_1622585.jpg

 最近悩まされてのが納屋方面をテリトリーにしている黒のオス猫だ。わがもの顔で建物内にも入り込み、この部屋にも来て餌を食い荒らしていく。ババは気づいてもすでに顔見知りなのか特に反応しないのだが、ナオキチはオスなのでお互いに唸り始め、時に一戦に及ぶ。そうなると夜中であろうと起きなければならず辛いものがある。このように飼っている訳ではないが農場を住み家にしている猫が4匹いて、都合9匹がうろついていることになる。確かに猫密度が高い。餌代もババ一匹の時は問題にならなかったが、ナオキチが来てババの3倍のエサを食い、エイミーとタマコがまた良く食べるので買ってきてもすぐ無くなってしまう。

 部屋にいても居間にいても外にいても近くに猫がいて、ネコカフェのようでボクとしては大変居心地がいいのだが(癒やされっぱなし)確かに外の人が見れば「だらしない」ということになるのだろう。しかし開き直るようだが、トシヨリになると何事につけだらしなくなるし(老化)、そもそも
ペットなどだらしないを形にしたようなものなのだ。だらしなくないペットなんてありえない。ペットはプライベートの極み。他人が見ればだらしなく、バカ丸出しで見ていられないものなのだ。それに殺す訳にもいかず、追いたてたところで疲れるばかりだし、捨てにいくのも嫌だし仕方ないじゃないか。これでもパンダにエサをやりたい気持ちを抑えてはいるのだ。自己管理能力あり。 S
by kurashilabo | 2014-03-30 15:52 | 鈴木ふみきのコラム

 「常陸国風土記」行方郡の条、夜刀の神の項の後半は次のようである。「…その後、孝徳天皇の時代になって、壬生の連麻呂(みぶのむらじまろ)が初めてその谷を占有して池の堤を築かせた(溜池のこと)。この時も夜刀の神が池の辺りの椎の樹に昇り集い、時が経っても去らなかった。そこで麻呂は大声をあげて言った。『この池を修築させるのは、要は民を活かすためだ。何の神(いずれのかみ)、誰の祇(いずれのくにつかみ)ぞ風化(ことむけ)に従わざる』そして役の民(えだちのたみ)に命令して言った『目に見える雑(くさぐさ)の物、魚虫の類、はばかりおそるることなく、ことごとに打ち殺せ』言い終わったその時、神つ蛇(かみつへみ)避け隠りき。その池は今では椎の井と言われている。古老(おきなひと)はこのように語った。池に面して椎の樹がある。清泉(しみず)が出るので井をとりて池に名付けた。香島(鹿島)に向う陸(くが)の駅道(はまゆぢ)である。」

 溜池(ためいけ)は4世紀頃に大陸から伝来した灌漑技術で、小さな谷の水を溜めておき、田植えから夏の頃の渇水時に放流して稲作の安定をもたらすものである。当時としては最新(先進?)の技術で、この話しの地元には今も多くの溜池が残っている。(夜刀の神の話しはその溜池の由来を古老が語るという形になっている)
 箭括氏麻多智がその地を開拓してから百年以上経って(大和朝廷の時代になり)そこを壬生連麻呂が占有することになった。連というのだからかなり有力な豪族である。彼が役の民、すなわち労役としてかり出された人々(防守などと共に律令制下の公民に課せられた労役義務)に命じて溜池の堤を修築しようとした時のことである。またもや夜刀の神が群れ集い妨害した。そこで彼は役の人々に命じて「目にみえるくさぐさの物、魚虫の類、はばかりおそれることなく、ことごとに打ち殺せ」と言うのである。もはやかっての麻多智のように神として祭ろうとも祟るな恨むなとも、そんなヤワなことは言わない。開拓の、つまりは農という営みがその根にもつ荒々しさをこれほど端的に表現したことばを他に知らない。荒々しさとは別のことばで言えば合理性であり開明性ということだ。農業は呪術的世界を破壊することなしにはたちあがることができない。この一節はその離陸の光景をよく表していると思う。

 いまひとつ「…何の神(いずれのかみ)、誰の祇(いずれのくにつかみ)ぞ風化(ことむけ)に従わざる」という一節にも驚く。どこの神、その地のどんな神が風化に従わないのだ。許さない、と言うのである。風化(ことむけ)とは皇化であり天皇の政治に従わせると言うことである。ここでは田の開拓や稲作が明確に皇化という政治だということ名言されている。これも驚きである。「風土記」が天皇に献上する書物だという性格を差し引いてもそこには田や稲作のもつ基本属性がよく現れている。田や稲作は日本史の中で一貫してある種の聖性をもち、日本正史の基盤だった。たとえば(現在は事情がだいぶ異なるが)長い間、日本の歴史は弥生時代からであり、それ以前(縄文時代)は先史時代として扱われていた。その理由はいろいろあるにせよ、弥生時代に稲作が始まったということが大きかった(今では疑問も呈されている)。歴史教科書で登呂遺跡などが大きく扱われたのもそこに大規模な水田遺構が見つかったからだ。江戸時代に国々の富を示すのに石高が用いられたのもそうだろう)。何万石の大名というのはその国(藩)の様々な富を米の石高に換算して表したものである。この稲作の聖性に最終的に引導を渡したのは1970年以降の減反政策である。減反とは端的に「米作りは価値ではなくなった」というメッセージだったからである。精魂込めて米を作ることが百姓のプライドであり、社会の認める価値であった。今では覚えている人もいないだろうがそれまでは「米作り日本一」などが毎年新聞記事になったりしていたものだ。

 今ではさすがに稲作を風化(皇化)という意識で見る人はいない。しかし私たちが稲作から自由になったかというとそうともいえない。TPPであれ何であれ稲作が問題となると人々はたいてい大騒ぎして保守に傾く。「田を荒らす」というのは今でも百姓失格ということである。そして天皇は今も尚、春には「お田植」をし、秋には新穀を天神地神と共食して祈っているのである(新嘗祭。今ではその日を勤労感謝の日としている)。それが天皇の聖性と一体のものであることはいうまでもない。

ふみきコラム 谷津田に思いを馳せる③_c0177665_1652401.jpg
ふみきコラム 谷津田に思いを馳せる③_c0177665_16523262.jpg
by kurashilabo | 2014-03-22 16:44 | 鈴木ふみきのコラム

ふみきコラム 谷津田に思いを馳せる②_c0177665_1531077.jpg

 その田がいつどんな風に開拓されたのか、ほとんどの田はわからないしそんなことは誰も気にもとめない。しかし当然ながら田にも歴史がある。江戸時代初期の「大開発時代」に拓かれた田の多くは「○○新田」という地名を残しているし、記録も残っているのでわかり易い。戦国大名の時代のものも調べればある程度推測はつくかもしれない。しかしそれ以前からの田についてはほとんどわからない。まして小さな谷津田の歴史などわかりようもない。

 そうしたなかで「常陸国風土記」の「夜刀の神」の条は谷津田開拓の情景を今に伝えるほとんど唯一の文献である。この農場を建設する時、今まさにボクがこうして書いているその下の土中からいくつかの土器が出土した。映画「不安な質問」に美しく使われたあの土器である。その土器(ツボ)が6~7世紀頃のものであるから、丁度その頃の話しである。(ちなみにこの時期の土器がまとまって出土するのは住居跡といより墳墓であることが多いから、この農場の建物群は墓域に建てたことになるかも。)

 「(継体天皇の時代、つまり6世紀の初めの頃のことである)人有り、箭括氏麻多知(ヤハズノウジマタチ)といふ。郡(コホリ)より西の谷の葦原を献(タテマツ)らんとして、墾闢(ハリ)て新たに田を治(ハ)りき。(以下意訳)この時夜刀の神が大勢の仲間を引き連れてきて、ことごとく妨害して田を作らせなかった。(俗にいう、「蛇を夜刀の神というと。その形蛇の身にして頭につのあり、相群れて住んでいて、時にそれを見る人あれば、家を破滅させ、子孫を残せなくする。この郡の近くには原野が大変多いので、そこに住んでいる」)ここに麻多智、大いに怒り、甲鎧(よろい)を着け、自ら戈(ホコ)をとって打ち殺し、駆逐してしまった。そして山への登り口に境界の標として杭を立て堺の堀を置き、夜刀の神に告げて言うに「ここより上(つまりは山の上)は神の地であることを認めよう。しかしここより下は人の田としたのである。今よりのちは自分が神の祝(ほおり)となって、とこしえに敬い祭ろう。だから願わくば祟らないでくれ、恨まないでくれ。」と言って、社(やしろ)を設けて、初めてそれを祭った。このようにして十町歩あまりを開墾し、麻多智の子孫はそれをうけて必ず祭をし、今に至るまで続いている。」

 ここまでが前半だが、ここだけでもいろいろ想像が膨らむ。箭括氏麻多智とはヤハズというから矢の製作に関わる氏(うじ)集団を束ねる頭領なのであろう。この話しは常陸の国の行方郡(なめかたぐん)の郡家(郡の中心)の近くのことであるが、現在の地図でいえば石岡市から霞ヶ浦の東岸を車で20分ほど潮来方面に下ったあたり、自衛隊の百里基地(茨城空港を併設)の近くである。その辺りは今でこそ明るく開けているがひと昔前までは常磐道(水戸街道)という幹線道路から外れていたために近世近代を通して最も開発の遅れた地域であった。しかし常陸国風土記」の時代はそうではなかった。当時は石岡に常陸の国府があったがそこに至るには霞ヶ浦を上行し、今の高浜駅あたりから石岡方面まで舟で行くというのが幹線であった(おそらく)。当時、関東平野は多摩川、荒川、利根川など大河川が乱流を繰り返し横断は難しかったのである。その当時を偲ぶものとして当の行方郡の霞ケ浦を望む地と、現高浜駅近くに大きな前方後円墳があり、舟からよく見えるように作られている(関西方面の事例と同じように)。そして石岡は西の政権の東方経営の拠点であり、鹿島神宮にも通じていた。かように行方郡は当時の幹線沿いに位置していたのである。

 さて、夜刀の神を蛇のことだと言ってしまえば、この話しはつまらないものとなる。むしろ筑波の山に住んでいたという「土ぐも」などと同じく先住民と解するのが妥当ではなかろうか。西の政権が東進してきた時、むろんそこは無人の地ではなかった。その先住者がどんな者たちなのかはわからない。考古学的にはそれ以前に弥生文化をもった人々の存在があるからその人たちなのであろうか。それとも谷津あるいはヤトがアイヌ語のヤチュからきているということを信じるならアイヌ系に連なる人々かという想像もできる。そんな勝手な想像はおくとしても、ヤトや山には夜刀の神が群れていたのであり、開墾は彼らを打ち払いながら進められたのである。しかし同時に打ち殺し追い払った彼らを敬い祭ることで鎮魂し、共存していたのだということも知ることができる。神社の起源はそんなところにもあったということも。S
by kurashilabo | 2014-03-08 15:00 | 鈴木ふみきのコラム