<   2017年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ふみきコラム~不便益追求型稲作の意義?

 開拓地の田んぼも次の土・日いよいよ田植えである。農場周辺の田はもうほとんど田植えは終わり、田植え時特有の喧噪も去り、早苗が風になびいている。そんな田を横目にみながら開拓地に向かうのだが、ついつい「開拓地の19枚の田を合わせてもこの一枚の田にもならないなぁ」などと自嘲してしまうこともしばしば。

「なんでこんなバカなことやってるんだろう、いいトシして」。

 むろんあえてする不便、非効率の稲作なのは分かっているし、とりわけ開拓地は「田を造成する」という日本史の根底にある経験の復習もしているから時間も手間もかかる。しかしそういう不便、非効率をなぜするかを人に説明しようとすると意外と難しい。「われわれのはアソビですから」と言ってもわかるのはわかっている人だけだ。近代農法の抱える諸問題の批判、そのアンチという説明はわかり易いがそれは表層的なことに留まる。

 17日の朝日新聞の「耕論」は「世の中、便利すぎ?」というタイトルで3人の識者の意見を載せていたが川上浩司氏(京都大学デザイン学ユニット特定教授…何コレ?)の見解が勉強になった。彼は不便がもたらす便益を「不便益」と名付けて研究しているそうで、「・・・考察から得た結論は『主体性が持てる』『工夫できる』『発見できる』『対象系を理解できる』『俺だけ感がある』『安心できる・信頼できる』『能力低下を防ぐ』『上達できる』不便益は、この八つのどれかに結びつく。手間がかかり頭を使うことから(たぶん身体も)、逆に多くのものを得られると言いたいのです」と述べている。

 もうこれで必要にして十分な気がする。ボクらはあえてする非効率な稲作で「作ることに主体性を取り戻し」「あれこれ工夫したり考えることで山、田、水、土、動植物という対象系をトータルに理解し」「頭と体を刺激して能力低下を防ぎ」「安心、安全の米と生活環境を作り」「俺という自尊を得る」ことができる。機械化一貫の、コックをひねれば水が出る広い圃場整備された田の稲作は、効率と引き替えにそれらすべてが希薄になっている。米作り工場だ。何の面白味も学びもない。(栃木の上野さんはそういう田をおもしろく使いこなしているところがすごい)

 効率一辺倒の普通の稲作と不便益追求型稲作は同じ稲作でも全然違う。その違いは見かけよりずっと深い文明史的なものだ。話を広げると自然農法とか有機農業は一般に不便益追求型農業で(効率一辺倒の有機農業もある)、いわゆる新規就農を希望する人の多くはこちら派だ。行政には新規就農者を新しい農業の担い手としてサポートすべきという意見が多いが、何か勘違いしている気がする。彼らは行政が期待するような農業の担い手にはならない。

 それはさておき、「耕論」にはもう一人の識者としてセブンイレブンジャパンの古谷一樹氏も登場し「私たちにはまだまだ提供すべきものがある。もっともっと便利に進化しなくてはなりません。」と言っていてこれも面白かった。そこで「あ、そうだったのか」と今更気づいたのはセブンが東京豊洲に1号店を開いたのが1974年だそうで、これは「たまごの会」がここに農場を開いたのと同じ年だ。その頃、今に続く新しい時代が始まっていたのであり、それぞれ別の立場とスタイルで時代と向き合ってきたのだろう。セブンはこれからの「超高齢化社会」に向けて「誰も買い物難民にならず、朝起きてから夜寝るまでに必要なものが近くの店で買える」という「今の社会の要請」に応えていくという。わが(不便益追求型)農場は今の時代のどんな要請に向き合っていこうとしているのか戦略的思考が欠如しているのではないか。

 セブンでは「いれたてコーヒー」の提供に5年かけたという。セブンではないがボクは毎日通り道にある「セイコーマート」で「いれたてコーヒー」一杯を飲み、それから「開拓地」という名の「不便益ワールド」に向かう。つらつら考えてみるに、これはかなり先端的なライフスタイルではなかろうか? それにコンビニコーヒーは(農場で自分がいれるコーヒーより)うまい。 S
c0177665_16512887.jpg

[PR]
by kurashilabo | 2017-05-24 16:46 | 鈴木ふみきのコラム | Comments(0)

2017年5月12日(金)出荷 野菜セットのなかみ

c0177665_17474400.jpg
写真はレギュラーサイズです。

■冬の間活躍してくれた里芋はおしまいですが、代わりに新玉ねぎ・春ニンジン・キヌサヤなど初夏の新顔野菜が採れ出しました。
■去年の秋に収穫した大豆の在庫がまだ少しあるので野菜セットに入れました。

【新たまねぎ】  ファミリー 300g / レギュラー 200g
採れたての初モノ新玉ねぎです。品種「ソニック」。

【大根】  ファミリー/レギュラー 1本
品種「濱のはる」。1月播種、ハウス栽培の春大根です。葉付きです。

【間引きニンジン】  ファミリー 500g / レギュラー 350g
前回までの冬ニンジンに代わって、2月播種の春ニンジンです。間引きなのでまだ小ぶりですが、味はもう立派なニンジン。お好みで葉も香味野菜としてお使いください。

【サニーレタスとサラダナ】  ファミリー 3株 / レギュラー 2株
紫色が鮮やかなサニーレタスと黄緑の丸葉のサラダナ。生のままサラダはもちろん、意外と炒めても美味しく頂けます。「サラダナ」という名からアブラナ科の一種のように思われがちですが、全く異なるキク科のレタスの仲間です。

【水菜】  ファミリー 2株 / レギュラー 1株
生サラダ・煮びたし・汁の具などに。

【春菊】  ファミリー 150g / レギュラー 100g
品種「中葉春菊」。ハウス栽培の春菊です。

【赤軸ホウレン草】  ファミリー 200g / レギュラー 140g
2月播きの春ホウレン草です。葉軸まで赤いのが特徴です。アクが少なく、色どりも綺麗なので、生サラダとしてもおススメです。

【キヌサヤ】  ファミリー 90g / レギュラー 60g
サヤエンドウの一種キヌサヤ。5月中旬が収穫のピークです。

【大豆】  ファミリー 250g / レギュラー 150g
農場で種を継いでいる地大豆「青御前アオゴゼン」です。煮豆にしてもどこか枝豆のような風味のある美味しい大豆です。機械的に選別していますが、一部クズ豆が混入している場合があります。取り除いてお使いください。なお表面が紫色になっているものは食用に問題ありません。





.

[PR]
by kurashilabo | 2017-05-12 17:47 |  L 今週の中身 | Comments(0)

手作りラーメン ワークショップ 開催します。

定員になりました。ありがとうございました。(5/12)
c0177665_18431376.jpg
みんな大好きラーメン!
けれど、ラーメンがどうやって出来ているかというと・・・??

「麺はスーパーで買って、スープは、、、鶏がらスープの素?
 あとは肉と野菜を炒めて入れればいいんじゃない?」

Non Non!
暮らしの実験室では、小麦を蒔くところからやります!鶏を飼うところからやります!

インスタントやファーストなラーメンもいいですが、農場では2日間かけて、じっくりと、一杯の鉢の中にたくさんの命が詰まったラーメンを作ります。

ラーメンを愛して止まない方
一からラーメンを作ってみたい方
この機会にぜひご参加ください!

*当企画は専門のシェフがレクチャーするものではなく、素人が試行錯誤しながら自分たちなりのラーメンを作ってみる、というものです。美味しいラーメンを目指しますが、プロセスに重点がありますのでご了解ください。

*当企画では鶏のトサツ・解体を行います。全員が参加必須ではありませんが、ご了承ください。また、よって、ラーメンは動物性になります。

*小麦の種蒔き・鶏のお世話作業は当日はありません。希望する方は、別途、鶏は常時、小麦の種蒔きは12月頭に行いますので、お声かけください。



【日程】2017年6月24日11時~25日14時(1泊2日)
※本企画では、一日目に多くの仕込み作業を行いますので、二日目のみの参加はご遠慮いただきます。ご了承ください。

【場所】暮らしの実験室やさと農場
    (茨城県石岡市柿岡1297-1)


【集合時間】
11時15分~ 受付
11時半~ 農場案内
※農場案内が必要ない方は12:30までにご来場ください。
※あらかじめ遅刻・早退が分かっている方はフォームにご記入ください。


【内容】
農場見学/鶏のトサツ体験/鶏ガラスープ仕込み/小麦の収穫と脱粒/製粉と製麺/野菜の収穫/ラーメン作り/実
※鶏のトサツ体験と小麦の収穫はどちらかの参加になります。
※小麦の収穫は6月上旬に事前に済ませます。当日は一部、刈り取らずに残した部分を体験として収穫します。
※二日目の昼食(ラーメン)後はプログラムはありません


【参加費】8,000円(宿泊利用料、食材代、企画費)
※2日前(22日木曜)からキャンセル料が発生します。
 22日1,000円 23日から当日2,000円
※通いでの参加の場合も参加費は同じです。
※会員は参加費から1,000円引きになります。


【定員】12名


【持ち物】:エプロン、手ぬぐい、(マイどんぶりで食べたい人は是非!)*なければ農場のものがあります。
宿泊の方はお泊りセット(シャンプー、リンスは備え付けのものを御利用ください)


【申し込み】
以下のフォームからお申込みください。2,3日中に受付完了のメールをお送りいたします。
https://goo.gl/H8bTUv

※フォームが使えなかった場合は、氏名、同行者(子どもの場合は年齢)、メールアドレス、交通手段、を記載の上、以下のメールアドレスにご連絡ください。
kurashilabo@gmail.com


【アクセス】
<公共交通機関の方>
 石岡駅を降りてからの経路はこちらのページをご確認ください。
 http://yasatofarm.exblog.jp/10844737/

※常磐線上野駅から普通8:49発か、特急9:30発に乗車
 石岡駅着後、バス10:35発に乗車。柿岡(11時前後)にて下車。

[PR]
by kurashilabo | 2017-05-10 18:58 | お知らせ(告知) | Comments(0)