<   2015年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ふみきコラム ~われらの開拓地の40年前

 八郷の森林組合に勤めているSさんが、ボクたちが「開拓地」と呼んでいる谷津田の航空写真があることを教えてくれた。(Sさんは暮らしの実験室の運営委員でもあります)森林組合は仕事上、森林の状態を把握するのに使っているのであろう。別紙の写真右は1974年~78年頃のものである。左は2007年のものだ。その他にも1980年頃のもの1990年頃の写真もある。それらを年代順に見比べていると実に興味深く、いろいろなことが分かった。
c0177665_1619569.jpg

 まず、もともとこの地がどのように使われていたのか、はじめてクリアにわかった。最初に足を踏み入れたときは葦やイバラ、緑の壁の如く立ちはだかるシノ竹ばかりでどこに道があり、どこに水路があり沢があるのか、それさえつかめなかった。今年一年で「開拓団」と農場スタッフが協力して用水路を復元し、計3反くらいの田を復元し、おおよそのところはつかめたが、それでも全体像は「まあだいたいこんなところだろう」くらいにしかわからなかった。写真を長々と見つめていて、霧が晴れていくように原状がわかった。 

 この谷津田は写真でみる通り、能登半島に似た形の谷で、左右は比高30メートルくらいの山(斜面)である。右側(西側)は日当たりがいいのでいろいろ利用されてきたが左側(東側)は杉やヒノキの人工林にところどころカシやモミが混じった森になっていて、これがために朝方は陽がさえぎられる。2007年の写真でみるようにやや下方でくびれた谷の入り口より奥は現在ほとんど耕作されておらず葛や葦やシノの原野となっている。今はこの写真から8年が経過していてさらに荒廃が進んでいる(2007年の写真では水路がまだ見えるが今年に入ったときは全く消えていた)。

 40年前の写真をみてわかるとおり、この谷はもともと平均2-3畝の田が千枚田の如く続くという景観で、なかなか見事なものである。1970年代の時点ですでに上方半分は耕作放棄されている。実は上の方は左側の山を越えた部落の人の耕作地で、不便であるし、奥でもあるので1970年の減反政策と同時に耕作を止めたのであろう(しかしこの時点では田の境はわかる)、日当たりのいい谷の右側斜面もみかん園、その他で利用されていることがみてとれる。放棄された後の斜面は一部にあった竹林(孟宗竹、真竹)がどんどん勢力を増し、いい所を覆い尽くしている。それがために夕方の日差しがさえぎられ日が暮れるのが早い。

 もともと人と馬しか頭になかった時代の耕作地なので道は狭く、それも崩落やヤブ等で通ることができない。面積的には3ha位ありそうなのだが現在のところこの谷の中に車を入れることはできない。車どころか歩み入るにも少し勇気がいる。今の時代、車も機械も入らないような所を使おうという人はいない。余程のモノ好きを除いて。それで人界から切り捨てられ、シシガミ様の土地となっていたのである。

 このような土地をほとんど人力だけで耕作し続けてきたという事実にまず圧倒される。それは並大抵のことではできない。土地への執着と百姓としてのプライド、地域の共同体メンバーとしての“しばり”と競争意識、ぼくなりの言い方をすれば百姓スピリットなしにはできない。少しでも効率や生産性などという価値に染まったらもう自分を維持できなくなる。そのような百姓スピリットを身に着けていたのはムラの近代化、農業基本法成立(‘61)以前のムラで自己形成した人に限られる。年齢でいえば現在80才~90才くらいの人まで。40年前、この八郷農場の初期に御三家と呼ばれた契約農家、高橋義一氏、桜井氏、宮川氏などの世代と言ってもよい。彼らの世代が現場からリタイアし、人の世から消え去ると一緒にこのような耕地もまた歴史からフェードアウトしていったのである。社会が変わり、人が変わった以上その景観はもう戻ることはない。

 開拓だ、開拓だとはしゃいでボクたちはそこに足を踏み入れている訳だが、一体全体何をしようとしているのであろうか。元の景観を復元したいのであろうか。それもなくはない。このような棚田景観はもはや文化遺産になりつつあり、それを復元維持することにも何ほどかの意義はあるだろう。(しかし現実的には労力がかかりすぎてかってのようにそこを耕作し続けることはできない。)しかし本当のところはそうではなく、もっと単純に(その地の歴史過程とは無関係に)そこはアドベンチャーワールドなのである。人と農と自然の最適解を夢想するボクたちにとって。あらゆる素材がそろっている自由の大地。フロンティア。 S
[PR]
by kurashilabo | 2015-09-26 15:56 | 鈴木ふみきのコラム | Comments(0)

ふみきコラム ~9月14日も国会前へ

 安保法制関連法案が今夜にも参院で成立しそうである。今日は朝から雨で、畑仕事はできないので、部屋で週末の運営会議に向けた資料作りをしながら時折テレビニュースをみていた。政治はボクの日常からは手の届かない遠いところにあるし、考えてもあとに徒労感が残るばかりなのであまり深くは考えないようにしてはいるのだけれど。

 とは言いつつたいした決意もなく先日も(14日)国会前の抗議集会に姜女史と行って来た。立っていると腰が痛いし疲れるので、警察の並べた柵の前の歩道に腰かけ、相変わらずのスピーチや「廃案!廃案!」といった連呼を聞いていた。まわりは立っているのに一人ショボくれて座っていたのが余程みすぼらしかったのか、群衆を警備していた若い警察官が寄ってきて「大丈夫ですか?具合がお悪いんですか?」と聞いてくる。日本のオマワリさんはやさしいですねぇ。もっともその後ろでは明らかに公安とおぼしき鍛えられた身体の中年男がキビキビと、参加者を時折ドーカツしておりましたが。それに機動隊の警備車輌もことのほか多かった。原発集会の時もそうだったけど、こうした会場でケーサツ官に悪態をついたり突っかかったりするのは実はほとんど高齢者で、昔のクセが抜けないのであろう。バカばっかり。若い人は行儀が大変よい。

 時折横っ腹に白地に黒くでかでかと「国民を見捨てるのですか天皇陛下」と大書した大型トレーラーが回ってきて、右翼の宣伝車のようであったがその下の「餓死する一億の民云々」の凶々しい一文も含めて、ボクには全く意味不明でそれもまた不気味でありました。牛のオブジェを荷台に乗せたトラックも回っていて、これは「希望の牧場」という福島の牛飼いの宣伝車だ。朝日新聞の「プロメテウスの罠」等で紹介されていたのでこれは知っていた。300頭余の放射能汚染されて出荷不能の牛を、東電と国への抗議として飼い続ける吉沢氏の車である。ボクはその抗議スタイルに必ずしも賛成ではないけれどもそういう人もいる。

 集会は盛り上がってきたものの、小生は帰りの時間もありそろそろと考えていたとき、ボクのいたすぐ近くで警備の隙をついて、2,30人がスルスルと車道に出て騒ぎはじめた。ボクも急に元気が出て「ヨシ!」と柵をまたごうとしたら警察に足を戻されてしまった。

 しかしあちこちで人が柵を越え始め、あとはワーワーと皆が車道に踊り出て一瞬の解放感と興奮を得たのである。バカだねぇ。しかしバカでも集会にはこういうイベント性がなければおもしろくない。とはもうあっちこっちで警備の柵を押し倒し、車道を埋めていった次第。

 明日(18日)も雨のようだし出荷日でもあるが、「終ったら国会前だ」と考えていたけれどその前に成立しそう。ウーム残念。 会場で「野党選挙協力で選挙管理内閣を作れ!」というチラシを配っていた人がいて読んだ。これは確か、小林節氏もどこかで言っていたような気がする。(内容は“野党選挙協力を求める市民運動”で聞いてください)現実的にはそういう方向で野党のシリをたたいていくしかないかなぁ。 S

c0177665_10335098.jpg

      写真は9月14日の国会前の様子。車道に人があふれ、中央分離帯から姜が撮影 
[PR]
by kurashilabo | 2015-09-19 10:32 | 鈴木ふみきのコラム | Comments(0)

やつだ開拓団9月 野営キャンプの様子

今回は開拓地でキャンプです。

今後の開拓活動をより充実させるためには、夜の闇も朝の光も体験しなくては!という訳で、季節的にもちょうど過ごしやすい今回、思い切ってキャンプをすることになりました。

初日の午後から翌日の午後まで、まる一日過ごすので荷物もすごい量です。作業道具、ごはんの準備、自分の着替えなどなど、まるで疎開でもするかのような感じです。
c0177665_1045925.jpg

荷物が重いと沢を渡るのも一苦労です。
c0177665_10451496.jpg

こちら、非常に残念なことに田んぼが猪にやられてしまいました・・・。猪の登場は事前に分かっていたので電柵をしていたのですが、この間の曇天でソーラー発電ができずバッテリーの電気が切れてしまったのです。その隙をついて猪が入ってしまいました。とっても悲しい。
c0177665_1046247.jpg

こちらはお馴染みになりつつある竹きり。竹は山のように生えていて使い勝手もよく便利です。
c0177665_1046745.jpg

それを地面に打ち込んでいきます。小屋作りといいたいところですが、今回はテントサイトの猪避け柵として使います。
c0177665_10461254.jpg

柵を作ってテントも張りました。(写真は翌朝のものです)
c0177665_10462260.jpg

カオリちゃんは、農場スタッフのやっちゃんの指導でタープテントを張りました。出来にご満悦の様子。よく寝れたみたいですよ。
c0177665_10462845.jpg

ご飯を炊くために枯れた竹を集めて割ってます。
c0177665_10463393.jpg

沢で石を集めて炊き床を作ります。こういうのを誰がいうともなく、なんとなくみんなで作ってしまえるのがすごいなぁ、と感心しちゃいました。
c0177665_10463827.jpg

沢でお米洗い。人生で初めての経験です。
c0177665_10464265.jpg

太目の竹の一節を使ってお米と水を入れます。ふたは大きめに切った方が出し入れしやすいですね。先に横をノコギリで切って、縦はナタを入れるとパカッと割れます。お水の量は、平らにならしたお米の上に片手を乗せて、手の甲まで水で浸かるくらい。手首までいくと入れすぎです。(豆知識)
c0177665_10464717.jpg

竹飯ごうをセットします。
c0177665_10465175.jpg

火をつけてあとは炊けるのを待つのみ。念のために竹にアルミを巻いたのですが、これは必要なかったですね。時間がかかりました。
c0177665_10465576.jpg

こちらは野菜の準備。メニューは定番のカレー、ですがルーではなくスパイスカレーです!
c0177665_10465934.jpg

先ほどまで頭にかぶっていた鍋を使って、野菜を炒めます。熱源はまめたんです。
c0177665_1047494.jpg

さて、カレーができました。うまそー!!
c0177665_1047710.jpg

皿はもちろん竹。
c0177665_10471193.jpg

あっという間に夜。まわりに人工物がない開拓地は余計な光も入ってこず、まさに“トワイライト”から“夜の帳が下りた”状態を体験できます。
c0177665_10471742.jpg

ごはんが炊けました。蓋の開け方失敗して炭が入っちゃいましたが、つやっつやでとっても美味しそうです。竹はすごいですね。
c0177665_10472347.jpg

カレーを乗せて・・・。(はぁ~、今見ても旨そう!)いただきまーす!!
c0177665_10472792.jpg

食後は近くの温泉に入って、その後は火をたいてお酒を飲んでしっぽり過ごしました。雲が晴れて星も綺麗に見えましたよ。
c0177665_10251560.jpg

翌朝。朝からそれぞれ思い思いの準備。なんだかいろいろで見た目不思議な感じです。
c0177665_10474359.jpg

今日は特に決まった活動はなく、「それぞれやりたいことをしてください。」と言ったら、沢を渡るのが大変なので、竹を刈って橋を作り始めちゃいました。恐るべし開拓団。
c0177665_10474885.jpg

竹が広がらないようにしばってます。締め方はまきすやすだれの応用。スタッフやっちゃんの技が頼もしい。
c0177665_10475224.jpg

こちらは、すでに枯れていた木を切り倒しています。細かく切って薪にするんだとか。
c0177665_10475638.jpg

岩を集めてます。沢から上の台地に上がる場所がぬかるむので、岩をそこに敷き詰めるようです。みんな自主的に楽しんでます。
c0177665_1048071.jpg

今回の集合写真はなんと安保反対デモ!?というのは半分冗談ですが、知り合いが「安保反対の写真を撮りたい」ということで開拓地に来て、その時の一枚。思想信条は自由なので、我が開拓団全体の意思表明ではありませんが、いちおう“賛同する個人”として断って撮ったらみんな写りました。
c0177665_1048587.jpg


夜通ししっぽりと今後の夢を語り合った開拓団。

次回から建築部門に突入することになりました!
竹を刈って刈って刈りまくって、キャンプサイト用の東屋造りを始めます。

竹林を整備して風景を美しくしつつ寝床も造って、開拓地の魅力をいっそう深めていきます。

次回は、10月下旬か11月中旬です。

ぜひご参加を!

[PR]
by kurashilabo | 2015-09-17 14:03 | レポート(報告) | Comments(0)

ふみきコラム ~安保法制反対の集会に行ってきた

 8月30日の安保法制反対の集会に行って来た。体調が万全とは言い難いので、とりあえず行って、参加して、帰ってくる、それだけでひと仕事ではありました。あまり押し合いへし合いするところには行きたくなかったので、近くの歩道に腰掛けてスピーカーから流れる政党党首や坂本龍一氏やらのスピーチを聞いていた。もっとも歩道も十分混雑してはいましたが。翌日の新聞によれば何万人集まったとか、若い人たちがどうのとか書かれていたけれども歩道から眺めている限りではやはり中高年が多かったし、プラカードも9条や戦争法案反対、反安保、等々というものがほとんどでこれといって新味もないように思われた。むろんそれが間違っているという訳ではないが、そんな言葉では今の社会の底にうごめいている大衆心理をつかむことも、リアルな国際政治環境に対応することもできないのではなかろうか。そして集会に参加しながら全然気分の高揚も無く「のっていない」自分に気づき、何かそこにいるのが場違いのようにも思われ、そそくさと帰り支度をしたのでした。

 ボクは今のところ憲法を擁護しているし、その“青くささ” も嫌いではないがヘンな憲法だとは思う。憲法を発布する政権がその時実態として無かったということが第一(形としては日本政府が発布している)。憲法はその国の基本の形を内外に知らしめるものであるから普通はその前に新しく打ち立てられた国(革命政権)が実力として存在する。フランス革命があった後にフランス憲法はでき、イギリスから独立したあとにアメリカ憲法ができ、ソビエト政府ができてソビエトの憲法ができ、明治政府が成立した後に明治憲法ができる、そういう順序だ。

 しかし日本国憲法はそうではない。日本は占領下にあったし、その時政権の座にいた人たちはまだ旧体制の延長であったから新しい憲法を作る力量もなかった。今の憲法はGHQの民生局が中心となって起草されている。そこに日本人による憲法草案も勘案されているとはいえその事実は変わらない。日本の敗戦が前提となっていたから、日本を未来にわたって軍事的に無力化するという目的がそこにはある。しかし同時に(民生局のリベラルな人々を中心とした)理想主義もそこに同居している。第2次大戦を経験して彼らもまた戦争のない世界を夢想して「アメリカ憲法より理想主義的な」憲法草案を「押し付けた」。それが、「戦争はもうこりごり、軍国主義はこりごり」という大衆心理に広く深く受け入れられていったということなのであろう。大戦直後、冷戦直前というごく狭い時空の中で生まれたのである。それは歴史のエアーポケットのような時空であった、その数年後、冷戦構造が姿を現し、朝鮮戦争の時にはアメリカはもう日本の再軍備を望んでいた訳だから。
日本国憲法は私生児のようなものである。産みの親からは後悔され、そのアメリカとつるんで戦後一貫として政権を担ってきた政党は改憲を党是としているんだから。そしてその政権に反対する人々が護憲を叫ぶ。これは本来逆であるはずなのだ。政権党に大切にしてもらえないかわいそうな憲法。

 それでもこれまでの保守政権は9条をやっかいなものだと思いつつも、拡大解釈(個別自衛権、専守防衛なら軍備もOK)と日米安保という形でリアルポリティクスとのバランスをとってきたように思う。保守であれ戦争経験者には9条の理想主義を笑うことができなかったのではなかろうか。それが戦後だ。大衆もまた、その欺瞞を承知で、大半の左翼まで含めて、それをよしとしてきた。本気で反対した人はほとんどいない。理想主義憲法を生き延びさせようとすれば欺瞞も必要だったということであろう。安部(政権)にはその躊躇が感じられない。彼は本気で9条の理想主義を笑っている、冷戦後の安保環境の変化、とりわけ中国の台頭を理由として憲法の欺瞞を含んだバランスを「戦後レジーム」として笑っている。

 日本国憲法はそれを生み、育てる主体のないまま形だけが与えられた憲法だった。戦後政治は改憲と護憲という「政治」に振り回され、結局それを担う主体を育てることに失敗してきたのかもしれない。もし今の「反安保法制」の運動に意義を求めるとすれば、その理想主義と防衛を含めたリアルポリティクスの間を架橋する困難な思考と覚悟が必要なはずなのだ。 S
c0177665_1027832.jpg

※写真はネットから拝借しました。
[PR]
by kurashilabo | 2015-09-05 10:25 | 鈴木ふみきのコラム | Comments(0)