<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ふみきコラム 家畜の断章(2)

「飼う」という行為を純粋贈与と考えると、「家畜」と呼ばれている動物たちの飼育はどうなのであろうか。
この問題にはしばしば触れているがなかなかやっかいなのである。おそらく「家畜を飼う」という言い方自体が本当はおかしいのだ。「家畜」というのは経済のことばである。卵であれ食肉であれ、それを得る目的で手許におく動物を家畜と呼んでおり、それは経済である。そこでは飼育という労働があり、卵や肉という生産物がある。これは工業生産の論理である。あるいは飼育というgive(贈与)があり、卵や肉というtake(お返し)があると身勝手に考える事もできるかもしれない。しかしこれも交換の論理で経済である。

一方、「飼う」は経済用語ではない。家畜と名付けようと目の前にいるのは生身の、自分と変ることのない生き物で、彼らを飼うことに於て犬や猫と本質的違いがある訳ではない。家畜用の飼い方などというものはない。飼うは飼うでしかなく、よりよく飼おうとすれば純粋贈与となっていく。そこで飼育者は困る訳である。「家畜」ということば、つまり経済の論理でいこうとすれば彼らを「経済動物」と呼んで、生身の生き物とは考えないようにするしかない(大半の畜産家は実際にそうしている)。しかし残念ながら経済動物などという動物はいない。その強弁の極北に近代畜産という狂気が現れる。

一方、「飼う」にのめり込んでいく人は次第に畜産から逸れていく。この農場の場合、3分の1位の動物たちはすでに畜産ではない。それはコスト感覚がないからではなく、素人なりに、いや素人だから飼おうとしてしまうのである。畜産家としてはナイーヴ(幼稚)にすぎる訳である。これはこれでまた奇妙なものとなる。この両方が矛盾なく成り立つ論理はこの論理立ての中にはたぶんない。そこでそれはペンディングにして別の方面から考えるしかない。おそらくそこには「家畜化論の貧困」という原因があるのだ。(だんだん理屈っぽくなって恐縮です)S
[PR]
by kurashilabo | 2010-10-30 15:04 | 鈴木ふみきのコラム | Comments(0)

ふみきコラム 家畜の断章(1)

僕は今、この農場で「シロ」という犬と「ババ」という猫を飼っている。
むろん食用ではなくペットである。猫はともかく犬は大変だ。暑かろうと寒かろうと、雨の日も風の日も、疲れ果てて腰が痛い日も風邪気味でも散歩に連れ出さなければならない。日常がほとんど自然ばっかりなので今更自然にふれたいなどということは全然なく、それはほとんど苦行である。

この苦行を続けてきて最近僕はハタと悟ったのだ。菩提樹の下ではなく川の土堤で。シロがクソをたれるのをながめながら。「ペットというのはひたすらの贈与なのだ」と。純粋贈与というのは相手が人の場合は現実にはありえない。相手に負債感を与え、何かしらの『お返し』を陰に強制することになるからだ。しかし犬や猫は何ら負債感をもたないし、『お返し』など考えない。シロが「腰が痛いのならおもみしましょうか」という事もないし。ババが時々枕元に持ってくるネズミもお返しではないだろう(たぶん)。そしておそらく純粋贈与という精神と行為がその人自身を救済するのだ。ペットが癒しになるというのはたぶんそういうことだ。

また不思議な事に、「かわいい(いとおしく思う)」という感情、相手との一体感のようなものもこの純粋贈与の精神と行為とともに発生し深まる。幼児(ことばを解する以前の)と母親の関係を考えるとわかり易いかもしれない。そこにあるのは母親のひたすらの贈与であり、いとおしさと一体感である。「お返し」は普通そこでは期待されない。(ちなみに育児と飼育は行為としてみた場合同じである。似ているのではなく。)だが子どもとはいえ人間なので、ことばを解するようになると純粋贈与とはいかなくなる。小憎らしくなる、いやかわいさの質が変わっていく。だが相手が動物の場合はいつまでも幼児でいてくれる。成長ということがない。そこがありがたいところである。(つまらないところでもあるのだが)私たちは(とりわけ現代人は)人や動物、植物、あらゆるものから引き離されたさみしい存在だ。散文化した世界でどこまでも孤立している。アニミズムからはるかに遠い。そういうなかで、ひたすらの純粋贈与だけが私たちをアニミズム的一体の世界に近づけてくれるのではなかろうか。動物を飼ったり植物を育てたりするということはつまるところそういうことだと思う。では相手が「家畜」と呼ばれる動物たちの場合はどうなのであろうか。その話はまた。S
[PR]
by kurashilabo | 2010-10-24 14:57 | 鈴木ふみきのコラム | Comments(0)

収穫祭へのお申込方法


※参加受付締め切りました※

■収穫祭概要

【日時】10月31日(日)10時~16時
   天ぷらバス利用の方は、新宿西口を8時に出発して10時に農場到着予定です。

【参加費】
 A)大人3,000円 小学生以下1,500円(乳幼児無料)
 B)大人7,000円 小学生以下4,000円(新宿-農場往復バス代金込み※1)
 ※3歳以下の乳幼児はA,B共に無料です。

 A)収穫祭参加費のみ
 B)収穫祭参加費+往復バス交通費込み

【お申込方法】
以下のURLをクリックして必要事項を記入の上お申込ください。
http://my.formman.com/form/pc/ladV6VZPoSCbBoAI/

天ぷらバス利用の方は申込後、ツアー企画団体から振込先の連絡がいきます。
振込み確認後バス予約完了となりますので、お早目のお申込をよろしくお願いします。
[PR]
by kurashilabo | 2010-10-04 16:37 | お知らせ(告知) | Comments(0)