<   2016年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

里山と田園回帰④

 このところ「田園回帰」ということばを耳にすることが多い。多くの場合、「消滅」がささやかれる地方の再生の話題と結び付けて。「都市の若い世代のあいだに地方移住を考える人が急速に増えていて、これまでの地方から都市へとは逆の人口流動が起きている。彼らの動きとその活用が地方再生のカギとなるだろう。更にはそこに都市と地方の共生や持続型社会への希望の芽がある…」といった具合に。しかし早くに田園回帰した身でありながらボクはこうした論調に何かしら安直さ、居心地の悪さを感じている。少なくとも全面的には賛同できないものがある。

 こうした論調は安部政権の「地方創生」とも重なっている。それぞれ思惑は違うとしても論理構成はほぼ同じだ。政権は200億円規模で「地域おこし協力隊」事業をスタートさせたり、他にも就農準備金の支給など様々な形で田園回帰を政策的に支援している。地方自治体の多くも住宅の取得、仕事、農業技術の習得等々の面で様々な支援策を講じて若い人たちの地方への定住を誘っている。(しかし、地域社会にはこのような補助金行政に対し「移住者ばかり優遇している」という不満があるようだ。「週刊朝日」の最新号の記事「地域おこし協力隊のトンデモ実態」もそのような背景があって出てきたとみるべきだろう)

 メディアの果たしている役割も大きい。いやむしろこれこそがより本質的とみるべきかもしれない。昭和の時代、テレビで地方を扱った番組の代表的なものとしてはNHKの「新日本紀行」がある。そこでは地方の暮らしは失われてゆくものに対する愛惜の念と共に紹介され、田舎は遠くにありて想うものであった。都市と田舎の区別がまだあった時代のことである。今のテレビに登場する田舎はごく身近だ。ツルベェさんやら所さんやらが突然登場して人を驚かし、その土地の人情や名物を紹介したり、もっと端的には「ダッシュ村」の企画など田舎はバラエティーのネタとなっている。本屋に行けば田舎暮らしから農業入門まで実の多くの雑誌が並んでいる。売っているのだからそれだけニーズがあるのだろう。そこでは田舎のジィバァも若い人も明るく笑っている。沢山の田舎物件の紹介もあり、不動産雑誌という性格もある。農業高校を舞台にしたマンガもベストセラーになっている。豚や鶏の飼育などが漫画の素材になるなどかっては考えられないことだった。こうしたメディアのあり方が今の若い人の田舎イメージを作り、身近で「そんな生活もあるかも」と思わせている。田園回帰と言う現象はこうしたメディアの変化とパラレルだということはもっと注意されてよい。

 また、先回も触れたように田舎暮らしのためのインフラが格段に整備されたことも大きい。モータリゼーションの発達と道路の整備、コンビニ網と郊外型モールの拡充、宅配という物流システムの完備、とりわけICT(情報通信ネットワーク)の進化でどこにいようと情報の送受信が可能になったこと。これらはポスト昭和の高度産業社会の成果だが、この「都市の外延」によって「田舎暮らしという名の都市生活」が可能となった。これもまた「移住」をあと押ししているはずである。

 このように、高度産業社会の成果の上でメディア、「論者たち」、政権が掛け合いながら都会の若者をあおって「田舎」に押し出しているのだが、一体彼らは若い人に何をやらせようというのであろうか。田舎に何があるというのだろう。誰が彼らの人生に責任を負うのだろう。「地域おこし協力隊」に補助金目当てで応募した多くの人もその補助金の出る3年を過ぎた後、どう暮らしを立てていくのだろう。彼らが大規模農業経営者となるハズもなく、自給的少量多品種生産などしても多くの場合それは一生貧困と同義ではないか。田舎にはやりがいのある雇用も少ない。むろん上手に振舞って「成功」する人はいるだろう。しかし多くは半難民化するのではないかと危惧している。(鈴木)
[PR]
by kurashilabo | 2016-06-18 11:56 | 鈴木ふみきのコラム | Comments(0)

6/18(土)着の野菜セットの中身

Photo now loading...

湿らせたガーゼでトマトの種を包んで、胸ポケットで保温し発芽を促したのは2月中旬のこと。それから約4ヶ月、やっとトマトの収穫が始まりました。甘唐辛子やピーマンも採れだして野菜セットの顔ぶれもいよいよ夏らしくなってきましたが、本格的に収量が増えるのはまだもうちょっと先。春の葉物が無くなった分野菜セットはボリュームダウンですがもうしばしお待ち下さい。

【トマト】  ファミリー 1100g / レギュラー 550g
品種「ホーム桃太郎」。ビニールハウスで雨よけして潅水を制限している分ギュッと甘みが詰っています。

【タマネギ】  ファミリー 3個 / レギュラー 2個
今年は出来がイマイチで小ぶりなものが多くなっています。

【新じゃがいも】  ファミリー 450g / レギュラー 300g
採れたての新ジャガ。品種はキタアカリです。

【人参】  ファミリー 420g / レギュラー 280g
春蒔き、初夏採り。品種黒田五寸。

【キュウリ】  ファミリー 300g / レギュラー 200g
品種「北進」。育苗を早めて例年よりも少し早めに収穫が始まりました。

【キャベツ】  ファミリー 1玉 / レギュラー 1玉
2月播種の春キャベツです。一部虫食いがありますがご了承ください。

【甘唐辛子】  ファミリー 少々 / レギュラー 少々
「松の舞」という品種の辛味の少ない甘唐辛子です。料理方法はピーマンとほぼ同じ。時々辛いものが混じりますのでお子様などが食べる場合はご注意ください。

【ピーマン】  ファミリー 3個 / レギュラー なし
はやくもピーマンが採れだしました。今週はファミリーサイズのみ。

【ズッキーニ】  ファミリー 1~2本 / レギュラー 一部の人のみ
カボチャの仲間ですが未熟な状態で収穫し生食も可能な西洋野菜です。食味はナスとキュウリの中間といったところ。炒めモノや煮物はもちろん、案外塩もみやナムルでも美味しく頂けます。

【ニンニク】  ファミリー 1個 / レギュラー 一部の人のみ
農場で自家採種し作り続けているニンニクです。





.
[PR]
by kurashilabo | 2016-06-17 20:40 |  L 今週の中身 | Comments(0)

やつだ開拓団 6月田植えの様子レポート

6月の開拓団は田植え!

昨年の耕していない田んぼに無理やり植えた苦い経験を繰り返さないために、試行錯誤しながら事前準備しました。

最終的には、このテーラーをヤフオクでゲットして耕耘、代掻きしました。が、途中で埋まったり、水没したりとなかなか一筋縄ではいきませんでした。
c0177665_14481546.jpg


こちら↓ ドローンほどの空撮ではないですが、木にハシゴをかけてほどほど斜め上から撮影しました。今年はこの写真で番号がついている①~⑫の全部を田植えしたいと思っていますが、このうち、今回の開拓団の活動では①と②を終わらせ、③と④の代掻きを行いました。写真で地面が茶色くなっているところは耕耘機で耕したところです。④は苗代。
c0177665_14302512.jpg

イラストにした図。1枚の田んぼの中にも細かく高低差があるために、小さな畦を作って細かく区分けしました。灰色の線はそれを示したもの。
c0177665_14314181.gif



1枚目の田植え
c0177665_14264576.jpg

去年は地面にそのまま植えましたが今年はちゃんと代掻きした田んぼです。
c0177665_14265225.jpg

植え終わりました!
c0177665_1427751.jpg


2枚目の田植えも順調に進みました。
c0177665_1427124.jpg


3枚目は代掻き、と言いつつ田んぼで泥んこバレーしてます。
c0177665_14271816.jpg

2枚目の田んぼを代掻きした際に機械が水没したために、人力で代掻きすることになりました。
c0177665_14272318.jpg

キャッキャ言って楽しかったです!
c0177665_14273042.jpg

それでも柔らかくならなかった所をやっぱり人力をほぐしていきます。
c0177665_14274640.jpg

足でも。長年の地形的に水の取水口側に土が溜まるようです。
c0177665_14275334.jpg

何やら鉄のハシゴを持ち出しまして・・・
c0177665_14275850.jpg

力づくで引っ張って土を移動させます。
c0177665_1428417.jpg

なんと、この雄姿!
c0177665_14281058.jpg

みるみる土が移動していきます。
c0177665_1428166.jpg

一方のこの疲労。1回やるごとに5分は休憩が必要でした。全部で10回はしてないけど、かなり疲れました。
c0177665_14282165.jpg

かなり水平がとれた感じがします。トンボで均します。
c0177665_14282783.jpg


4枚目 こちらは3枚目よりはかなり小さい田んぼ。昔はこういう小さい田んぼが一杯あった様子が伺えます。
c0177665_14283242.jpg

ここも土が偏っているので、足で代掻きしながら土を動かします。
c0177665_14283895.jpg

シロちゃん、かわいいです。
c0177665_14284464.jpg

お昼はバーベキューコンロを持っていって、焼肉やら焼き野菜やら。
c0177665_14284888.jpg

キュウリやら卵焼きやら持っていって
c0177665_14285487.jpg

美味しく頂きました。
c0177665_14285984.jpg

昼寝も楽しみの一つですね。
c0177665_1429328.jpg

田植えが完了した2枚。
c0177665_1429893.jpg

記念撮影。
c0177665_14291359.jpg


残りは農場のスタッフが順次植えていく予定です。
翌日の5月6日に③と④の田植えは完了しました。
更に後日、舟田君が故障した耕耘機を修理し、⑤以降の代掻き・田植えの続きをしていきます。


次回は6月25-26日です。開拓に興味がある方はぜひ開拓団の活動のご参加ください!





.
[PR]
by kurashilabo | 2016-06-13 14:47 | やつだ開拓団 | Comments(0)

6月11日(土)の野菜セット(レギュラーサイズ)

c0177665_14521227.jpg

新ジャガ初登場ですが、今回はあえて通常出荷しないような極小のジャガイモを入れました。小さいと皮を剥く手間ばかりで不便なのですが、新ジャガならばそのまま皮ごと美味しく頂けるからです。そのまま蒸かしても、料理の具材としても、今だけのみずみずしい味わいをお楽しみください。

【タマネギ】  ファミリー 3個 / レギュラー 2個
この農場の地主でもある提携農家の高橋さんからの出荷です。

【新じゃがいも】  ファミリー 600g / レギュラー 400g
採れたての新ジャガです。新ジャガは皮まで食べられるのであえて極小のものまで入れています。品種は男爵です。

【人参】  ファミリー 550g / レギュラー 370g
春蒔き、初夏採り。品種黒田五寸。

【ニンニク】  ファミリー 1個 / レギュラー 1個
採れたての新ニンニクです。料理にはもちろん、そのままホイル焼きなどもオススメ。

【キュウリ】  ファミリー 600g / レギュラー 400g
品種「北進」。育苗を早めて例年よりも少し早めに収穫が始まりました。

【キャベツ】  ファミリー 1玉 / レギュラー 1玉
2月播種の春キャベツです。一部虫食いがありますがご了承ください。

【スティックブロッコリー】  ファミリー 140g / レギュラー 90g
普通のブロッコリーとは品種が異なり、茎を食べるスティックブロッコリーです。茎はまるでアスパラガスのよう。

【春菊】  ファミリー 180g / レギュラー 120g
2月路地播き春菊。今週でお終いです。

毎週ニンニクが届くと一週間では使い切れないという声を聞きます。そんな場合は皮を剥いて瓶に入れて醤油漬けに。ニンニク自体はもちろん、醤油にもニンニクの香りが付いて便利な調味料になります。農場の生にんにくの出荷は夏の間だけ。余った分で一年分を醤油漬け、というのもありかもしれません。洋風にオリーブオイル漬けもオススメです。




.
[PR]
by kurashilabo | 2016-06-10 14:52 |  L 今週の中身 | Comments(0)

里山と田園回帰③

 「田舎暮らし」とか「地方移住」とかいう言葉はごく普通に使われているし、自分も使うけれども、一体何をもって田舎といい地方と言うのだろうか。本当は田舎も地方も実体としてはもう無い、歴史からフェイドアウトしてしまっているのではないか。この八郷町柿岡(石岡市)に住んでいてもここが田舎だという実感が無い。都会生活と変るところがない。

 歩いて5分でコンビニがあるし(セイコマ:北海道と茨城を中心に展開している)柿岡には他にファミマもセブンもある。石岡に出ればファミレスもツタヤも牛丼、回転ズシ、何でもある。柿岡周辺にはスーパーマーケット、ドラッグストア、衣料品、コメリなどいわゆる郊外型のショッピングエリアが2ヶ所あり、大半の人々はそこで日常の用を足している。コインランドリもあるしホカ弁もあるし。情報通信ではスマホやパソコンがあればどこに居ようとあらゆる情報にアクセスできるし送信もできる。宅配便は完備していてアマゾンでどんな本も入手できる。道路も整備され、車を使えば1時間半で都心に入ることができる。ボクがはじめて八郷に来たのは1978年頃だと記憶しているが、当時はこういうものはどれも無かった。今更ながら驚いたことに。30年ほどの間に地方の生活環境は劇的に変った。

 変ったのはこうした目に見えることばかりではない。30年といえば丁度ひと世代であり、この間にひとつの世代が社会の表舞台から消えた。昭和ひと桁世代とか戦中派とかいわれた人たち。田舎でいえばまだ「ムラ」がアクティブだった時代に「百姓」として自己形成した人たち。クワで田を起し、山仕事もこなし、肥桶を担いだことのある世代。彼らがムラの第一線から退場した。「たまごの会」でいえば高橋義一氏、桜井さん、宮川さんなどの世代である。そこに田や畑があり、野山があるから田舎なのではない。それと共に生きる人と「ムラ」があって田舎は田舎となる。田舎は「百姓」と「自然」の合作として成立している。その田舎を田舎たらしめていた核が消えた。そのこのことの意味をおそらく私たちはまだ十分には理解していない。

 彼らに続く世代は(すごく大ざっぱな言い方をすれば)もう百姓ではない。戦後教育を受け、テレビを観て育った世代はもう「百姓スピリット」を持っていない。百姓としての身体技能も十分には伝承していない。今では田舎特有の重苦しさや排他性のようなものはなくなりヨソ者も暮らし易くなった。気が付かないかもしれないが田舎は「軽くなった」のである。30年の劇的変化にはこのようなことも含まれる。

 「田舎」などもうどこにもない。日本全国どこへ行こうと。かっての田舎や地方は「郊外」になった。「田舎暮らし」とか「地方移住」とか言っても今や意味的には「郊外に引っ越す」とうい程度のことでしかない。それなのにボクたちの頭の中は20世紀のままで、未だに「都市と地方」といった二項対立的な思考や「田園回帰」などというロマンチズムに彩られている。進行している事態が何なのか、つかめていない。S
[PR]
by kurashilabo | 2016-06-04 11:54 | 鈴木ふみきのコラム | Comments(0)

6/4(土)着の野菜セット

(Photo Now Loading...)

春モノから夏モノへと徐々に野菜が入れ替わっていきます。春モノのレタス・キャベツ・ブロッコリー・ソラマメ・その他葉物はそろそろお別れ。代わりにタマネギの収穫がスタートしました。

【タマネギ】  ファミリー 500g / レギュラー 350g
今年初めての新玉ねぎです。
【ミニ人参】  ファミリー300g / レギュラー 250g
間引いた人参なので小ぶりですがもう味は立派な人参です。
【キュウリ】  ファミリー 2本 / レギュラー 1本
育苗を早めて例年よりも少し早めに収穫が始まりました。
【ニンニク】  ファミリー 1個 / レギュラー 1個
採れたての新ニンニクです。料理にはもちろん、そのままホイル焼きなどもオススメ。
【キャベツ】  ファミリー 1玉 / レギュラー 1玉
2月播種の春キャベツです。一部虫食いがありますがご了承ください。
【スティックブロッコリー】  ファミリー 180g / レギュラー 120g
普通のブロッコリーとは品種が異なり、茎まで柔らかく食用できます。茎はまるでアスパラガスのよう。
【レタス】  ファミリー 1玉 / レギュラー 1玉
2月播種の玉レタス。生サラダも良いですが案外炒め物や汁物にもオススメ。今週でお終いです。
【春菊】  ファミリー 180g / レギュラー 120g
2月路地播き春菊。今週でお終いです。
【ソラマメ】  ファミリー370g / レギュラー 250g
この農場の地主でもある提携農家の高橋さんからの出荷です。食味が落ち易いのでお早めにお使い下さい。これでシーズン終了です。
[PR]
by kurashilabo | 2016-06-03 21:33 |  L 今週の中身 | Comments(0)