<   2010年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ツリーハウスのある農場 そんな風景

2月からはじまった「農場の敷地内にデッキ付きツリーハウスを建ててしまおう」という取り組みも、3回目のワークショップを迎え、参加者も多く楽しく作業が進みました。

 ↓ここまで進みました
c0177665_17151383.jpg


★今回行った作業
1)前回つくったデッキ部分のカット、補強、塗装。
2)第2デッキの基礎の打ち込み。
3)デッキに上がる階段部分の基礎づくり。
c0177665_17141426.jpg


今回は子ども2人を含む家族4人での参加もありました。
子どもたちも一緒に作業しましたよ。
c0177665_17361815.jpg

c0177665_17144063.jpg


今回も作業をするだけでなく、ツリーハウスを作ることを通して、森や木についても関心を深めていきたいと、森とエネルギー研究所の大野航輔さんを講師としてお招きして「森林ワークショップ」開催しました。

大野さんから日本の森の事情、木材のこと、エネルギーのことを学び、そして、東京多摩のヒノキの間伐材を使って、マイ箸を作りました。

c0177665_17145188.jpg


c0177665_1721116.jpg

日本は国土の7割が森林なのに、たくさんの木材を輸入しているので、フードマイレージならぬ木材マイレージがとても高いこと。
送電線を使って送っている電気というエネルギーがとても無駄が多いこと。

森のためにも日本の木材を使うこと。
環境負荷を減らすためにも「熱エネルギー」を見直すこと。

そんなことが心に残りました。
c0177665_1715066.jpg

[PR]
by kurashilabo | 2010-04-25 16:58 | (ツリーハウスまとめ) | Comments(0)

2010.4.10分(レギュラーセット)

今週の野菜セットのコーナーですが、しばらくお休みしていましたが再開します。
それに伴い、野菜セットに付属の農場週報「オーガニックファームウィークリー」にある、「セット内容の説明」をブログに一足先に載せることにしますのでお楽しみください。

=====================================
風に温もりと心地よさが感じられ、桜も今がまさに満開ですね。咲き乱れるソメイヨシノの並木ももちろんきれいですが、静かに立つ山桜の花の淡さと葉の紅もまた趣深いです。農場入り口の田んぼでは雨がえるの鳴き声が木霊しています。目にも耳にも肌にもまさしく春が感じられるようになってきました。
今週の箱のなかみも葉モノが中心となります。先週に引き続き、ほうれん草と小松菜が入ります。どちらも青々として食べ頃です。こかぶはまびき菜としてですが、葉だけでなくかぶも十分楽しんでいただけるかと思います。鶏出汁スープの具としても適役です。ルッコラ、リアスからし菜、リーフレタスはサラダセットとして包みました。ルッコラもからし菜もトウ立ちをはじめていますが、やわらかくて美味しく召し上がっていただけると思います。加えて少量ですが、農場産のとうがらしをおつけいたします。暖かくなってきましたので、到着後の保存にもご注意くださいますようお願いいたします。ごぼうと人参、椎茸は高橋さんからの仕入れになります。B

c0177665_17271130.jpg
●ほうれん草 200g
●小松菜 350g
●こかぶまびき菜 300g
●サラダセット 150g
●ごぼう 400g
●人参 300g
●椎茸 120g
●唐辛子 10g
(*レギュラーセットの分量です)
[PR]
by kurashilabo | 2010-04-09 17:36 |  L 今週の中身 | Comments(0)

11匹の子豚

久しぶりに子豚が生まれました。
ハチの字眉毛みたいなしわのあるハッチという黒豚が、11匹の子豚を無事に産み落としました。
今年から豚の担当になった新スタッフのあやちゃんは、つきっきりでお産に立ち会いました。
c0177665_1665229.jpg


一頭目の子豚がでてきてから9頭目までは3時間くらいで生まれました。
そのあと、もう終わったのかなーと思っていたら、数時間後にもう2頭でてきました。
合計11匹。

子豚たちはコタツのはいった小さな部屋にいれるのですが、2時間おきに授乳します。
授乳のタイミングになるとハッチは横になって仔豚たちを呼びます。

部屋の扉を開くと、我さきにと子豚たちは母豚のお乳を探しに集まってきます。
なんともかわいい光景です。
c0177665_16104218.jpg
[PR]
by kurashilabo | 2010-04-09 16:11 | レポート(報告) | Comments(0)

つくいち3回目

つくいち3回目出店しました。

今回は満を持して漬物がめでたく販売されました!
茨城県では漬物販売に許可がいるようで、食品衛生責任者講習会の受講から、井戸水の検査、保健所の申請・調査を乗り越えてようやく晴れて販売できる運びとなりました!!

さっそく今月はにんじんの味噌漬けを出しました。冬越しした甘いにんじんに程よく味噌と塩味が利いて抜群においしく仕上がりましたよ。つくいちでは試食もしていただいて好評でした。
c0177665_15493720.jpg


もひとつ、変な写真が写っていますが(笑)、つくいちに本当はミニブタや鶏を連れて行きたいのですが、それができないので、せめてもの気持ちを体で表現してみました!黒いエプロンに、フェルトを切り貼りして作りました♪ 寒くて上着を着ているので分かりづらいですが、肩紐のところが耳になっていますよ。右のブタは口にペンが引っ掛けられるようになっていて、ペンによってワラや草を食べているように見えるのです(笑)
c0177665_15494777.jpg


来月はつくいちは5月2日ですが、暮らしの実験室はやかましイベントと重なっているためお休みです。
6月についてもイベントと重なっているのですが、どうにか出れるよう調整しています。

農場内で反省会をしている時に店舗形態についてのすごいアイデアが出たので、6月はそれを反映したお店作りにできたらと思っています。内容は秘密という事で、ぜひ、つくいちに遊びに来てください。
[PR]
by kurashilabo | 2010-04-08 16:04 | レポート(報告) | Comments(0)

キッチンから 4月

最近農場では鶏肉料理を楽しんでいます。昨日は大根と鶏肉の煮物。まず、大根を煮て(昆布だし、酒、砂糖、醤油などの煮汁で)、一口大に切って下味(酒、生姜、醤油、砂糖)を付けた鶏肉を加えて、落し蓋してしばらく煮る。最後に刻み柚子と胡麻油を少し加えて出来上がり♪農場の鶏肉は硬めなので、圧力鍋を使うのもお勧めです。30分ほど加圧したらとても軟らかくなりました!あと、フードプロセッサーでミンチにしても使いやすいです。生姜、ネギ、片栗粉、卵、塩、胡麻油と一緒に練り、椎茸に詰めて焼いても美味しかったですよ♪椎茸に片栗粉をまぶしてから詰めるのがいいですね。卵に鶏肉まで。。鶏さん、いつもお世話になっています。A

野菜セットには葉物が多い今日この頃。サラダやお浸しなどシンプルに頂くのがその野菜の味がよく生きるので好きです♪自家製タレやドレッシングで様々な楽しみ方ができます。やっぱり一番のお気に入りは、酢・醤油・鰹節・胡麻油(4:3:2:1くらい)のサッパリ和風ダレ。ここにニンニクや生姜、ネギなどの薬味(ローストするのも好き)を追加しても其々美味しい♪生野菜に和えても、湯で野菜に絡めてもいい。夏になったら、タレにミョウガも入れたりして。。楽しみだなぁ。あ、みじん切りにした椎茸を炒めて加えると、椎茸特有の旨みいっぱいのタレに♪
野菜を生かす名わきですね。皆さんからも何かお勧めがあったが教えてください☆ A

今回唐芋がはいりました。さてさて、唐芋さんとどう遊ぼうか♪やっぱり一番は煮物だなぁ。お肉や魚と一緒に煮ても美味しいです。また、シンプルに芋だけで和風風味(だし汁・酒・砂糖・醤油・酢少々)に柚子を少し加えて仕上げるのも、芋の味がよく生きます。それから、唐芋もったりサラダもお勧めです。蒸かした芋と調味料(胡麻油・塩と醤油少々・炒めネギなど)フードカッターにかけてペースト状にします。それをお皿にもったりと盛り付けて、ネギや和風ダレをトッピングして出来上がり。芋と合わせる調味料次第で洋風にも早変わりです。(ベーコン・炒めニンニク・塩など)唐芋のきめ細かく濃密な舌触りが楽しめると思います。今日もうまうま♪ A

コカブが美味しい。自分を野菜になるとしたら、コカブになりたい~。まるごと生でかじるのが一番美味しくて、調理するととても柔らかく甘くて。。それでもって可愛い!もうコカブにメロメロ。農場での定番コカブ料理はとってもシンプルなものばかり。まずは、コカブ蒸し焼き。二等分から四等分に切ったコカブを蒸して柔らかくして、フライパンでオイルと炒める(表面に焦げ目を付けるだけ)塩だけの味付けで、カブ本来の味が楽しめます♪蒸すことで、芯まで柔らかく、美味しさもギュッと閉じ込められるのでわないかと農場内のウワサです。お試しあれ♪
[PR]
by kurashilabo | 2010-04-01 15:18 | 週報からの抜粋 | Comments(0)