人気ブログランキング |

ふみきコラム0827

 ボクは地球環境問題について定見がない。わからない。その分野の科学者が右だと言えば右、左だといえば左のように思えてしまう。地球は温暖化に向かっていると思っていたら生物学者の池田清彦などはそれを「温暖化真理教」と揶揄し「ここ15年以上地球の温度は上昇しておらず、(パンチンフォードらの研究では)1958年から2001年までの気温データを解析した結果、全地球的規模では気温の変動性は増大していない」のだそうで、異常気象の増加も、CO2排出原因説も、右肩上がりで温暖化していくという説も、ただの「お話し」で、まともな科学者にはこれはもはやまぎれもないことなのだという。そう言われては温暖化真理教徒としてはどうリアクションしていいかわからない。
 それはさておくとして、仮に温暖化が進行するにしてもそれで「人類が滅亡」してしまうとも思えない。話が横道にそれてしまうけれどもタイムスパンを少し長くとれば人類はかなりの温暖化と寒冷化を経験しているからだ。近いところでいえば約12万年前、最終間氷期は(すでに現生人類はアフリカに出現していた。日本列島に人がいたかどうかは不明)温暖化で海が今の筑波山麓にまで達していて、農場あたりは海の底だった。畑を2~3メートル掘ると砂の層、小石の層、粘土層などが地層を作っていて海の底だったことが実感できる。次の最終氷期(約2万年前のウルム氷期)には逆に日本列島の大半は亜寒帯となり、海面は今より100メートルくらい低く、現東京湾は陸だったし関東平野は今よりずっと広かった。この時代にはすでに日本列島に旧石器時代人が暮らしていたことが知られている。その後6500年ほど前の縄文時代はまた温暖になり、海面は上昇して恋瀬川流域まで達していたはずだ(縄文海進)。石岡周辺の、今は田になっているところはこの頃浅海だったところだ。農場の下あたりまでそうだったかもしれない。農業がどうなるか、文明がどうなるかは別として人間は身体能力としてはこの程度の寒暖を生き延びることができるということだろう。
 環境ホルモンの話も不安だったがこれは科学的に反証されて下火になった。オゾンホールが拡大し地表に紫外線が降り注ぐようになるという説も一時ほど騒がれなくなった。オゾン層が破壊されて地表に紫外線が大量に注ぐようになれば植物は生育できず、むろん動物も生存できない。これは本当に心配だった。騒がれなくなったのはなぜなのかわからない。現象が無くなったのか、ニュース性が無くなったのか、説が間違っていたのか誰も言わない。原発事故(あるいはテロ)やバイオハザードも心配だがそれとて人類滅亡とはたぶんならない。
 気を付けないといけないのは人類滅亡にはニーズがあるということである。映画の中では人類の滅亡は定番だ。ハリウッド映画は滅亡モノであふれている。核戦争を扱った「渚にて」などの古典的なものから、隕石の衝突、宇宙生物の飛来、地球の凍結、バイオハザードまで数知れない。カタストローフにはニーズがある。世界はあまりに複雑で自分の頭も手も届かない。日常はあまりに平凡で退屈だ。そこに「ちゃぶ台返し」の願望がうずき出す。何も考えないで済むし、スッキリするし。
 あるいはまた人類の終末を言い、「想像力=イマジネーション」の世界こそ希望だということになると、どこか宗教臭くなってくる。宗教は常に終末を設定し、人々を幻想の共和国に誘うものだから。これは日本でも末法の世の到来を言い、極楽浄土を説いたその昔から変わらない。
 I氏の言うようにモノの世界がどんどん肥大化していくのに心あるいは精神がそれに追いつかないという現代の基本問題はあるが、それが人類の滅亡とどうつながっていくのか、そこの理路をもう少し具体的に知りたいところである。頭脳(心)と身体の問題はまた次回に。  S
by kurashilabo | 2016-08-27 09:56 | 鈴木ふみきのコラム | Comments(0)