<   2013年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ふみきコラム 荘園制②

 「荘園」の提案ではとりわけ「ヤマ」というテーマを掲げている。「ヤマはおもしろいぞ、ヤマを再開拓しよう」ということなのだが、それだけでは何のことやらわからないので若干の解説を加えたい。今日、ヤマと言えばだいたい山岳のことでハイキングや登山でいくところを指しているが、田舎ではヤマといえばいわゆる里山のことであった。里山ということば自体は山里を逆にした造語で林学研究者によるものである。里山というと裏山のようなところをイメージしがちだが、平地林もまたヤマと呼ばれていた。地主の高橋さんが「ウチのヤマは・・・」といえばこの農場周辺の松林のことで、農場はそのヤマを切り開いて建設されたのである。平地林を含めて里山は大変広く、耕地面積(田、畑)の数倍あるのが普通だった。徒歩で、あるいは馬を連れて仕事に行き、夕方には帰ってこれる、それが里山の範囲だ。

 近代化される以前の伝統社会にあってはヤマは暮らしの土台として不可欠の場所だった。薪炭林としてエネルギーはすべて山に依存していたし(薪炭は自家用以上に冬の現金収入の柱だった)、建材や田のハザ棒、オダ足をはじめ多様な材を産出したし、農業的には落ち葉や下草の供給源だった。古い時代には広範囲に焼畑が営まれ、アワ、ソバ、マメなどの雑穀類を栽培し、それは米以上に(米は年貢や販売にまわることが多かった)食の柱だった。また魚、ワラビ、フキ等、山の恵みも多く、いざという時の食糧基地でもあった。(ヤマには必ず川があったし、川の再生産力というものは想像以上に大きい。大切なたんぱく源)このようであったから近世までは水争いとともに山の境界をめぐる出入り(ムラとムラのバトル)もしばしば発生した。それほどに暮らしに不可欠な場所だったのである。里山からもっと先、奥山や山岳地帯はマタギや林業関係者を除けば山岳信仰、山中他界、修験の世界だった。それはまた修験者たちを介して人々の精神の基礎を形作っていた。伝統社会における宗教は寺であれ神社であれ修験と地続きで、そのような形でも人々はヤマとつながっていたのである。

 ヤマは里(集落、田、畑)とはまた違う文化エリアである。私たちはこれまで農業についてはあれこれ言い、実践もしてきた。つまりは里という文化エリアを活動の場としてきてヤマについては手をつけないできた。しかしそれでは田舎の半分、それも表側しか見てないことになる。それはそれで面白いが、やはり奥行きに欠けるといわなければならない。ヤマには里にない沢山の素材が眠っているはずだ。それを掘り起こし、現代的にアレンジしていけばおもしろい場所となるだろう。具体的な中味(例)についてはレジュメに譲るしかないが、そんな難しいことを言わなくとも冬の日差しを受けて雑木林を歩み、流れでる小さな谷筋をながめているだけでも一日楽しめるだろう。大事なことはヤマでは活性化する自分の身体や精神の層が里の生活とはまた違うということである。ヤマでなければ活性化しない身心の層がある。それは自分の中の子どもだ。子どもは半分は人間界に属しているが半分は自然、野性を生きる中間的な存在だ。実は里山も同じ中間的なエリアなのだ。そこはむろん人間の管理が入っている。しかし里のように裸地にして人間の都合だけの秩序を作ることはしない。半分は自然の生態系が維持され、自然の自己復元力が強く働いている。そのような場所はおもしろいし、教育力も高く、人の身心の古層を活性化する。かって子どもは大人に連れられて、また子どもたちだけでヤマに入り、人生に必要なことをすべてそこで学んだ。ヤマはこれ以上ない学校だったのである。

 現実のヤマはもう50年以上前に見捨てられ、荒れて、今はイノシシやサル、シカの住み家となっている。戦後の薪炭から化石燃料へのエネルギー革命や農業の近代化、消費文化の浸透、モータリゼーション等々でヤマは歴史から消え去った。しかしヤマと同時に人生や暮らしにとって大事な何かをも捨ててしまった気がするのである。むろんヤマを復活させることなどできないが、その捨てられてしまった大事な何かを、イベントとして、また事業として取り出すことはできるし、それは刺激的で現代的なテーマであるはずなのだ。

 このように「ヤマ」を開拓することで私たちは都市、里、ヤマというそれぞれ異質な文化エリアを往還する生き方を手に入れることができる。それは自分の身体と精神の全的活性化を促すであろうし、そしてまた定住革命、農業革命、高度産業資本主義と進んできた人類史の身体的復習として最も深い知性と癒やしをもたらすに違いない。 S
c0177665_22314951.jpg

[PR]
by kurashilabo | 2013-12-27 22:32 | 鈴木ふみきのコラム | Comments(0)

ふみきコラム 荘園制?!

 先日、北海道のN氏が郡山に用事で来た折、その足で農場に寄ってくれ久しぶりに雑談した。(N氏は35年前の農場スタッフ)「そろそろ新しい場所を開拓するのもいいかなぁ。海の見えるところとか。」「北海道のどこそこではすぐに使える家と牛舎と30ヘクタールの牧草地つきの物件が300万で売りにででいる」とかそんな話しであった。ぼくの方は「ひと山買おうというような話もあり、そんなところで何かオモシロいことを始められたら」とか「都市部にショップ(ショーウィンドゥ)が必要だ。」とかいう話しをしたと思う。昔から言っている、都市と里と山を結ぶ構想である。1時間に満たないとりとめない会話だったが。不意に「荘園制を復活する」というアイディアが浮かんで、これはいけそうだと妙に自分でウキウキしたのである。そしてその日のうちに「荘園“やさとの荘”の立荘について」という企画書(?)を楽しく書いて夜更かししてしまったのであった。

 荘園制の復活とは今後10年ないし数十年で地方が「荒地化」していくのであれば、そこをわれわれ(主に都市から地方に移民した人たち)の力で「再開拓」し「荘園」化してしまおうというものである。さして広くはないが、狭いともいえないエリアに(旧やさと町程度)中小の事業や活動を立ち上げ、その連携で独立色の強い(その中で衣食住の基本はまかなえる)小経済圏を作るのである。
 見捨てられた地域の諸資源や技能等々を現代的に再編集するといってもよい。田舎には実に多くの資源が眠っているものだ。また、それをあえて荘園「制」と言った訳は、「われわれ」はアイディアや労力はあってもお金が無いので、その荘園を都(ミヤコ)の有力者(お金持ち、シルバーなど)に寄進し、その保護を求めようということである。
 オーナーたちにとっても、日常的には荘園の物品が貢物として届けられ、いざという時にはそこに行けば生活できてしまうという自分の荘園があるというのは、人生のセーフティネットとしても、はたまた精神生活としても大いなる豊かさをもたらすのではなかろうか。都市の人と荘園が相互に寄進しあうというこの制度(?)はまた荘園内の経済がいわゆる商品経済だけで回る場所ではないということの端的な表現でもあるだろう。

 さて旧たまごの会は40年前の社会の中に生まれた。そしてその後今まで、暮らしの実験室と名称を変えてからも初期に作られた思想や活動の枠組みの中でやってきたと思う。むろん時代の変化と共にやり方を変えたり、気がつかなくとも経年変化していったところもあるだろう。微修正を繰り返しながらやってきた。しかし基本のフレームを作り変えたことはなかった。宇治田氏から農場を引き継いだ時、あるいは暮らしの実験室として再スタートした時、活動の第2ステージを展望しようということが語られはしたが、具体的にはイメージできなかった。(しかし“やかましむら”の活動や色々なイベント、“やさとカフェ”の活動等々は、第2ステージの議論が無ければ出てこなかったとはいえる)
 初期のフレームは世界大では冷戦構造の時代であり、経済的には日本が高度成長を達成し、右肩上がりが当たり前の時代であり、人口も微増していた時代に作られたものである。その「近代化」が不可避的に生みだしていた諸問題(公害等)があり、たまごの会は農業の近代化が生み出す食べ物の劣化に対し、有機農業ということばを対置したのである。(たまごの会の特異性はそれを産直という形ではなく、自給農場を作るという形で進めたところにある)しかし40年経てば時代は変わる。世界大では冷戦構造はすでに昔話である、アジアの政治地図も激変した。経済もかってのような右肩上がりは無理で、人口も減少過程に入っている。様々な公害も技術的あるいは制度的に改善されたし、食の安全も生産者の意識も変わりチェック機能も働いてかってのような危険レベルではなくなっている。農業に来る人の関心も農業や食の安全ではなくて、むしろ生き方やメンタルなものになっている。

 どんな人間もどんな活動も気付かなくとも時代の制約を受け、時代のニーズの中に生き死にしている。時代が根本的に変化したのであるからそろそろ枠組み(OS)を変えるべきではなかろうか。暮らしの実験室もいろいろなイベントや“やかましむら”の活動を通して多くの若い人たちが来るようになり、また(これは実は暮らしの実験室の活動ではないのだが)“やさとカフェ”の活動を介して地域の様々な新住民との関係も生まれ、微力ながら蓄積してきたものがある。そこに数十年のうちには「地方消滅」というありがたい御託宣もあり、今なら新しいOSを構想することも可能だと思うのである。荘園制の中味については別紙レジュメに譲る。 S
[PR]
by kurashilabo | 2013-12-21 14:52 | 鈴木ふみきのコラム | Comments(0)

迷い猫エイミーが子猫を産みました 里親募集中!

12月8日の早朝4匹の子猫が産まれました。
そのうち2匹は早朝だったこともあり、人間の目も届かず不慮の事故で死んでしまいました。
あと2匹は無事に育っています。

ほとんど全身白毛と、白黒の八割れ柄の子です。

ガリガリで小さくて病気もちのエイミーですが、よく食べて乳をやって育てています。

このまま農場で飼うのはちょっと難しいので、里親募集しています。
関心ある方は農場まで連絡ください。

0299-43-6769
c0177665_1137507.jpgc0177665_1138223.jpg
[PR]
by kurashilabo | 2013-12-17 11:38 | お知らせ(告知) | Comments(0)

ふみきコラム 12月14日

 「空き家バンク制度苦戦」という新聞の記事に注意を引かれた(朝日茨城版)。この制度はお隣の笠間市が景観上、また防犯問題となっている空き家を、行政が間に立って所有者と利用希望者とを仲介しようというものである。記事はそれがうまく機能していないというものだが、驚いたのはそこではなく、笠間市の空き家は2008年で4270戸、今はもっと増えているはずという数である。最初は単位が間違っているのではないかと思ったが、笠間市の人口は7.7万人程度で戸数28,500戸であるから戸数比で1.5割くらいだからありうることだ、ひと桁間違っているとしたらむしろ少なすぎると言われ、そうなのかと了解したのである。むろん空き家とは言ってもどれも暗い背景ばかりではなく、家を新築したのでというのも少なくないだろう。しかしその多くは家を守っていたお年寄りが亡くなったり、子どもに引き取られたりというケースだろう。笠間市は焼き物の街としてその中心街はおしゃれで、観光客も絶えない。その笠間市にしてこの数字である。いろいろ考えさせられた。

 このあたりに限らず地方の農業経営は安楽死してから久しい。農家経済自体はむしろサラリーマン家庭より豊かでどの家もりっぱだし、車も一人1台ないし2台もっている。しかしその収入の8割以上は勤めに出ていたり、年金であったり、土地を売ったりしたもので農業経営によるものではない。だから「農家栄えて農業滅ぶ」という安楽死なのだが(いわゆる第2種兼業化)。ほんのひと握りの農業経営する農家を除いて農家の安楽死がいわれてからもう30年以上経つ。
 そして農業経営から離脱した農家が抱えているその田や畑を営々と維持管理してきたのは年寄りたちであった。彼らが田の畔の草を刈り、(メインの作業は地域のライスセンターに委託することが多い)作るアテのない畑にトラクターを入れたりして荒れないようにしてきたのである。その年寄りたちが自然の摂理としていよいよ退場しつつある。空き家の急増はそのことをよく物語っているのだろう。

 身近なところでもそう感じることが多い。昨年までは腰を打って足を引きづりながらもサツマイモを作り、田の管理をしていた中島のジイさんも今年は一度も見なかった。戦中世代で90に近いのに矍鑠(カクシャク)としていたのだが。イモを作っていた畑は荒れ、農場もイモヅルやクズイモがもらえなくなった。あるいは昨年まではタバコを作っていたのに(農家に現金収入をもたらす数少ない作物のひとつ。)その畑をいつの間にか新規就農の若い人が使っていたりする。畑で作業していたら、「もうこの畑も空けるから使ってくれないか、地代はいらねぇから」と声を掛けられ必要もないのに借りて使っている畑もある。何事もなく日常が過ぎていくようでありながら、風景は確実に変わっていく。
 この人口減少傾向は今後更に加速し、30年後、50年後には少なからぬ地方自治体は限界集落ならぬ限界自治体化し消滅していくのだという。これはいい悪いではなく人口動態からみるとそうならざるをえないのだそうだ。(「中央公論」12月号、増田寛也+人口問題研究会報告)朝日新聞の論壇時評に紹介されていたので読んだこの記事は確かに「暗い未来」である。過疎が進む、ではなく地方は消滅していくのか・・・。

 しかしこの問題に対する私の立場は微妙である。暗い気持ちになるどころか妙にウキウキしてしまう自分を正直に告白しなければならない。ヒンシュクは承知してるのだが。去る者は去れ。いよいよわれわれの時代がやってくる。(もっとも自分自身についていえばわれわれの時代がやってくる前に自然の摂理として去らなければならないのだが。気が付いてみれば。)今後更に空き家は増え畑は遊休化して「荒野」になっていくということである。
 いわゆる里山は50年も昔から荒れ放題で今はイノシシやサルの住み家となっている。その「荒野化」が今後急速に進み、小さな自治体は死に体となっていく。そういうことだ。しかし繰り返し言っているように都会に出自をもつ私たちのような人間が、田舎に住み農業の如きことをしていられるのはその「荒野」という空白域が田舎に発生したからだ。私たちのこの農場にしてもそうで、この場所はもともと松林であったが(平地林)、1970年代にはもうそこは生活上も財産上もほとんど無用のものとなっていたから借りることができた訳である。そのような人間が「荒野化」を嘆いてみてもそれは欺瞞というものだろう。私たちにとって広大な「荒野」は再開拓を待つ何でもありの魅惑の大地なのである。そう言うべきなのだ。 S
[PR]
by kurashilabo | 2013-12-14 11:19 | 鈴木ふみきのコラム | Comments(0)