<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ふみきコラム「炭水化物は人類を滅ぼす?」③

 『炭水化物が人類を滅ぼす』の夏井氏はなかなか過激である。「現在の穀物生産は北米とオーストラリアの大穀倉地帯が中心であり、そこは地下水による灌漑農法であり、遠からず地下水の減少と塩害で破綻する。・・・つまり穀物に依存しまくって発展してきた1万数千年の人類文明自体が危ういのである。・・・」「穀物で腹を満たすことができなくなればいやでも非穀物食に切り替えるしか選択肢はない。・・・農業はマメ科の植物中心に転換するしかないだろう。・・・これを補うのが蛆(ウジ)だ。つまりハエを工場のタンクで育て、プロテイン粉末に加工し・・・ようするに、ウシだろうがウジだろうが食べてしまえば同じタンパク質であり、違いはないのである」

 そうか、ウジかやはり。ウーム、ウジが可能性に満ちたフロンティアだということは理解できる。農場の夏の大敵ハエ、その幼虫のウジをみているとその再生産力、つまりクソやゴミをタンパク質に替えていくその能力のすごさに驚く。卵を産みつけてから10日位でウジ→サナギ→ハエと完全変態し、文字どおり湧くようにして台所にやってくる。農場創設以来40年、ハエとの闘いに完全勝利できた年はない。ハエ叩き、ハエ取りリボン、ハエマット、ニワトリの利用、乾燥…様々に対策をたててもその生命力、繁殖力にかなわない。「ハエを工場のタンクで育て…」というハエの家畜化と利用については実はすでにプラントが作られていて(元はロシアの企業が開発)養鶏や養豚では利用例があるはずだ。農場でも養鶏用に考えたことはある。餌は十分にあるのだから(豚糞)外に逃がさないようにサナギにして取り出す装置を作れば現在購入している鶏のタンパク飼料(魚粉)や小麦を大幅に減らすことができ、かなりエサ代を減らせる。鶏は元来動物食であるから鶏のためにもよい。ハエがでなくなり、エサ代は激減し、鶏や豚は更に健康になるという夢のプランだが結局実行しなかった。「ウジ虫養鶏」ではタマゴが売れそうもないからである。自家用にはいいが商品はイメージだ。まして「ハエのウジから作ったハンバーグ」となると…食文化としてどうかなぁ…。

 いや、ハエは本論ではない。穀物生産の話しだ。北米やオーストラリアの大穀倉地帯における穀物生産が環境破壊的であり持続可能性に乏しく、遠からず破綻するというのはその通りかもしれない。バイオエネルギーなどもからみ氏の言う通り穀物の争奪戦が起こるだろう(価格の高騰という形で)。しかしそれで破綻するのはいわゆる近代畜産で、その結果現在の肉、卵、牛乳の飽食はできなくなる。しかし「穀物に依存しまくって発展してきた1万数千年の人類文明自体が危うい」のではない。日本でいえば水田農業は経済性を考えなければ持続可能性の高いシステムであり、麦類も自給可能である(現在は輸入に依存している)。穀物が食えなくなる日はこない(大きな気候変動が無ければ)。むしろ、肉、卵、牛乳など非炭水化物が今のようには食えなくなるだろう。国内で自給できる飼料はわずかしかないから。今炭水化物をとらない食事が可能なのはまず、肉、卵、牛乳とその加工品がたくさんあるからであり、また大豆が食べ易い形に様々に加工されているからだ。野菜類も人参、ネギ、トマトとバラエティに富み、豊富である。で、肉、卵、牛乳が無くなれば大豆を柱としたマメ科と野菜類ということになるが、その大豆とて(穀物地帯がダウンする状況では)輸入できるかどうかわからない。国内産では量をまかなえない。

 そもそもヒトの消化器系は大豆などマメ科を主食とすることができるのだろうか。大豆は東アジアに出自をもつ古い栽培植物であり、タンパク資源として重要だが大豆を中心とした農耕文化は成立しなかった。東アジアの農耕文化はコメや雑穀を中心に大豆などタンパク質が加わる形だし、中東に起源した地中海農耕文化は小麦、大麦と肉(牧畜)が合体している。東南アジアの根菜農耕文化はタロやヤム、バナナなどイモ類中心に豚などがタンパク源となっている。どの農耕文化も炭水化物を中心にして成立しているのであり、そこには他では代えがたい生理的理由があるはずだ。植物食は人類史的には肉の代用食として始まったとすでに述べたが、結局肉食適応的に進化した消化器で対応できる植物食は炭水化物を中心に、タンパク資源や油脂植物を加えた形としてしかありえないということではないか。

 現在の肥満や糖尿病、高血圧等々の問題は炭水化物を沢山とり、肉や牛乳など非炭水化物系の食品もふんだんに摂取できるという環境があり、かつエネルギーのアウトプットが非常に小さいというきわめて現代的な状況が生み出したものだ。治療として炭水化物をとらないというのは有効としてもそれは穀物文化の否定には至らない。北米やオーストラリアの穀物生産の破綻は近代畜産の破綻をもたらし、むしろ穀物中心に少しの肉類や大豆を加えた伝統的な食生活への回帰を促すだろう。「ウジ虫から作ったハンバーグ」は食べなくてすむ。おそらく。 S
[PR]
by kurashilabo | 2014-04-26 11:33 | 鈴木ふみきのコラム | Comments(0)

ふみきコラム「炭水化物は人類を滅ぼす?」②

 穀物やイモ類、野菜など植物を食べることを私たちはごく普通のことだと思っている。しかし元来、植物という相手はヒトという種にとってそんな生やさしい相手ではなかった。前回書いたように、社会的肉食獣として進化してきたヒトはすでにセルロースを分解できなくなっていたし、草食で生きていくには大量に摂取しなければならないがヒトはそんなに大きな胃腸を備えてはいないからだ。ただ植物が最も栄養を濃縮する穀実、ナッツ類、イモなどだけを取り出しセルロース部分をとり除くことができれば比較的少ない量で必要な栄養を取り出すことができる。肉に替わりうる植物食としてはそれしかない。
 しかし農業を知らない時代、イネ科の草の種実を食べ物として考えることがどれほど途方もないことであったか。(現代でさえ品種改良されたアワやヒエを栽培して仮に沢山の種実を手にしても、それを食べられる状態にまでするのは大変なのだ)ナッツ類とて手ごわい。栗や椎の実を別とすれば、大量に得られるドングリやトチの実などは有毒で何回も何回も水にさらすなどしてシブ抜きをしなければならない。肉は生で食べられるし火を通せば尚おいしいし、栄養もあり消化も良い。実にありがたい食べ物だ。それに比べると植物を食べることがいかに難儀なことであることか。食べるまでにいくつもの工程がある。煮るためには土器も必要となる。植物は広い意味での料理(加工)なしには食べられないのである。別の言い方をすれば植物食は高い知能と技術、道具等々、文化を前提としてはじめて可能となる。 

 約25万年前、アフリカに生まれた現生人類(ホモサピエンスないしクロマニヨン人)は5万年ほど前にアフリカを出て、両極地を除く世界の隅々にまで拡散した。世界のどこに行っても多少の外見は違えどヒトがいるという現在の基本形がこの時代に作られた。この時代は地球の最終氷河期の真っ最中であり超寒い環境で生息範囲を拡げることができたのは狩猟技術の高度化もさることながら防寒のための衣服、キャンプのための小屋作り、そして社会性の高度化(ことばの使用)など相当のレベルの文化をすでに持っていたからであろう。しかし1万5千年ほど前、氷河期が終わり次第に暖かくなり、針葉樹林に替わって温帯森林が広がった。雪原や針葉樹林を大型草食獣(オオツノジカ、ナウマン象、マンモスなど)を追って暮らすことができなくなり、彼らは温帯森林地帯に定住せざるをえなくなる。しかし温帯森林に住むイノシシやシカなど中型獣を槍で(後には弓で)狩るのは難しい。当初彼らは川辺などに住み、魚類をねらったようである。しかし温帯森林は針葉樹林にくらべると植物資源には富んでいたからそれらも様々利用したはずだ。しかし植物をメインフードにすることは前述したように加工(料理)という面でも、また量の面でも難しい。そこに農業が始まる理由がある。

 後に農業や料理と呼ばれることになる知識と技術の体系なしには植物はメインフードになれなかったのである。それは肉食適応的に進化した消化器で植物をメインフードにせざるをえない環境に置かれたヒトの適応行動ということもできる。そして幸運だったのは(?)ヒトが社会的肉食動物で、ライオンやオオカミなどのように生物的肉食獣ではなかったということだ。ヒトの身体は元をたどれば森に住む植物食ないし雑食の霊長類であるから植物食にも潜在的には適応できたのだろう。ライオンはどんなに知能が向上しようと植物食にはなれない。彼らは純粋な肉食獣であるからだ。

 もし農業の開始をもって人類文明のスタートとするならば、植物食中心であった森を出てサバンナという新しい環境で社会的肉食獣として進化したこと、そして氷河期が終わり温暖化していく世界の中で肉食適応に進化した消化器官と狩猟活動によって進化した知能や社会性をもって再び植物食に適応せざるをえなかった、その曲折に秘密があるといえよう。むろんその時、その適応行動がこれ程に人類文明を変えることになろうとは誰も予想しなかっただろうけれども。  S

c0177665_11324381.jpg

[PR]
by kurashilabo | 2014-04-19 11:30 | 鈴木ふみきのコラム | Comments(0)

ふみきコラム「炭水化物は人類を滅ぼす?」①

 ごはんやラーメン、砂糖など炭水化物を制限してダイエットするのが昨今ブームになっている。トンカツやトーフやナッツなどタンパク質や脂質はいくらとってもよいというのがうれしい。身近なところにも「こんなに変身しました」という見本のような人もいて関心はもっていた。その糖質制限ダイエットの火付け役でもある夏井睦(なついまこと)氏の『炭水化物が人類を滅ぼす』(光文社新書)を読んだ。ボク自身はヤセ過ぎで、太りたいと思っても太れない人なので(自分の体重を知るのがこわくて体重計にはもう10年以上乗っていない。)ダイエットは関係ないのだが炭水化物が人類を滅ぼすとまで言われたら読まざるをえないではないか。それは農業否定に等しいのだから。コメ、麦、ト―モロコシ、ジャガイモ、里芋、サトウキビ、テンサイ…これらすべてが「人類が神だと思って招き入れたのは、実は悪魔だったのである。…私たちは21世紀になってようやく、穀物なし、糖質なしの食生活が人類本来のものであることに気付いたのだ。…」

 この本は炭水化物や糖質が肥満、糖尿病、睡眠障害と抑うつ、アルツハイマー・歯周病、アトピー等々、諸悪の根源だという主張より(むろんそうなのだが)むしろ人類にとって炭水化物とは何かということを生命進化や人類史の知見を踏まえて展開していて「ナルホド、ソーダッタノカ」と教えられるところが多かった。自分のあまりの無知に気付かされもした。たとえば血糖値というのがあり、人間は平均100mg/dl前後なのだが、このブドウ糖が身体の直接のエネルギー源だとボクはずっと思い込んでいた。しかし人体でブドウ糖をエネルギー源とするのは脳と網膜だけらしく、他の組織や器官では主に脂肪酸をエネルギー源にしているらしい。シラナカッタ!小さい時から刷り込まれていた「疲れたらアメ玉をなめろ」というあの処世訓(?)は一体何だったんだ。ボクは「ブドウ糖というという位だから疲れたらブドウジュースを飲むのが一番回復が早い」と信じて夏にはしばしば愛飲していたのだがそれも無意味だったことになる。

 炭水化物が身体にそれほど悪いのかどうか、それはわからない。この本に感化されてボクもごはんを減らしてみたところ、身体が快調になるどころかだるくてひたすら眠く、これは低血糖状態でマズイと思ってやめた。肥満の人はいいが、脂肪の蓄えが無い人は気を付けた方がいいように思う。穀物をはじめとして現在の人類は主に植物を食しているが植物食というのは人類本来の食べ物ではないという著者の意見には同意する。同じ霊長類のゴリラやオランウータン、日本ザル(?)などと違ってヒトはセルロースを分解するための消化器官をもっていない。哺乳類がセルロースを分解するためにはウシやヤギのように反芻胃をもつか、馬やゴリラのように巨大な結腸をもつか、ウサギのように盲腸を巨大化するか、どんな形であれセルロース分解バクテリアを腸内に培養しなければならない。ヒトの消化器官にはそれが無く、生の植物を食べてもほとんどそこからエネルギーを取り出すことができない。著者はだから消化器からみる限りヒトは肉食動物だというのである。しかし疑問もある。歯だ。歯はどうみても肉食獣ではなく植物食ないし雑食傾向を示している。犬歯はあっても弱弱しい。このことから食養生の本などでは穀物(植物)を中心に肉や魚など動物食は少しというような言い方をすることが多い。これはヒトは元来草食獣ないし雑食という見方である。

 これに対して鈴木サンは次のように考える。ヒトがヒトとしての進化を始める以前、彼らは森に住んでいて植物食に適応した身体をもっていたはずだ。森の霊長類はすべて植物食だからだ。その時にはセルロース分解のための消化器官を備えていたはずだ(でなければ生存できない)。しかし人類発生の地とされるアフリカの大地溝帯で500万年とか700万年とかいう遠い昔、気候の変動があり、その地が森から草原(サバンナ)へと変わった。この時、森と共に移動し森の中に残ったゴリラやチンパンジーとたもとを分かち、サバンナという新しい環境に適応したのがヒトとしての進化のスタートとなったと言われている。サバンナは森に比べると植物資源は貧弱だが、大きな草食獣の群れにあふれていた。その肉を利用できればサバンナは魅力的な新天地であり、ヒトという霊長類だけがその高いハードルを越す能力をもっていたのであろう。ヒトの直立歩行も(遠くまで走れる)も社会性もコミュニケーション能力も未来をシュミレーションする脳も「手」による道具の利用も、元来肉食獣としての身体をもたないヒトが肉食(狩猟)するために開発した諸能力なのである。ヒトは社会的な(後天的な)肉食獣として進化したと言ってもよい。その肉食獣としての進化の過程で消化器官は肉食適応的に変化したが歯は進化が遅く、森の時代のまま現在に至っているのであろう。(続く) S

c0177665_11291646.jpg
[PR]
by kurashilabo | 2014-04-12 11:26 | 鈴木ふみきのコラム | Comments(0)

里山ピクニック 春の餃子まつり

c0177665_112487.jpg

今年は春、夏、秋 と3回、季節の美味しいモノを食べて、やさとを堪能する日帰り企画を予定しています。
まず第一弾は、こちら!

春爛漫の里山・やさとを満喫するプランです。
お昼はやさと農場の鶏・豚肉を使った餃子バー開店☆
手作りのビールとともにお楽しみください。

食後は里山ピクニック。ツリーハウスカフェ"森羅荘"でスコーンとコーヒーを受け取り、筑波山系の生態調査を行っている地元の自然案内人の超絶マニアックなガイドのもと、絶景ビューポイントを目指します。

山が笑う新緑の季節。お友達をお誘いあわせの上、ぜひ皆さん気軽に遊びに来てください。

【と き】4月27日(日)11時~17時
 ※午後から農場を移動するので必ず12時半までにご来場ください。

【ところ】暮らしの実験室やさと農場
     山小屋カフェ森羅荘とその周辺
     http://d.hatena.ne.jp/shinra_okamoto/

【参加費】2,500円(大人/アルコール有り)
     2,000円(大人/アルコール無し)
     1,000円(小中学生) 乳幼児無料

【スケジュール】
 11:00~ 集合
 11:30~ ランチ(餃子バーなど)
 13:00~ 森羅荘へ移動、里山ピクニックなど
 16:30~ 現地解散
 *里山ピクニックは、休憩を挟んで2時間~2時間半を予定しています。

【服 装】動きやすい服装、靴でご参加ください。


<ガイド紹介>
野村真一さん
筑波山周辺で活躍している地元のナチュラリスト

--------------------------------------------------
【申込方法】
フォームから事前にお申込みください。
http://goo.gl/3I41oG

※車で来場していただければ当日参加も可能ですが
 食事の準備などありますので、できるだけ事前に
 お申込みください。

【連絡先】
tel/fax 0299-43-6769
e-mail kurashilabo@gmail.com
--------------------------------------------------
c0177665_1114991.jpg
[PR]
by kurashilabo | 2014-04-07 11:02 | お知らせ(告知) | Comments(0)