<   2011年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ふみきコラム エネシフトナウ

この機会に農場のエネルギー事情を見直そうということになった。一番の眼目は月6万以上かかっている電気料を限りなくゼロに近づけようということである。最初は原子力発電分3割減と考えたが、ここはもっと過激に「エネシフト・ナウ!」なのである。

都市生活、とりわけマンション暮らしなどは現代のエネルギーのインフラを前提に成り立っているので節電程度のことしかできないかもしれない(それもむろん大事)。しかし農場ではいろいろな工夫が可能だ。薪でご飯を炊く(現在はガス)、エコトイレ(糞尿の堆肥化、現在は水洗)ムロを作る(野菜の保冷庫は使わない)、風呂は太陽熱で、等々。地震で3日程停電した時、その不便さが意外と新鮮で、懐かしい感じさえしたのだ。日ごろは気付かないが私たちはもう過剰な便利さにあきれているのではないか。エネルギーを沢山使って便利になればなるほど失われていくものがある。ある種の身体感覚のようなもの、多種多様な環境情報。便利さ、快適さは豊かさではない。電気料をゼロに近づければそれだけジョイフルライフになる、そのような方向での「暮らし方革命」というのもおもしろいのではないか。

鈴木流に言えば新石器革命以後の人類史を復習するという事である。これは“実験生活”ではあるが、3.11以後の時代を生きていく時その感覚はどこかで役に立つはずだ。が、その前にエネルギーというものを原理的に復習しておこう。

エネルギーという側面からみると農業やここの暮らしはどうみえるのか。(中学の理科の復習のようで恐縮ですが。)御存知のように、物理法則に逆らって物を動かすにはエネルギーが要る。りんごが落ちるのは物理法則だが、落ちたリンゴを持ち上げるにはエネルギーが要る。この場合は筋力で、体の中で炭素(C)を燃やして(O2)エネルギーを発生させている。そのCは一般には食物としてとり入れ、O2は呼吸によってとり入れる。生物の体は実に効率の良い燃焼機関で、ご飯と魚と味噌汁くらいでかなりの重労働(仕事)ができる。ナマケモノなどは体温を少し下げ、ゆっくり動くことで、なんと1日手の平大の葉7枚で生きていけるそうである(スローライフ!)。でそのCはどこからくるかといえばそのほとんどは緑色植物の光合成による(化学合成の話は省略するとして)。光合成はいうまでもなくCO2とH2Oから光エネルギーを利用して有機化合物(でんぷん・C)を作る働きだ。そこで光エネルギーが化学エネルギーに変換され、(光エネルギーを炭素として蓄え)それを燃やして(呼吸)あらゆる植物の生長も、結局は動物の活動や運動も為されている訳である。

夏の野山は一面の緑だが、それは太陽パネルと同じで、ボー大な量の光エネルギーをとり込み、化学エネルギーに変換して蓄えていることになる。だが残念な事に自然状態の化学エネルギー(C)はほとんど人間は利用できない。薪や炭、あるいは少々の狩猟採集くらいで大変効率が悪い。農業という営みは、いわばその太陽パネルを人為的に組織し、できる限り効率良く人間が利用できる形にするということだ。基本は食物として取り込むということだが、馬車が動くのもそうだし、林業まで含めれば薪や炭、建材などもそうである。農業社会とはこの緑の太陽パネルが生み出すエネルギーによって動く社会のことであり、それは現在の光エネルギー(太陽)を利用するシステムだから、エネルギー量は大きくはできないが(加速度がつかない)永続性がある。(続く)
[PR]
by kurashilabo | 2011-06-24 22:08 | 鈴木ふみきのコラム | Comments(0)

原発という危うい土台の上で生きてきた

地震が起こって、停電生活を通して、やっぱり人は自然の中で生かされているんだ、とか自分以外のみんなとの協力の中で生きているんだとか、そういう事の大切さを感じた。支援の事も、自分たちが手を伸ばせる範囲で手を伸ばす。みんながそう思うことで、自分たちも助けられ、そしてより大変な人を支援する事ができる。そういう相互協力の芽が生まれた。

しかしそこに放射能の事が入ってくると話は全く別になる。規制値以下だとしても、そういう野菜を子どもや将来出産予定のある女性に勧める事が自分たち的にどことなくひっかかるようになった。そこから言える事はただ一つで、つまり原発とは何だったのかという事だ。そんなものが存在していた世の中とは何だったのかという事。危うい土台の上にどれだけ見せかけの繁栄を築いてもそんなものは全く何の価値もなかった。ただ砂上の楼閣にすぎなかった。

似たような問題に、都市と農村の関係がある。農学原論にしても都市経済論にしても、望ましいまちづくりは、中心に文化施設や憩いのスペースがあり、その周りに商業区、その周りに居住区、その周りに農業区があり、その規模は中心までのアクセスが容易な範囲である(他の説もたくさんあるが)。

日本の場合、東京という世界的な大都市があり、それを中心にしたまちづくり(この場合は国づくり?)になっていて、埼玉は居住区で、茨城県は農業区で、エネルギーは新潟と福島で、という具合に巨大なエリアを形成してきた。農業区に住んでいても電車で30分程度で文化施設にアクセスできなければ、実質その恩恵は受けられない(都市の人間が電車で90分もかけないと土に触れられないという事もまた逆に言える)。ともかく結果としてそういう国づくりをしてきたのだ。

映画の上映会やカフェ作りを通して地域のコミュニティー作りをやろうとしている。震災時の相互支援の経験もだし、茨城に住む以上ここの人がここの野菜を食べなければ、それはここでは住めないという宣言をしているようなものだからだ。しかし茨城が茨城という地域で自立して何かをやっていけるのか。茨城は東京という大都市を前提として生存してきた県であり、これまで自分たちだけで生きていく道を探った事がない。まぁしかし食べ物を育てる事はできる。都市はなんでもモノは集まるが、自分たちで作ることはできない。東京のあるお店の席で客が農作物がどこ産か気にする話(「茨城産なの大丈夫?」など)をしていた、というのを聞いたが、ちょっと調子に乗りすぎな気もする。一つの経済圏を大きくしすぎたために一体自分が誰に支えられていたのかに気が付かないのだ。そんな人たちには虚勢だろうがこう言ってやりたい「お前らなんかに野菜売ってやらねーよっ!!」って。そんな事を一人の農民が言ってもなんの威力もないけれど、メッセージの持つ意味はあるはず。

自分たちにはこの構造の土台を覆すような力はないけれど、せめて、なるべく自然に寄り添う暮らしをし、地域とつながりながら生きていきたいと思う。

イバ
[PR]
by kurashilabo | 2011-06-24 22:05 | 週報からの抜粋 | Comments(0)

豚舎から

普段家畜に関わっていても「畜産って何だろう?」と思うことがあります。例えば食糧危機の話になれば、必ずと言っていいほど肉食の話が出ます。品種や飼育法によって差がありますが牛肉1㎏生産するのに約10㎏の穀物が必要で、豚肉なら約4㎏、鶏肉なら約2㎏必要だから肉食は人口保養力が低いという話です。しかし本来の畜産(animal production)は人が利用できないものを、良質なたんぱく質(乳・肉・卵)にすることです。人は米や軟らかいお野菜は食べれても、藁や芒は食べれないですから。さらにベルギーの古い諺に「飼料がなければ家畜がない。家畜がなければ肥料がない。肥料がなければ収穫がない。」というのがあります。冷涼・寡雨の乾燥・半乾燥地の西ヨーロッパにとって、地力維持のために家畜の糞尿は欠かせないということを示しています。つまり畜産とは植物と家畜とが有機的に結合、循環しながらそれらの生産力を向上させていく有機農業の一部門であると言えます。一方日本は西ヨーロッパと違い、温暖多雨の条件下で水田という仕掛けをつくれば、イネを何年も連作することができました。地力維持は刈敷程度で高い生産力を上げることができたため、西ヨーロッパとは異なり家畜が農業に結合する必要性はなかったのです。さらに天武天皇の食肉禁止令により、明治になるまで日本には畜産がなかったと思われます。明治になって招聘した外国人教師に、日本を「無畜農業国」といわしめたぐらいですから。では日本には明治まで家畜(人になれた動物→domestic animal)がまったくいなかったかというと、そうではありません。軍用、運搬用、交通用の牛馬はいましたし、自給程度に鶏は放し飼いで飼われていたのです。そのような状況下で明治を迎え、家畜を輸入し日本でも厩堆肥を用いた本格的な?有機農業が始まったのでしょう。ここまでは立派な農業発展だと思います。しかし日本農業は戦後、化学肥料・農薬・除草剤を使い、機械化・専業化をはかりました。さらに国際分業論により、家畜飼料を輸入することが当たり前になりました。牧草地がなければ家畜糞尿は還元できず、あっても化学肥料を使うことで、家畜糞尿はたちまちいらない「ごみ」になったのです。さらに家畜の改良は、より短期間に育ち、より大量に生産するように改良され、結果畜舎に押し込めて、穀物を多給する工業畜産(animal industry)となりました。畜産が環境破壊するのも、肉食が食糧危機を招くのも、人間がいかに物質循環を崩してきたかということだと思います。農業そのものが環境破壊だと言われる人がいますが、農業者は自然にたちむかいながらも、自然を愛し、守り、調和を保っていく責任があると思うのです。

小松
[PR]
by kurashilabo | 2011-06-24 21:09 | 週報からの抜粋 | Comments(0)

ふみきコラム 渋谷のデモに行ってきた

6.11脱原発全国行動の呼びかけがあって渋谷までデモに行ってきた。
当日農場は田んぼの除草日で、人が来るので他の人は動けず一人だけの参加となった。東京の空気も吸いたかったし。若い人のファッションに見とれたり、「オー!ここがあのNHKか」などと、ほとんど「おのぼりさん」気分でした。

デモは「エネルギーシフト」というネットワークが企画したもので、穏やかなものでした(グリーン&ピース?)。音楽に合わせ風船と花を持って渋谷・原宿あたりを一周して終わり。一人さびしく参加かと思ったら、思いもかけず会場でYちゃんやM君(しばしば農場に来てくれている)と一緒になり楽しい一日となった。

デモをしたから何がどうなる訳ではないが、こうしたデモを政治行動としてみるのは妥当ではない、おそらく。自分としては政治的効果よりも、一日をそのために使うのはフクシマを忘れないため、祈りに似た行動だという気がする。それはたぶん災害現地にボランティアで入るのと同じく本質的に「贈与」的なものなのだ。今は全く見かけないがその昔、日蓮宗の僧侶や信者が列を作り、タイコを打ち鳴らしながらナンミョーホーレンゲキョーを唱え歩いていたがそのようなもの。あるいはずっと昔、時宗の人々が(時衆)ナムアミダブツと念仏を唱えながら街道を踊って歩いていたようなもの(踊り念仏)。性格的にはそれに近いと思っている。今回は「エネシフト・ナウ!」という念仏だった。

それはさておき、おだやかなデモもいいが、そこにデモ特有の怒りが感じられないのはなぜだろう。自分の中をのぞいても東電や原発への強い怒りが渦巻いている訳ではない。東電のバカとか、困ったものだとは思うがそれは怒りではない。日頃、畑で隣のオヤジが除草剤などを撒いて、それがほんのちょっとこちらにかかっただけでも一日中不愉快で怒っていたのに。放射能を撒かれて東電に怒らないのはどういう訳だ。当のフクシマからも怒りは響いてこない。無いはずないのに。なぜ本気で怒らないのだろう。それが不思議。原発事故の被害への補償を求めることはできるしそれは当然だ。しかし自分や子供の体が放射能で汚染され将来へのリスクを背負うこと、畑に種をまいたり、その稔りを食することができないこと、家を追われ、故郷を失うというということ、つまり自分の歴史をまるごと失うということ、そういうありえない現実を何がしかの金銭で受け入れるというのは間違っている。そういう性質の問題ではない。全然バランスしていない。見捨てられ、つながれたまま死んで腐った牛の写真がある。それは人ではないが起こっていることはそういうことである。それをそのままにしたら牛も人も土地も「たたり神」になってしまうのではないか?かつて水俣では「怨」という旗をたてて、消費に浮かれる都市民を驚かしめたものだ。しかし、そのように表現され、社会的に押し出されることでミナマタはたたり神にならずに済んだ(のだと思う)。「東電打ち壊し」などというノロシがあがってもよさそうなものではないか。(提案、あるいは扇動するものではアリマセン)。

震災では日本人の内在化された秩序意識が賞賛された(そうだ)。略奪が起こらないとか、並んで待つとか助け合うとか。しかしそれだけが日本の伝統ではない。中世以来「打ち壊し」は日本の伝統であり、江戸時代の一揆はもちろん近代になっても大正7年の米騒動あたりまでそれは続いている。日本人は穏やかなだけの民族ではない。近代化の深化とともに(左ヨク運動も含めて)そのような直接性、肉体性は精神の深奥に閉じ込められてしまったが、60年代あたりまではその残り火がチロチロしていた気がする。内山節にならって言えば、日本人がキツネにだまされなくなった60年代に最終的に人間が変わったのだろう。キツネにだまされなくなった精神はまた身体性を失い、散文化してしまったのである(身体の形而上学化?)。もっとも「東電打ち壊し」の一揆が呼びかけられても、小生などは手足まといであるから参加はしませんが。S
[PR]
by kurashilabo | 2011-06-18 21:57 | 鈴木ふみきのコラム | Comments(0)

ふみきコラム0611

「農場の暮らし方を本気で変えていく必要があるのではないか」という3・11以後の問題意識があって(これはスタッフ間では共有した思い)農場生活全般を見直すミーティングをもった。

この農場は思いの外エネルギー多消費型なので、話は光熱費をどう減らすかということが中心となった。「保冷庫は使わずに室(ムロ)を作ろう。風呂は太陽熱で。エコトイレを復活しよう」など具体的アイディアが並べられた。農場にとってそれ自体は目新しい話題ではないが、3・11を経てそれが話題(妄想)、ないし暮らしの実験から暮らしの実践課題になったということであろう。

それはそれでいいのだが、しかしそれだけで3・11以後の時代に向き合っているといえるのだろうか?今度の震災は単に原子力発電の是非というレベルにとどまらず、文明史的反省を促すものとして、個人にとっても社会にとっても意識の深いところで生き直し、暮らし直しを迫るものとなっていると先回書いた。そのように感じている人は少なくないと思う。現代は基本的にエネルギー浪費社会であり、あらゆるものが過剰でどこかおかしい、このままの社会が続くはずがないという感覚を生きている人は少なくないはずだからだ。そのような潜勢力が震災を機に、社会の基本の枠組み、政治の基軸を変えようという潮流として静かに浮上しつつある気がする。まだ形を成していないし、全体から見れば少数派かもしれないがそれは確かである。何かがうごめいている。

身近なところでは先日、例の「カフェプロジェクト」が隣の旧給食センターで催した「幸せの経済学」上映会に70人もの人が集まった時にもそれを感じた。映画自体はイマイチだったが、参集したそれぞれに「何か言いたい、何かしなければ」という切迫したものがあるように感じられた。あるいは宗教学者の(?)中沢新一氏が某対談で「緑の党」をたちあげると宣言していてこれにも驚いた。震災を機とした文明史的反省を気分や思想のレベルにとどめるのではなく、一つの政治力として確かなものにしようということであろう(勝手に解釈)。

一方、震災を「国難」と呼び、挙国一致で復興復旧に当たろうという大きな潮流がある。安全性を格段にアップした原発、被災者への十分な補償と生活支援、エコタウン建設等々。そういう方向で傷ついた日本という自我を修復し、一体感ある日本を築こうというものである。現在の政治と社会の主流である。この二つの潮流は未だ混沌とし、至るところで様々の人が意見表明している段階だが、遠くないうちにそれぞれがよりクリアーな輪郭をもった政治潮流として登場してくるだろう。

3・11は日本社会の転換点となる。私たちは歴史の曲がり角に立っている。どちらに曲げていくのかということである。「民主と自民の大連立」などという奇々怪々な話を新聞で読むと、何やら油断ならないものを感じる。震災のあと間もない頃、かの養老先生が次のようなことを言っていた。「関東大震災がその後の昭和史に及ぼした影響はほとんど研究されていない。大正デモクラシーの明るい時代から急激に軍国主義に傾斜していった背後には関東大震災が人々の深層意識に及ぼした衝撃があるのではないか。今回の震災もそのように作用する危険がある。」「がんばろう日本」などという合唱をきいていると(農場ウラの飲み屋にもそういうノボリがたっている)その可能性は小さくないと思う(軍国主義になるとは思わないが)好むと好まざるとそのような「政治」の中で、農場も自らの立ち位置を表明することを求められるだろう。「政治」の方が降りてきているのである。

いずれにせよ今度の震災は、補償や復興というレベルで決着する性質のものではない。今後の生き方・暮らし方を問うものとして、社会と政治をどういう方向で変えていくかというところで決着をつけるしかない。私たちはこの曲がり角を、この機会に、私たちなりに曲がることができるだろうか?S
[PR]
by kurashilabo | 2011-06-11 17:20 | 鈴木ふみきのコラム | Comments(0)

農場スタッフ募集!

※農場スタッフを随時募集しています※

暮らしの実験室は有畜複合の有機農業を営みながら、農体験イベントやツリーハウスや縄文ハウスといった住居作りプロジェクトなど、様々な企画を行っています。こうした様々な取り組みを通して、参加する人々と共に深い農的空間を作っています。

このたび生産を担うスタッフを新たに募集することになりました。
お料理が好きで、自給自足的な生活に興味があり、
農作物を作り、企画を通して都市と農村をつないでいくことや
農場を訪れる人々と共に深い農的空間を作っていくことなどに関心のある人大歓迎です。

詳細を知りたい方、応募を希望する方は、メールかお電話でご連絡ください。

mail kurashilabo@gmail.com 
TEL 0299-43-6769

<スタッフ条件>
ⅰ農業に関心のある人
ⅱ農的な空間づくりに関心のある人
ⅲ農場内に住み込める人
ⅲスタッフや滞在者との共同生活ができること
ⅳ年齢、農業経験は問いません
ⅵ料理の得意な女性歓迎

<その他>
ⅰスタッフ候補生の期間が1年程度あります
ⅱ候補生期間中に何か問題が生じたり、お互いに「違った」と感じた場合には期間途中でも辞めていただくことや、候補生を辞退することができます。

<仕事>
主に、生産活動を担うスタッフを募集しています。
鶏、豚の世話、畑作業、出荷作業 など

<募集人数>
1名

<手当> 
当会では、労働に対する賃金としてではなく、スタッフの生活保障の意味で生活手当を支給しています。スタッフ候補生の期間にも一定の手当が支給されます。家賃、食費、光熱費は会で負担しているので、スタッフから徴収することはありません。詳細についてはお問い合わせください。

<保険>
スタッフ候補生期間から、共済保険にはいります(組織負担)
国民年金、国民健康保険は各自で入ってもらいます。

<休日>
1週間に1日(他のスタッフと調整の上)
※農繁期には定期的に休日をとれないこともあります。
※農閑期には長期休暇が相談の上とれます
[PR]
by kurashilabo | 2011-06-05 15:13 | お知らせ(告知) | Comments(0)

農作業のお手伝いを募集しています

夏の農繁期のお手伝いを大・大募集しております!
畑でがっつりと汗をかきたい方、自然の中で体を動かしてリフレッシュしたい方、是非ご来場ください。

■募集日・・・7月2,3日 7月9,10日 8月6,7日(全て土,日)
 ※日帰りもOK。平日も受け付けております。希望日をお知らせください。

■作業内容;農作業全般(ジャガイモほり、除草、堆肥切り替えし、食事作り等)

■費用;無料(※通常の農体験とは異なり、スタッフと同様に働きます)

■作業時間;早朝から日没までの間で6時間以上
※午前or午後のみ作業も可能ですが、食事はご自身でご用意ください。
※到着時間によっては、午後からのみの作業になることもあります。その場合昼食は有料となります。

■申し込み:お電話かメールでお申し込みください。

TEL 0299-43-6769
Mail kurashilabo@gmail.com
[PR]
by kurashilabo | 2011-06-04 14:06 | お知らせ(告知) | Comments(0)

ふみきコラム 山梨で考えた

休暇をとって山梨の自分の家に帰っている間、例年になく早い梅雨入りとかで、2日ほど本降りの雨が続いた。その雨あがり、晴れ間に見た南アルプスに連なる山々の新緑がそれは見事で、しばし見とれてしまった。そしてついもらした感想が「放射能が無いってのはいいなぁ」という色気のないもの。やれやれというところだが、茨城の放射能など騒ぐ程のことはないとはいえ、汚染されているのは事実であるし、気分にも風景にもモヤがかかって晴々とした気持ちになれない。そこでは無垢な美しさというのは失われている。原発から遠く離れた山梨で、今度の震災とは何なのか考えた。

思ったことのひとつは災害とは無慈悲なものだということである。単に何のためらいもなく命や家を奪うことだけを言っているのではない。それは人々の間に越えられない断絶をもたらし分断する。わが子や親兄弟という親密な者を亡くした人と無事であった人、家財産をすべて失った人と元の暮らしが続けられる人、フクシマ第一周辺で住み慣れた土地を追われた人と、そのほか大勢の人、その間には越えられない断絶がある。それは誰の責任でもなく全くの偶然なのだが、人が仕分けられ、それぞれの生活と将来は一変する。そして誰もその人にとって替わることはできず、それぞれの現実を耐えて生きていかなくてはならない。

思ったことのいまひとつは、何かこれまでの日常風景が壊れて、安定した日常に隠されていたその本質、本当の姿が露出したというような印象がある。地震と大津波という強大な地球的自然力が一瞬にして、人間の営々たる暮らしと技術を相対化してしまった。一人ひとりの人間のこの世の実存など全く意に介することなく。膨大なガレキの山は、私たちが確かだと思っているこの風景など自然史の中では一瞬の幻影に過ぎないことを思い知らしめた。あるいは近代というものはこれだけの物量の上にあったということ、近代とはつきつめればこのガレキの量なのではないかとも思った。原発事故も飼い慣らしていたはずの原子力とは野生のまま放たれればこういうものだったのだということを教えた。それは巨大化した近代技術の敗北のようにも見える。何かが「露出」したのである。こういう言い方はよくないのかもしれないが、それは見るべきものが見えた瞬間でもあったといえる。

この災害が多くの人が行き詰まり(息づまり)あるいは先の見えない気分を生きている今の時代に起こったという事の意味を考えるべきかもしれない。もしこれが1960年に起きていれば衝撃はこれほど大きくなく復興だけが問題となっただろう。文明史的反省を促すものにはならなかったはずだ。
しかし2011年の現在にそれは起こったのである。濃淡はあれ、その「露出」に接した人はもう元の日常をそのまま生きることはできない。むろん日常は早晩戻ってくる。しかしそれは元のままの日常ではない。どこかに生き直し、暮らし直しをはらむはずなのだ。この災害に希望があるとすれば、その自覚をおいて他にないのではないか。S
[PR]
by kurashilabo | 2011-06-04 13:03 | 鈴木ふみきのコラム | Comments(0)