<   2017年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ふみきコラム20170826 人とケモノ

 害獣の駆除や、それとの関連でジビエの普及といったテーマは今や農業新聞だけでなく田舎系の雑誌でも定番の話題である。そこではどのような方法や体制でやるのがより有効か、ジビエとしての利用をどう進めたらいいかということは話題にされても駆除自体が必要なのかどうか、あるいはそれに伴う倫理の問題などはほとんど語られることがない。駆除しなければ大変なことになる、駆除は正しい、それは語るまでもない前提なのである。

 駆除とは要は殺すことである。筑波山系で一番問題となっているイノシシについていえば鉄砲で撃つよりもワナ猟が多い。箱ワナはいわばネズミ捕りを大きくしたようなものを想像すればよい。捕獲した段階ではむろん生きているから電気を利用した刺し棒のようなもので殺すようである。くくりワナはいわばトラバサミのイノシシ版でケモノ道に仕掛け、踏むとワイヤーの輪が足をとらえ、逃げようとあばれればより強くしまるという仕掛けである。これも刺し棒などで恐怖と苦痛で暴れるイノシシにとどめを刺す。イノシシも必死だから、足だけを残して逃げ去っていたというような話も伝え聞く。
 数時間のうちに処理施設に持ち込んで血抜きと内臓処理すれば食肉として利用することができる。しかしその多くは専用の焼却場に持ち込まれたり埋却されたりするようである。その際、駆除した証拠としてシッポ(耳?)を切り取り、後にその数に応じて報奨金を受け取るという仕組みである。
 猟師が犬を伴って山に入り、ケモノを撃ち、その肉をいただくという「殺し」は古来よりの生業として今もある。そこに現代なりの問題はあるにせよ彼らの語りを聞くと、その論理と倫理を理解することができる。駆除としての「殺し」はそれとは別物だと思うのである。駆除にあっては有効性や数のことばかりで生き物としてのイノシシに向き合うという姿勢はそもそも排除されている。はじめから「害獣」なのである。

 このことはハンターと言われる人々へのボクの微妙な違和感とも関連している。ハンターは猟師ではない。ハンターは趣味として(娯楽として)動物を撃つ(魚釣りと同じで実益も兼ねているのでしょうが)。彼らが害獣の駆除に駆り出される。思い入れが過ぎるかもしれないが、本物の猟師は害獣の駆除には加わらないのではなかろうか。それはともかく冬になるとオレンジ色の服を着て何匹もの犬を引き連れたハンターの一群と畑で出合うことがある。彼らは往々にして傍若無人で畑に平気で入り、近くに家があっても散弾銃を撃つことがある(法律では人家から300メートル以内の発砲は禁止されている)。里での彼らの主な獲物はキジだが、このあたりでしばしば見かけるキジの多くはハンターのために放鳥されたものだ。(アユ釣りのアユが放流されたものがほとんどだというのと同じ)。殺すために放鳥するのである。これも嫌いだ。

 イノシシは畑に入り農作物を食ってしまうから「害獣」と言われる。しかし小学生の話のようになるが、この畑はウチのもの、このイモは俺のものというのは人間界のルールだ。だから他の人が入り込み食ってしまえばそこに罪が発生し罰を受けることになる。イノシシはそのルールに従って生きている訳ではむろんない。だからそこに罪が発生することもない。何の罪もなくそこに自然そのものとして存在するケモノを殺すのは難しいものである。それを正当化する論理も倫理もないからだ。人は平常心で人やその同類であるケモノを殺せるようにはできていない。(タブーが働いている)。そこで「害獣」というレッテルを貼り、食いものを盗られたウラミとともに駆除、駆除(殺せ殺せ)と騒ぎたて、それを正義の如くにしてしまう。正義となれば人間、かなり残虐なことでも平気でやれる。現在の害獣駆除はかなりそれに近いものになっている気がする。 S

[PR]
by kurashilabo | 2017-08-26 15:42 | 鈴木ふみきのコラム | Comments(0)

ふみきコラム20170819 開拓地近況

 今日もまた雨となった(8月15日)。気温もつゆ時のように肌寒いほどだ。はじめは(夏のカンカン照りに比べれば)体が楽でいいなぁと思っていたもののこれだけ続くとイネが心配になる。昨年は9月にこんな天気が続いてイモチ病が大発生して散々だった。今年はまだ大丈夫だがこの先の天気次第ではどうなるかわからない。

 開拓地のイネは穂もほぼ出そろって、いよいよ登熟の時期に入った。熱い太陽が欲しいところだが穂は小雨の中で花を咲かせ受粉し稲穂となっていく。雨にけむる山間の棚田風景もなかなかいいもの。毎日水をみたり、イノシシの様子をみるために田を回り、また坂の中腹から全体を見まわして悦に入っている。一枚一枚の田によって出来は違うし、今年新しく拓いた田は(長年蓄積の)養分が多すぎて育ちすぎ、先日のちょっとした台風で一部倒伏したが、全体としてみればまずまずの出来だ。
 畔草を刈っていてふと気が付くと、どこから集まってきたのか沢山のアキアカネが舞っている。草刈で舞い上がった虫をねらっているのだろう。赤トンボとはいえまだ黄色に近い。今年は田を造り直し水抜きの水路を暗渠にしたり、パイプで排水できるようにしたのでムシたちが冬越しできる場所がない。そこで2、3カ所あえて水たまりを作ってある。他にも池を作っているから来年にはイモリやら何やらまた帰ってくるだろう。田植えが終わった頃、タガメ(のようなもの)も見た。泥が深く前に進めず確認できなかったのだが、2mほど先にモゾモゾ動いているカブトムシ大の水生昆虫がいた。大きさからすればタガメか大型のゲンゴロウだろう。どちらも今は希少種となっている。また会えたら嬉しい。いろいろなムシと出会えるのも田んぼの楽しさのひとつである。マムシも時々いて、こちらのムシはうれしくはないけど。オオスズメバチもうれしくない。

 イノシシもまた出始めた。春から夏にかけては田には来ないが(今のところ)コメが稔る頃になると田に入ってくる。先日はじめて田に入られた。まだコメは実が入っていないので食害はなく、歩かれただけだったが。即田んぼを網で囲みガードを固める。行動時間が違うので出会うことはまず無いが、至るところにケモノ道と堀り返した跡がある。田に下る道の両脇が一夜にしてユンボで削られたように崩されている。一体何を探しているのだろう。たいしたものがあるとは思えないのに。彼らもまた必死なのである。それだけは伝わってくる。
 先回の週報にもあったように、農場裏でもすでにイノシシ被害はでている。遠からず農場にも侵入してくるだろう。今やイノシシは最も身近なケモノだ。網や柵で囲ったり、仕事が増えるので困りものだが、身近にケモノの気配を感じながらの暮らしは嫌いではない。いやむしろボクはそういう生活を望んできたのかもしれない。部屋には引きこもり猫のババ様がいて、階下の台所にはシロが控えている。外に出ればヤギたちが餌はまだかと眼差しを送ってよこし、馬の竜がいなないてメシを催促する。そして豚や鶏がいて、夜な夜なアライグマ(?)やらタヌキの?が徘徊している。そこにイノシシが加わることになる。それぞれ人との距離や関係は違うが身近なケモノたちだ。そこにあれやこれやのムシやヘビやチュウ太郎などが加わったのがボクの農場のイメージであり、この農場が好きな理由もそのあたりにある気がする。農場はボクにとって自分の身心を野性へとつなげる装置なのである。

 イノシシは「害獣」だが雑草や害虫が農業上の概念であると同じように害獣などというケモノはいない。地面はもともと「天のもの」であるのだから彼らがそこに居て食い物をあさって悪い訳がない。そこを排他的に占有している人間こそが問題なのであり、農業はもともと罪深い営みなのだ。ぎりぎりのところで「駆除」が必要になるにしても、そうした自覚が無ければただただ殺戮となっていくだろう(すでになっている)。殺戮は自らを殺戮者として育てるということだ。そこをよくよく考えなければならない。開拓地は「専守防衛」だが今のところそれで何とかなっている。 S

[PR]
by kurashilabo | 2017-08-19 15:38 | 鈴木ふみきのコラム | Comments(0)