人気ブログランキング | 話題のタグを見る

改修への道⑪ ~屋根どうする~


改修への道⑪ ~屋根どうする~_c0177665_10462322.jpg
できる作業を進めると同時に、改修の方針を決めるために様々な検討を行わないといけない。
言うまでもなく、間にミーティングや問い合わせを何度も挟んでの作業。

■屋根材の検討■
屋根を部分的に補修する案が出ているが、業者さんの見積りでは足場代を抜いても200万前後だ。
それならもっと抜本的に、大きい屋根を上から一枚乗せる(A案)か、前述のSさん宅のように大きい屋根を傘をかけるように一枚かけてしまう(B案)のはどうか?より安価で容易なのではないか?ということについて検討していた。

************
🌟A案
「大きい屋根を上から一枚乗せる」のは広く一般的に行われている方法で、屋根カバー工法とか、二重屋根工法とか言われている。
古い屋根をふき替えなくて済むので工期が短く、ゴミやゴミの処分費も出じず、工費も安くなる傾向があるのが利点。
軒先を少し伸ばせたら、農場の建物の元々の「軒先がすごく短くて風雨がモロに壁に当たる」という問題点を解消できるのではないか、という期待もあった。

🌟B案
「傘をかけるように大きい屋根を一枚かける」のはブッ飛び案例として前述のSさん宅編で紹介した通り。既存の屋根との間に空間があるので風も抜けるし、間に防水シートなど張らなくていいので鉄板1枚のみとシンプル。日射をさえぎる効果は抜群と思われる。コストも安そう。農場を設計建築したながたまさんの一案でもある。

************
さて。
本やネットを読みまくり、Sさんやながたまさん、知り合いの大工さん、工務店さんにもおいでいただいて現場を見てもらいながら詳しく聞いてみた。
改修への道⑪ ~屋根どうする~_c0177665_16140995.jpg
(写真は別の日のもの)
するとどうだろう。
興味深いことに、聞いた方々みなさんそれぞれかなり別々のことをおっしゃったのだ。
共通していたのは「複雑な作りの建物だから難しいよね」ということぐらいか。
ある方が「できる」「大丈夫」と言うことが、別の方は「難しい」「あまり効果が期待できない」という意見だったりする。もしくは「むしろ自分だったらこうする」と全く別の案が出てきたりする。
もちろんそれぞれ実経験や詳しい知見に基づいていて、根拠もきちんと教えてくださる。どれもなるほどその通りと頷くばかり。
だから、つまり、「いろいろな考え方ややり方があり、メリットもデメリットもある」ということなのだ。
みなさんにお聞きするまで、そんな当たり前のことに全然気づかなかった。


建築に正解はないのだと思う。


設計したり建てたりする人が100人いれば方法が100通りあるくらいのイメージでいいのではないか。
その中から、今の農場の形、今の自分達に合った方法をよーく考えながら選んでいくしかないのだーー。
わーーー。
(だから設計や工事を誰と一緒に組むか、誰に頼むか、はとっても大事 ということにも気づいた。)



屋根の話に戻る。
建物の背が高く複雑に入り組んでいることから、B案だとかなりの高さと壮大な面積が必要ということで、現実的ではないことからB案は却下。

A案に関しては屋根材どうする、構造どうするなどでいろいろな方法があるが、大雑把で安価な方法はDIYならいいが、プロに頼むならきちんとした施工でないとなかなか請け負ってもらえなさそうということがわかってきた。(大雑把工法は耐久性や漏水の心配からお勧めできないとのこと)プロなのだからきちんと確実な仕事がしたいのは当然だ。
屋根はこまめにメンテナンスができないことや、20年持たせたいという前提からも、今回はDIYでやるよりプロに確実な施工をしてもらった方がよかろうと判断。しかしそれだと、A案をプロに確実な方法でやってもらうと、最初の「部分的修理案」と工費がさほど変わらないか、それ以上らしい。という訳でA案も却下。

そんなこんなで結局は
「今の屋根の傷んでいるところを部分的に補修する」という最初の案に、
戻った!!(笑)
(もちろんもし万が一ふんだんに資金が集まったら、全面的に取り換えたい。)
大変勉強になりました。

それにしてもみなさん忙しい中(しかもプロの方々)、農場へ足を運んでくださり、現場を見ながらたくさんのアイディアをくださり、我々素人の質問にも丁寧に回答をしてくださったこと、本当にありがたい。本当に、ありがとうございました。

(かおり)

by kurashilabo | 2024-04-19 11:00 | 母屋改修プロジェクト(2023.11~)