11/19(土)着の野菜セットの中身

c0177665_14441797.jpg

(写真はレギュラーサイズです。)

霜が降りだすと急激に畑の景色が変わります。夏の野菜は皆枯れて色褪せ、逆に冬の葉物が青々目立ってきます。これからは葉物が野菜セットの主力選手です。
■農場産の金ゴマを販売します。1パック50グラムで500円となります。連絡ください。

【里芋】  ファミリー 600ℊ / レギュラー 400ℊ
前回までの「とうのいも」とは異なる「土垂(ドダレ)」という品種です。関東で最も一般的な里芋です。

【ジャガイモ】  ファミリー 500g / レギュラー 300g
近隣の提携農家高橋さんからのジャガイモです。なにやら品種が2種類混ざってしまっているとのこと。すみません。

【ショウガ】  ファミリー 約100ℊ / レギュラー 約50ℊ
毎回出荷できるのは今の時期だけ。多すぎるという方は刻んで(あるいはすりおろして)小分けにして冷凍保存がお勧めです。

【大根】  ファミリー 大1本 / レギュラー 1本
9・10月の虫害で出来はいまいち、小ぶりなものが多くなっています。

【人参】  ファミリー 2本 / レギュラー 1本
9・10月の虫に悩まされましたが、やっと大きくなってきました。

【キャベツ】  ファミリー 1玉 / レギュラー 半玉 
品種「四季穫」。丁寧に検品しているつもりですが、もし虫が入っていたら申し訳ありません。

【チンゲン菜】  ファミリー 約250ℊ / レギュラー 約150ℊ
初モノ、チンゲン菜です。中華系の炒め物やお浸しなどに。少々虫食いが目立ちますがご了承ください。

【小松菜】  ファミリー 約250ℊ / レギュラー 約150ℊ
品種「はっけい小松菜」。

【水菜】  ファミリー 200ℊ / レギュラー 120ℊ
お浸し、汁もの、鍋などに。

【春菊】  ファミリー 60ℊ / レギュラー 35ℊ
キク科の春菊だけは虫害と無縁、しかし寒さには強くありません。徐々に勢いが落ちてきました。

【ブロッコリー】  ファミリー 1個 / レギュラー 一部の人のみ
虫害が酷く数が採れないので全員には配分できませんでした。

●鷹の爪トウガラシの在庫があります。欲しい方はご連絡ください。オマケします。
●好みや生活スタイルに応じて量や種類など野菜セットの内容を多少アレンジできます。何かご希望があればご相談ください。
●当農場の野菜はすべて無農薬・無化学肥料で栽培しています。時々虫食いなどがあるかもしれませんがご了承ください。
●根菜などの貯蔵品を除いて、野菜は原則出荷日の早朝に収穫しています。天気次第では泥汚れ・濡れなどがありますがご了承ください。







.
[PR]
# by kurashilabo | 2016-11-18 15:32 |  L今週の野菜セットの中身 | Comments(0)

11/12(土)着の野菜セット(写真はレギュラーサイズ)

c0177665_15262262.jpg

先日ついに霜が降りました。いよいよ冬の到来です。今週の初モノは白菜です。

■今週は出荷日の雨が予想されたので前日10日午後に野菜を収穫しました。ご了承ください。
■農場産の金ゴマを販売します。1パック50グラムで500円となります。連絡ください。

【さつまいも】  ファミリー 2本 / レギュラー 1本
さつまいも「ベニアズマ」です。

【里芋】  ファミリー 大1個 / レギュラー 中1個
今回の里芋は唐芋(トウノイモ)という品種の親芋です。里芋の主茎の根本に出来る大きな丸いイモが親芋、そしてその周りに出来る小ぶりのイモが小芋、さらにその小芋の周りに出来るイモが孫芋です。一般市場に出回っている里芋は小芋・孫芋が多いのですが、ひとつでもボリュームのある親芋は皮を剥く手間が少なくて案外重宝します。箸がスッと通るくらいよく煮てお召し上がりください。

【じゃがいも】  ファミリー 500g / レギュラー 300g
品種マチルダ。男爵やキタアカリと比べると小ぶりですが、煮崩れしにくく保存性にも優れています。

【ショウガ】  ファミリー 約100ℊ / レギュラー 約50ℊ
カビやすいので、袋からだして風通しの良いところで保管してください。毎回出荷できるのは今の時期だけ。多すぎるという方は刻んで(あるいはすりおろして)小分けにして冷凍保存がお勧めです。

【白菜】  ファミリー・レギュラー 半割
初モノ、白菜です。少々虫食いが目立ちますがご了承ください。

【小松菜】  ファミリー 約200ℊ / レギュラー 約150ℊ
品種「はっけい小松菜」。

【葉大根】  ファミリー 130ℊ / レギュラー 90ℊ
葉を食用にするための小さな大根、葉大根です。先週までの間引きモノとは異なり、小さいうちに葉物として収穫するための葉大根専用品種です。お浸し、菜飯、汁の具などに。

【春菊】  ファミリー 60ℊ / レギュラー 35ℊ
キク科の春菊だけは虫害と無縁、しかし寒さには強くありません。徐々に勢いが落ちてきました。

【一本ネギ】  ファミリー 約550ℊ / レギュラー 約370ℊ
近隣の提携農家高橋さんからの出荷です。

【ブロッコリー】  ファミリー 1個 / レギュラー 一部の人のみ
虫害が酷く数が採れないので全員には配分できませんでした。

【大根】  ファミリーのみ 1本
葉大根ではない大根としては初モノ。今年は虫害により大根の出荷がかなり減りそうです。今回はファミリーサイズのみ。

【キャベツ】  ファミリーのみ 小1玉
品種「初秋」。日照不足の影響か締まりが悪く軽めの出来です。虫食いが多く大分外葉を落としました。丁寧に検品しているつもりですが、もし虫が入っていたら申し訳ありません。


●鷹の爪トウガラシの在庫があります。欲しい方はご連絡ください。オマケします。
●好みや生活スタイルに応じて量や種類など野菜セットの内容を多少アレンジできます。何かご希望があればご相談ください。
●当農場の野菜はすべて無農薬・無化学肥料で栽培しています。時々虫食いなどがあるかもしれませんがご了承ください。
●根菜などの貯蔵品を除いて、野菜は原則出荷日の早朝に収穫しています。天気次第では泥汚れ・濡れなどがありますがご了承ください。







.
[PR]
# by kurashilabo | 2016-11-11 15:27 |  L今週の野菜セットの中身 | Comments(0)

やつだ開拓団10月 稲刈りレポート

とうとう開拓地で念願のお米の収穫を行いました!!!

最大の懸念であったイノシシの被害も、ネットと電柵の二重対策でどうにか抑えられ(一部、侵入を許してしまった箇所もありましたが、大きな被害にはなりませんでした)、無事に収穫となりました。

c0177665_1793645.jpg

c0177665_1795782.jpg
c0177665_1710763.jpg
c0177665_17101427.jpg


今年は、昨年田植えできなかった場所に初めて植えるということで、一枚の田植えが終われば、次の田んぼを耕して、代掻きしてと、ともかく全面に植えることを目標に、どうにかこうにか植え終えた、という感じで、どうなるかと思いましたが、目指していた美しいやつだの風景を作ることができて、とても嬉しく思います。

c0177665_17153410.jpg
しきさんが持込んでくれた猪肉を焼いて食べました。
c0177665_17381969.jpg
激ウマでした!
c0177665_1738364.jpg
刈り終えてはざかけし終えた開拓地。
c0177665_17384328.jpg
みんなで記念撮影しました。1週間ほど太陽で乾かして脱穀します。

団員には収穫後の収量を計った後、量を調整して発送する予定です。
楽しみに待っていてください。

一般の方は農場に来れば開拓米を食べることができますので、ぜひ農場へ。


次回からは、沢沿いの竹をガチンコで刈り払います。そこに東屋を作りますよ!


【みんなの写真コーナー】

c0177665_17431250.jpg
c0177665_17431869.jpg
c0177665_17432426.jpg
c0177665_17432893.jpg
c0177665_17433429.jpg
c0177665_17433992.jpg
c0177665_17434362.jpg
c0177665_17434748.jpg
c0177665_17435171.jpg
c0177665_17435632.jpg
c0177665_1744162.jpg
c0177665_1744523.jpg
c0177665_17441016.jpg
c0177665_17441358.jpg
c0177665_17441896.jpg
c0177665_17442245.jpg







.
[PR]
# by kurashilabo | 2016-11-09 17:45 | やつだ開拓団 | Comments(0)

10/22(土)着の野菜セット

c0177665_150716.jpg

*写真はレギュラーサイズです。

■今年も金ゴマが採れました。栽培は簡単でも、収穫後の処理が大変。脱粒後にフルイ→風選→水洗、そして最後は目視でゴミを取り除いてやっと食べられるようになります。一部夾雑物などが混ざっていますが食味には影響ありません。ご了承ください。
c0177665_1501744.jpg
■端境期のためセットのボリュームが控えめになっていますがご了承ください。


【金ゴマ】  ファミリー 50g / レギュラー 30g
収穫したての金ゴマです。そのままではまったく香りがないので、必ず炒ってからお使いください。栽培は簡単ですが、収穫後の処理が大変。一部夾雑物などがありますが食味には影響ありません。

【さつまいも】  ファミリー 2本 / レギュラー 1本
初モノ。さつまいも「ベニアズマ」です。

【里芋】  ファミリー 大1個 / レギュラー 中1個
今回の里芋は唐芋(トウノイモ)という品種の親芋です。里芋の主茎の根本に出来る大きな丸いイモが親芋、そしてその周りに出来る小ぶりのイモが小芋、さらにその小芋の周りに出来るイモが孫芋です。一般市場に出回っている里芋は小芋・孫芋が多いのですが、ひとつでもボリュームのある親芋は皮を剥く手間が少なくて案外重宝します。箸がスッと通るくらいよく煮てお召し上がりください。

【じゃがいも】  ファミリー 500g / レギュラー 300g
品種マチルダ。男爵やキタアカリと比べると小ぶりですが、煮崩れしにくく保存性にも優れています。

【ショウガ】  ファミリー 約200ℊ / レギュラー 約100ℊ
香味野菜として料理にお使いください。カビやすいので、袋からだして風通しの良いところで保管してください。

【キャベツ】  ファミリー 1玉 / レギュラー 半玉
品種「初秋」。日照不足の影響か締まりが悪く軽めの出来です。

【ナス】  ファミリー 450ℊ / レギュラー 300ℊ
ナスの最も一般的な品種「千両2号」です。夏が終わり木の勢いが落ちて実も小ぶりになってきました。

【一本ネギ】  ファミリー 7本 / レギュラー 4本
近隣の提携農家高橋さんからの出荷です。本当に美味しくなるのは寒くなってからですが、やはりあると便利です。薬味としてどうぞ。

【春菊】  ファミリー 150ℊ / レギュラー 100ℊ
今年は虫害が酷くアブラナ科の葉物が未だ採れずにいますが、唯一キク科の春菊は虫害もなくよく採れています。

【鷹の爪】  ファミリー 10本 / レギュラー 5本
鷹の爪トウガラシです。保存する場合は風通しの良い場所でよく乾燥させてから密閉容器に。9月に卒業した研修生かおりちゃん作です。

【ゆず】  おまけ
おまけ。スタッフ茨木家の庭の柚子です。


【カリフラワー あるいは ブロッコリー】  ファミリーのみ どちらか1個
虫害が酷く数が採れないので今回はファミリーサイズの方のみです。

【カボチャ】  ファミリーのみ 半個
ホクホク系西洋カボチャ「芳香青皮栗カボチャ」です。






.
[PR]
# by kurashilabo | 2016-10-21 15:01 |  L今週の野菜セットの中身 | Comments(0)

ふみきコラム1008

 先日の土・日に高松グループの人たちと「高松米」の稲刈りをし、火、水と農場の3-4人でその続きを刈った。両日とも雨の直後で、田はぬかるみ、かつ日差しは真夏のように暑くて最悪のコンディションだったがぬかるんで機械(バインダー)が入らないところを除いて一応終わった。
c0177665_1153117.jpg

 先週の週報で、「農場の他のスタッフはスズメを見ています」と編集の注がついていたので、この数日の稲刈り中、気を付けていたがスズメははやはり一羽も見なかった。他の田はほとんど稲刈が終わっているから寄ってきてもよさそうなものだが。いるにせよいないにせよ少なくなっているのは確かである。なぜ少なくなったのかは知らない。スズメが屋根下のちょっとした隙間に巣を作り子育てしているのを子どもの頃よく見たものだ。ハシゴを掛けて登りまだ羽根のそろわないヒナを手に取って遊んだこともある。(子どもはロクなことをしない)そのことから考えると、今の住宅は建物が合理化されて余分な隙間などないので巣を作ることができなくなっているのかもしれない。

 スズメは在来の鳥といえばそうとも言えるが、古くをたどれば稲作とともにこの列島にやってきたと推測されている。田畑の雑草の多くが農耕と共に日本にやってきた「里の草」と同じ意味で、スズメは「里の鳥」なのである。(山の中にスズメはいない)そのように考えると、田や水路に「どじょう」や「フナ」がほとんどいなくなったのと同じように里の環境が大きく変わったのであろう。

 先日来、「稲作漁労」という言葉に出合って少しウキウキしている。田でフナやコイを飼って利用する伝統を知らなかった訳ではない。長野の佐久地方のコイ(佐久の鯉太郎)は有名だし、最近では無農薬田での除草(抑草)にコイを利用する人もいる。しかしそれはあくまで付随的なもののように感じていた。しかし水田でのフナやどじょうの利用は稲作漁労として弥生時代以来のものであり、タンパク源として米と同様に重要な目的だったというのである。

 私たちは水田を「米を作る場所」として考える。しかし伝統的な水田システムはもっと幅と奥行きのあるおもしろい場所であったはずなのだ。郷愁のような話しばかりで恐縮だが子どもの頃、田の脇のほんのひとクワばかりの幅の水路にオタマジャクシや1センチほどのごく小さなフナが群れていて、網ですくうとたまに5センチばかりの真っ黒なナマズの子が混じっていたりした。

 考えてみると水田というのはすごいシステムだ。地方によって事情は異なるが、その多くは川から水を引いている。大河川の水を大きな用水に引き、それを中小の用水にまた引いて、先端は細い水路となって一枚一枚の田に水がくる。一枚一枚の田を一つの細胞とみれば用水は血管である。大小網の目のように張り巡らされた動脈、静脈によって一枚一枚の田は生きている。本来は1本の太い水流が、水田システムによって平野一面に広がり、浅くゆっくりと流れる。浅くゆっくりと、かつ温められた水流は生物相が豊かである。水田システムはひとつの水田生態系を形成している。フナもドジョウもモロコもナマズもトンボもそうした水田システムと共栄した者たちだ。

 生家の前に一軒の農家があり、その家では脇を流れる小用水の水を石積みで囲んだ一坪ばかりの池に引き込み、そこに何匹かの鯉を飼っていた。釜を洗ったりするときの米粒などをエサにしていたのだと思う。ボクはなぜかそこが好きで、かつうらやましかったのを覚えている。

 みな昔の話である。現在の圃場整備された田は川と切れているし、農家も田を「米を作る場所」としてしか考えない。単に米の生産場所に成り下がった田にボクは何の魅力も感じない。「稲作漁労」という言葉はそのような水田観の底の浅さを示しているともいえる。ウチの「山田」では是非「漁労」に取り組みたいものである。ザリガニもね。 S
[PR]
# by kurashilabo | 2016-10-08 11:46 | 鈴木ふみきのコラム | Comments(0)

10/8(土)着の野菜セット(写真はレギュラーサイズ)

c0177665_14493926.jpg

端境期で野菜が乏しいので、収穫を前倒しして里芋・ニンジン・ネギを入れました。本当に味がのってくるのは冬ですが、やはり初モノは嬉しいものです。

■珍しい「鶴首カボチャ」を入れました。その名のとおり鶴の首のような形の長細いカボチャ。古くから作られている日本カボチャで、特に愛知では伝統野菜として扱われているとか。農場としても初めて作る野菜で、その大きさと使用用途に最初は少々戸惑いましたが、これがなかなか甘くて美味しく、ポタージュやカレーなど絶品です。

■端境期のためセットのボリュームが控えめになっていますがご了承ください。10月後半にはキャベツなどなど野菜も豊富になる予定です。


【里芋】  ファミリー 600g / レギュラー 350g
今シーズン初、採りたての里芋です。品種は唐芋(とうのいも)。少々早採りなので、熟したものと比べると芋が若くみずみずしいのが特徴です。

【じゃがいも】  ファミリー 600g / レギュラー 400g
品種マチルダ。男爵やキタアカリと比べると小ぶりですが、煮崩れしにくく保存性にも優れています。

【カボチャ】  ファミリー 半割 / レギュラー 1/3割
鶴首カボチャ。ひとつひとつがとても大きいのでカットして入れました。お早めにお使いください。なめらかで濃厚な甘みがありポタージュなどにお勧めです。

【ニンジン】  ファミリー 250g / レギュラー 160g
初モノです。まだ小さいですが、夏野菜が減ったので代わりに入れました。

【ショウガ】  ファミリー 約200ℊ / レギュラー 約100ℊ
夏の若いうちに採った柔らかいものを新ショウガ、しっかり熟してから採った辛味の強いものを根ショウガあるいは古根(ひね)ショウガと呼びます。今回のものは新ショウガと呼ぶには少々固く辛いですが、根ショウガと呼ぶにはまだ若い中間的なショウガです。香味野菜として料理にお使いください。

【ナス】  ファミリー 500ℊ / レギュラー 350ℊ
ナスの最も一般的な品種「千両2号」です。夏も終わりに近づき木の勢いも落ちて実も小ぶりになってきました。

【ネギ】  ファミリー 4本 / レギュラー 2本
初モノです。品種「石倉一本ネギ」。

【枝豆】  ファミリー 2株 / レギュラー 1株
初モノ。やさと地区の地大豆「青御前」の枝豆です。

【モロヘイヤ】  ファミリー 50ℊ / レギュラー 30ℊ
茎を除いてお浸しなどに。今回で最後です。

【オクラ】  ファミリー 5本 / レギュラー 3本
角オクラと白丸オクラのミックスです。注意して選別していますが時々固いものが混じります。ご了承ください。

【鷹の爪】  ファミリー 10本 / レギュラー 5本
鷹の爪トウガラシです。収穫したての生トウガラシなので、保存する場合は風通しの良い場所でよく乾燥させてから密閉容器に。9月に卒業した研修生かおりちゃん作です。

【キュウリ】  ファミリー 2本 / レギュラー 1本
真夏のキュウリとは別に時期を遅らせて栽培している秋キュウリです。台風シーズンなのでネット棚を使わず、地這いで栽培しています。地面に接地しているため形や色(地面に接した側が白くなります)がイビツですがご了承ください。

【ゴーヤ】  ファミリーのみ 1本
苦味が特徴の沖縄野菜。中のワタをくり抜いて炒め物などに。意外と佃煮にしても美味しいです。





.
[PR]
# by kurashilabo | 2016-10-07 14:51 |  L今週の野菜セットの中身 | Comments(0)

ふみきコラム1001

 犬の散歩で稲刈りが大方終わったこのあたりの田をながめていて、ふとスズメを最近全く見ていないことに気が付いた。稲刈りの季節ともまればスズメの大群が乱舞していたものだが全くいない。少なくなってきているのは知っていたが全くいないというのはどうしたことか。10年くらい前までは鶏舎の中からスズメが飛び出すのもよく見たがそれもなくなった。6月の刈り取り前の小麦が鳥に喰われていることがしばしばあって、それがスズメならばまだどこかにいるのだろうけれど。本当に、今年になって一羽も見ていない(気がする)。

 身の回りから小さな動物たちが消えていくのはさびしい。イナゴもごく少なくなったし、田の水路に魚もカエルもいない。カエルでいえばアマガエルはたくさんいるがトノサマガエルは少ない。少ないけれどもトノサマガエルは畑や池のまわりでまだたまに見かける。ずっと気になっているのはツチガエルの行方である。もう何十年もツチガエルを見ていない。子どもの頃、生家の裏に小さな用水があって小魚やカエルがたくさんいたが一番多かったのがツチガエルだった。トノサマガエルはしばしば子どもの遊び道具になっていたが、ツチガエルは見栄えが悪いし多少臭いので「クソガエル」と呼ばれて子どもたちも嫌っていた。(ツチガエルという正しい名称をボクが知ったのはずっとあとになってからである)このクソガエルがやたら多かった。ところがあれだけ繁栄を極めていたツチガエルがその後全くいなくなってしまったのである。自分の記憶では1970年代以降見たことがない。1960年代には湧いてくるかのようにいたツチガエルが突然いなくなってしまった。(これはボク個人の思い込みだから本当はいるのかもしれないがごく少なくなったのは確か)その理由をまだ誰からも教えられていないし読んだこともない。

 1960年代まではまだ科学信仰一辺倒の時代で、いくつもの強力な農薬が使われていたからその影響かとも思ったりする。今では考えられないようなことだがパラチオン(有機リン酸系の殺虫剤)などが散布された田には赤い小旗が立ち、学校でその田に入ったり水を触ったりしてはいけないと教えられた。小さな水路に群れるコブナやメダカを眺めながら子ども心にも何か不気味なものを感じたものだ。

 反対に今異常繁殖しているのがアメリカザリガニである。(これは農場だけの現象かもしれない。)農場入口の池は魚はほとんどいないがザリガニだけは沢山いる。夏の子どもキャンプの時のザリガニ釣りは人気である。そしてカラアゲになって食卓にも上る。もともと食用に持ち込まれたものだから美味しいのだけれども、尾の(?)肉のところが売られているエビに比べるとずっと小さい。アメリカザリガニがなぜこんなに増え、何を食っているのかもよくわからない。農場には入口の池の他に「アヒル池」と呼んでいる小さな池が加工室の下にある(一度そこにアヒルを泳がせようとしたが、アヒルは水が嫌いで入ってくれなかった)。ここには魚も何もいない筈なのに時々ザリガニが大量発生し、そしてしばらくすると絶滅する。共食いしているのかエサが無くなって死ぬのかはわからない。

 農場の池にアメリカザリガニが大発生するのは池に魚がいないからだろうと僕は推測している。ザリガニは繁殖の時、その幼生を腹に沢山つけているが、魚や水生昆虫などがいて健全な生態系ができていればその前後で多くはエサになって食われてしまうのだろう。その時喰われることなく大きくなってしまうと魚とエサの競合が起き、逆に魚の方がエサになって食われてしまう。そんなことではないか。

 そうだ、ザリガニを毛嫌いしないで、自給食材としてみればかなり有望ではないか。養殖して料理として出しているところがどこかにあったはず・・・。 S
c0177665_11454453.jpg
[PR]
# by kurashilabo | 2016-10-01 11:45 | 鈴木ふみきのコラム | Comments(0)

10/1(土)着の野菜セットの中身(レギュラーサイズ)

c0177665_1438191.jpg

珍しい「鶴首カボチャ」を入れました。その名のとおり鶴の首のような形の長細いカボチャ。古くから作られている日本カボチャで、特に愛知では伝統野菜として扱われているとか。農場としても初めて作る野菜で、その大きさと使用用途に最初は少々戸惑いましたが、これがなかなか甘くて美味しく、ポタージュやカレーなど絶品です。

■端境期のためセットのボリュームが控えめになっていますがご了承ください。10月後半にはキャベツや里芋などなど野菜も豊富になる予定です。

【カボチャ】  ファミリー 半割 / レギュラー 1/3割
鶴首カボチャ。ひとつひとつがとても大きいのでカットして入れました。お早めにお使いください。濃厚な甘みがありポタージュなどにお勧めです。

【ショウガ】  ファミリー 約250ℊ / レギュラー 約150ℊ
夏の若いうちに採った柔らかいものを新ショウガ、しっかり熟してから採った辛味の強いものを根ショウガあるいは古根(ひね)ショウガと呼びます。今回のものは新ショウガと呼ぶには少々固く辛いですが、根ショウガと呼ぶにはまだ若い中間的なショウガです。香味野菜として料理にお使いください。

【じゃがいも】  ファミリー 600g / レギュラー 400g
近隣の提携農家高橋さんからのジャガイモです。なにやら品種が2種類混ざってしまっているとのこと。すみません。

【ナス】  ファミリー 600ℊ / レギュラー 400ℊ
ナスの最も一般的な品種「千両2号」です。夏も終わりに近づき木の勢いも落ちて実も小ぶりになってきました。

【セロリ】  ファミリー・レギュラーともに少々
一般的な白いセロリは日よけをして軟化させたものですが、農場のセロリはしっかり太陽に当たった緑色のセロリです。少々固めですが香りの強さが特徴です。固めなので生食よりも、刻んで煮込むような使用法がお勧めです。

【モロヘイヤ】  ファミリー 60ℊ / レギュラー 40ℊ
茎を除いてお浸しなどに。

【オカワカメ】  ファミリー 90ℊ / レギュラー 60ℊ
肉厚でハート形の葉がオカワカメ。正式名称「アカザカズラ」。ツルムラサキの仲間で、その名の通りワカメのようなヌメリがあります。生食だとエグミがあるのでさっと湯がいてお浸しなどに。少々汚れ(オカワカメの花が散ったあとの花びら)がありますが洗ってお使いください。今回で最後です。

【オクラ】  ファミリー 4本 / レギュラー 一部の人のみ3本
角オクラと白丸オクラのミックスです。注意して選別していますが時々固いものが混じります。ご了承ください。

【ゴーヤ】  ファミリー 1本 / レギュラー 一部の人のみ1本
苦味が特徴の沖縄野菜。中のワタをくり抜いて炒め物などに。意外と佃煮にしても美味しいです。

【鷹の爪】  ファミリー 10本 / レギュラー 5本
鷹の爪トウガラシです。収穫したての生トウガラシなので、保存する場合は風通しの良い場所でよく乾燥させてから密閉容器に。9月に卒業した研修生かおりちゃん作です。






.
[PR]
# by kurashilabo | 2016-09-30 14:38 |  L今週の野菜セットの中身 | Comments(0)

ふみきコラム0903

 「気のおけない、互恵的な集団は、150人が限度である。この数は狩猟採集段階の共同体(クラン)から、新石器時代以後の村落、軍隊、地域教会、政治組織に至るまで共通している。それがヒトの社会の基礎単位であるようで、ダンバー数として知られている。」そうだったのか。先日新聞の書評欄を読んで(8/21 朝日 評者柄谷行人)始めて知りました。以前、「たまごの会」論でボクはたまごの会のサイズがムラ共同体のサイズと近似していることに触れ、それが「口語的コミュニケーションの成り立ちうるサイズ」ではないかと書いた。ムラ共同体は古来、50戸位を集落単位としていて、これは古代律令時代に50戸をもって一郷とした時代から続いている(但し古代の郷は人為的に編成された面が強い)。これはその位の人数、生活範囲までが人が個人を識別し、協働し、共感共苦し、口語的で具体性をもった会話ができるサイズだからなのだろうと考えた。その範囲では大脳は身体性と共にあり、時には共振さえする。これは日本のムラ共同体に限ったことではなく、人類史的共通性をもっていたということだ。

 しかし人は有史以来、より高位の社会的、政治的集団を形し、藩であれ国民国家であれ「歴史」は常にそのレベルで動き、また語られてきた。生身の個人の身体感覚はもはやそこには届かない。経済や政治がグローバル化し、内部は社会的分業で限りなく細分化され、科学技術は高度化、巨大化し、IT化があらゆる分野で進行する現代はその極端な形である。タイの広大な山々が焼かれてトウモロコシが植えられ、そのトウモロコシを日本が輸入し、豚のエサとなる。肉をスーパーで買って食べるという日常がそのような形で地球環境破壊に加担しているにもかかわらずその痛覚が無い。これはそのような時代の当然の帰結だ。しかし開き直って言ってしまえば、われわれの日常は何をとってもそのようにできているのだから一つ一つに痛みを覚えていたら身がもたない。生身の個人としてはただの(身体性をもたない)情報として処理し流していくしかない。それ以上はジャーナリズムや広い意味での政治の問題ということになろうか。

 現代社会の見落とされがちなもうひとつの特徴は最初に述べたような小さな共同体が社会の底辺からほぼ完全に失われたということである。ムラにあっても都市においても。私たちは砂粒のように頼りない裸の個として私小説的人生を生き、社会をただよっている。このようなあり方は現代以前には無かった。ムラ共同体をはじめとして共同体の解体は歴史の必然という言い方もされる。共同体は近代化と相性が悪い。近代化、合理化とは古い共同体を壊すことで成し遂げられる(と考えられてきた)からだ。残念だけれども歴史の力で解体していった共同体を取り戻すことはもうできない。歴史は不可逆的だから。

 しかしかっての地縁血縁的な共同体に替わる新しい「のようなもの」ならば可能性はあるかもしれない。幸いにして私たちは「たまごの会」という格好の教材をもっている。たまごの会は都市民による萌芽的な共同体の試みだったとみることができる。(この点に関しては本「場の力、人の力、農の力」の<農場についての断章><私の農場論>をご一読ください)。

 言ってしまえば私たちは「たまごの会のようなもの」をここかしこに作っていけばいいのである。自分の見聞した中では今のところたまごの会以上によくできたそれはなかった。
 むろん仮にそれができたとしても「精神と物質のバランス、モノの肥大化に心がついていけない」という問題の解決に寄与するという訳ではない。 しかし「気のおけない、互恵的な」小さな共同体、協働し共感共苦できる人のつながりは精神と身体の寄辺としてこの時代を「底抜けに陽気に」生きていくための必要条件であるには違いない。政治も無力で共同体もダメということになれば、人類滅亡というよりも私たちはニヒリズムの方に傾斜していくことになるのではあるまいか。 S
[PR]
# by kurashilabo | 2016-09-30 11:13 | 鈴木ふみきのコラム | Comments(0)

開拓地でいよいよ念願の稲刈りやります!

c0177665_11343894.jpg

「美しい谷津田の風景を復活させる」

というテーマのもと、半年間、米作りに取り組んできた開拓団。

実りの秋を前に、稲穂は少しずつ色づき始めました。

この開拓地が一面の黄金色に染まる頃、いよいよ稲刈りを行います。

開拓団員だけでなく、稲刈りに興味がある方、初めての方、ご家族の方もご参加いただけますので、美しい谷津田の風景と開拓地での初めての稲刈りを一緒に楽しみましょう。


*開拓地での稲刈りは、通常の田んぼでの稲刈りとは異なります。基盤整備されていない開拓地の田は深くもぐることがあるのでご注意ください。

*開催までに、大雨、病気、獣害などによって田んぼの状況が変わることも考えられます。その際は不開催になることもありますのでご了承ください。


<タイムライン>

●1日目(10/29)
12:00 昼食
13:00 稲刈り①
17:00 作業終了 農場に戻る(希望者はゆりの郷へ)
   夕食準備
19:00 夕食

●2日目(10/30)
8:00 朝食
9:00 稲刈り②
12:00 昼食(開拓地にて)
13:00 稲刈り③
15:00 終了 解散

*日曜日に日帰りで参加する場合は、9時までなら農場に、それ以降は現地に来てください。(石岡市小幡3795手前を左折)


◆持ち物
・汚れてもよい服装
・着替え


◆申し込み
こちらのフォームからお願いします。
*日帰り・遅刻・早退・友人と参加などがある場合は、コメント欄に記入願います。


◆参加費 
一般 7,000円(宿泊、4食)
   3,000円(日帰り、1食)
*開拓団員割引、会員割引は通常通りです。
*温泉に行く人は別途実費をご用意ください。
[PR]
# by kurashilabo | 2016-09-26 11:32 | お知らせ | Comments(0)