カテゴリ:レポート(報告)( 61 )

収穫祭2010無事に終了しました!

今年の収穫祭はお米、野菜、生き物といった自然からの恵みはもとより、やかまし村イベントやツリーハウス建築などを通して生まれた出会いやつながりも、農場に関わる一人一人にとっての収穫であると考え、みんなで収穫を祝い、感謝する場にしたいと開催されました。

実行委員、料理ボランティア、出演者など含めて総勢102名が集まった今年の収穫祭のすべてをレポートします^^

c0177665_174097.jpg

オープニングは大地と自然からの恵みに感謝する儀式を行いました。
犬神に扮したS氏と、おにぎり、ねずみ、うさぎ、いのしし、(?)に扮したスタッフで、農場で育てたお米、たまご、野菜、豚の骨を燃え盛る炎になげいれました。スタッフの姿かたちに笑いがおきつつも(笑)犬神S氏の祝詞に厳粛な気持ちになりました。

◇コンテンツ
c0177665_17113697.jpg
利き野菜は、農場で採れた野菜と、スーパーで買ってきた野菜を五感で区別するゲームでした。
出場者の中には農場スタッフの姿も・・・果たして結果は?? 
生で食べたらあきらかに区別できても料理したらちょっと難しかったようです。


c0177665_17183399.jpg
ワラプールは、米田学園水稲部の部長、副部長コンビが用意したウハウハ企画です。
会場の一角の竪穴にワラをしきつめダイブ!ワラの中に隠されたカードをひくとおにぎりの具材がゲットできるというもので、みんな楽しそうにダイブして、炊きたての新米おにぎりをほうばっていました。


c0177665_18144147.jpg
大豆レボ2年目のメンバーが準備したのは大豆のさやで記念撮影コーナーと、今年の2月に仕込んだ味噌の食べ比べ。みんな農場で同じように仕込んだはずなのに、保存方法の差が出て味が違っててびっくり!


c0177665_18172829.jpg
7月に完成したツリーハウスでは、カフェをOpen!ツリーハウス建築の参加者だったHちゃんが前日の夜から焼いてくれたお菓子を振舞ってくれました。飲み物は穀物コーヒーにオーガニック紅茶を出しました。

c0177665_1817329.jpg
個数限定!ハローウィンケーキ!わたしは食べれなかった!


c0177665_1823674.jpg
c0177665_18231877.jpg
ランチパーティでは採れたて無農薬野菜と、うちで大切に育てた豚さんのお肉をふるまいました。
本格カレー、豚汁、ゆで豚、サラダ、豚足 などなど。みんなおなかいっぱい食べてました。


c0177665_18303480.jpg
広場のステージでは、踊りや歌のライブをやりました。
日本のよさこいと朝鮮半島のアリランを融合した「よさこいアリラン」を踊る「はなこりあ」の演舞は美しかった!
c0177665_18304417.jpg
稲を持って参加者と一緒に踊りました。

c0177665_18334722.jpg
c0177665_18341177.jpg
音楽ライブは農場で何度も演奏を披露してくれているポトフ。
歌う旅人けいほ&ほか。
農民シンガーのドンガバス。
韓国太鼓を打ち鳴らし歌うチェジェチョル。
そして、わが農場バンドの東京マニアマスターズと次々会場を盛り上げてくれました。

c0177665_18341831.jpg
ジェチョルくんの太鼓と阿波踊りの節にあわせてみんなで広場をぐるぐるかけめぐったら、なんだかとってもハイになりました。


★おまけ企画
c0177665_1842865.jpg
メインステージから離れた一角でセンチメンタル焼き芋という企画をやっていました。
こちら燃やしてしまいたい思い出を焼いて甘い焼き芋にしてしまおうという企画。
あつあつく焼き芋は本当にあまーーい^^


c0177665_18461465.jpg
祭りの最後は夢つむぎの儀式で締めました。
収穫祭の最初に配られた三角のハンカチに、今年の自分の収穫と来年に向けた夢を書いてもらい、それを結び合わせてツリーハウスのあるシラカシの木から、広場中央にあるニワトコの木までつないで祈りを捧げよう!というセレモニーでした。

c0177665_18475014.jpg
ツリーハウスの上から滑車で結んだハンカチを吊り上げていきます。

c0177665_18482424.jpg
全部つながったーー

c0177665_18532140.jpg
最後にツリーハウスの上からステキな垂れ幕が!

ほんとうにみなさんありがとう!


Phot by kco & masahiro & tomoko
[PR]
by kurashilabo | 2010-11-11 17:00 | レポート(報告) | Comments(2)

米豆合宿しました。

8月7日(土)、8日(日)に米田学園水稲部と大豆部(大豆レボリューション)の合同合宿を行いました。

テーマは「競い合い 認め合い やがて結ばれる」
合宿といえば夏ですが、まだこの時期はどちらも実っていないのでどうやったら結ばれるようになるか合宿前からの打ち合わせで内容を考えて作っていきましたよ。スタッフの私も夏の旅行に行ったみたいな気分になってとっても楽しい合宿になりました。

c0177665_10152714.jpg
まずは米と豆のシンボルフラッグを作りました。厚手の帆布にクレヨンでみんなでカキカキ。合宿中ずっと使います。

c0177665_10153510.jpg
全身の筋力強化を目的に泥んこバレー特訓です(みんなは特訓だとは気づいていませんが!)。お米チーム対大豆チームでの勝負は3-2で大豆チームの勝ち☆

c0177665_10154434.jpg
日差しが少し和らいできた午後4時。大豆の2回目の除草。水稲部も一緒になって除草しました。

c0177665_10154927.jpg
2日目早朝。この日、田植えから丁度80日という事で、出穂を見に行きました。米のお花ってあまり見ないですよね。そういう訳で観察に行きましたが、、、

c0177665_10155893.jpg
なんと残念な事にまだ葉の中に穂が入っている状態でした・・・(涙)この入り方だと、出穂までまだ1~2週間はかかりそうです。といいつつも、谷津田の心地よい風景を満喫しました。

c0177665_1016856.jpg
鬼がでました・・・。

c0177665_1124110.jpg
これから、この田んぼの水がどこから流れてきているのか探検に行きます。水稲部の部歌にある「筑波の山に降り注ぐ 雨が今こうして 大地に満ち満ちる」の源を探しにいってきます。山と田んぼが繋がっているという点を体で理解します。と同時に筋トレ(笑)。

c0177665_10164138.jpg
一応人が通れる道がついていてどうにかなりそうです(事前に下見はしてありますが)。

c0177665_10164872.jpg
沢に水が勢いよく流れています。

c0177665_10165389.jpg
部長、湧き水飲んでます。いかにも美味そう(な演技?)です。

c0177665_10165940.jpg
険しい道もちらほら。登ること45分。ようやく山頂に着きます。

c0177665_1017585.jpg
なんと、山頂には祠(ほこら)が!しっかり手入れされており、昔から大事にされてきた山なんだと胸が熱くなりました。

c0177665_101712100.jpg
祠で一枚。いつかの鬼もいますね。

c0177665_10171850.jpg
農場に戻ってきて昼食はおはぎ。昨日の夕食も米と大豆を使った料理が満載だったのですが、締めを飾るのは米と大豆が織り成す最高のコラボレーションおはぎ。大豆は昨年収穫したクズ大豆を煎ってきな粉にしました。

そういう訳で2日間とっても充実した合宿になりました。これからの活動にも期待大☆ですね。


おまけ
今回の合宿のしおりから、水稲部部長まいちゃんの漫画と大豆部部長代理のあめりの豆イラストです。(漫画の方はなぜか私がかなり卑猥なキャラで登場していますがご了承ください。)

c0177665_11432188.jpg

c0177665_11431442.jpg
[PR]
by kurashilabo | 2010-08-08 19:47 | レポート(報告) | Comments(0)

マザーハウスの社員合宿に使っていただきました。

6月末と7月上旬の2回にわたって、バングラディッシュのフェアトレードを行っているマザーハウスの社員合宿に使っていただきました。

農作業や食事作りも積極的に行ってもらい、楽しく有意義な時間を過ごしていただけたようです。

会社単位での受け入れは初めてだったので、どんな風になるか少し心配もあったのですが、同じ会社の社員という事で最初から人間関係ができている事や、皆さん若い方が多くこういう場所にもすぐに馴染んでいただけたようで、受け入れさせていただいた私たちもとても楽しい時間を過ごさせていただきました。

どろんこバレー その1
c0177665_19145179.jpg

どろんこバレー その2
c0177665_19145848.jpg

夏の恒例、流しそうめん 土台もみなさんで作っていただきました。
c0177665_1915686.jpg

農場のスタッフも写っているので、「この人は変だな?」というのはスタッフだと思ってください。。。
c0177665_19151384.jpg


こうした社員旅行や合宿なども受け入れできますので、もしご希望がある方はお問い合わせください。
[PR]
by kurashilabo | 2010-07-10 19:13 | レポート(報告) | Comments(1)

田植えをしました

五月晴れの穏やかな週末、とうとうやってきました、米田学園水稲部の田植え日!
入部者14名中10名が参加してくれました。

入部者以外にも、田植えを体験したいという人、農場元スタッフ、大豆レボの参加者などなど、総勢18名という多彩な顔ぶれがそろって、楽しい田植えとなりました。
c0177665_169478.jpg
作業は、みんなで農場の入り口にある小さな田んぼで育てた苗を抜き取ることから始まりました。
その苗をコンテナに移して軽トラックで農場から15分ほどの「半田」にある田んぼへ運び、人間はバスで移動となりました。

今回の田んぼ企画は、「部活形式」をとっています。
なので(?)部訓なるものがあります。
これは稲を育てるうえでの心構えが記されています(半分冗談)


 <米田学園・水稲部 部訓11箇条>

 ひとつ、入田時は一礼すべし
 ひとつ、お米を踏んだら「ごめんなさい」と謝るべし
 ひとつ、一粒残らず収穫すべし
 ひとつ、田んぼに足を向けて寝てはならぬ
 ひとつ、先輩の発言は絶対である
 ひとつ、練習には最低3回は参加すべし
 ひとつ、家を出た時から部活動、
     規定の服装を着用すべし
 ひとつ、近所の人には元気よく挨拶すべし
 ひとつ、転んでも泣かない
 ひとつ、困った時には仲間同士、
     手を取り合い助けあうべし
 ひとつ、田んぼでイチャイチャすべからず

部訓にそって、田んぼに入るときは一礼して、「よろしくお願いします!」と元気いっぱい挨拶してはいりました。

c0177665_16101224.jpg
3日前に代掻きをした田んぼの泥はにゅるっとしていて、裸足で入ると指の間にもその泥がはいってきてこそばゆい感じなのですが、これもまた田植えの快感♪

田んぼには事前に30センチ間隔で縦と横に線がひいてあり、その線と線が交わった場所に2本から3本ずつ苗を植えていきました。

青い空の下、かえるの鳴き声、ホトトギスのさえずり、みんなの明るい声と笑い顔。
ここに無いものはない・・・そんな気持ちになる幸福な時間。
c0177665_16103811.jpg

c0177665_16111024.jpg
田植えが終わったあとは、みんなで田んぼの周りをくるくる回りながら豊作を祈って歌い、踊りました。そしてこの日のために水稲部顧問、イバ先生が作詞作曲した水稲部「部歌」をみんなで田んぼにむかって斉唱。私たちの横をさわやかな風が吹き抜けました。

※YouTubeで部歌と踊りみれます^^
 部歌斉唱
 田植えの舞

c0177665_16113123.jpg
毎度毎度の食事は、農場の美味しい無農薬有機野菜とお肉、そしてもちろん昨年つくったお米!をたっぷり食べました。田んぼの作業で疲れていても、みんなで作って食べるごはんは格別!

豊作祈願もばっちりしたし、きっと天候不順に負けず立派にそだってくれると思います^^
c0177665_1611463.jpg

★水稲部では、まだ入部希望者を集っています。
定員になり次第締め切りますので、興味のある方はココから詳細確認後お申込ください。
[PR]
by kurashilabo | 2010-05-09 21:03 | レポート(報告) | Comments(0)

11匹の子豚

久しぶりに子豚が生まれました。
ハチの字眉毛みたいなしわのあるハッチという黒豚が、11匹の子豚を無事に産み落としました。
今年から豚の担当になった新スタッフのあやちゃんは、つきっきりでお産に立ち会いました。
c0177665_1665229.jpg


一頭目の子豚がでてきてから9頭目までは3時間くらいで生まれました。
そのあと、もう終わったのかなーと思っていたら、数時間後にもう2頭でてきました。
合計11匹。

子豚たちはコタツのはいった小さな部屋にいれるのですが、2時間おきに授乳します。
授乳のタイミングになるとハッチは横になって仔豚たちを呼びます。

部屋の扉を開くと、我さきにと子豚たちは母豚のお乳を探しに集まってきます。
なんともかわいい光景です。
c0177665_16104218.jpg
[PR]
by kurashilabo | 2010-04-09 16:11 | レポート(報告) | Comments(0)

つくいち3回目

つくいち3回目出店しました。

今回は満を持して漬物がめでたく販売されました!
茨城県では漬物販売に許可がいるようで、食品衛生責任者講習会の受講から、井戸水の検査、保健所の申請・調査を乗り越えてようやく晴れて販売できる運びとなりました!!

さっそく今月はにんじんの味噌漬けを出しました。冬越しした甘いにんじんに程よく味噌と塩味が利いて抜群においしく仕上がりましたよ。つくいちでは試食もしていただいて好評でした。
c0177665_15493720.jpg


もひとつ、変な写真が写っていますが(笑)、つくいちに本当はミニブタや鶏を連れて行きたいのですが、それができないので、せめてもの気持ちを体で表現してみました!黒いエプロンに、フェルトを切り貼りして作りました♪ 寒くて上着を着ているので分かりづらいですが、肩紐のところが耳になっていますよ。右のブタは口にペンが引っ掛けられるようになっていて、ペンによってワラや草を食べているように見えるのです(笑)
c0177665_15494777.jpg


来月はつくいちは5月2日ですが、暮らしの実験室はやかましイベントと重なっているためお休みです。
6月についてもイベントと重なっているのですが、どうにか出れるよう調整しています。

農場内で反省会をしている時に店舗形態についてのすごいアイデアが出たので、6月はそれを反映したお店作りにできたらと思っています。内容は秘密という事で、ぜひ、つくいちに遊びに来てください。
[PR]
by kurashilabo | 2010-04-08 16:04 | レポート(報告) | Comments(0)

田んぼスタート

c0177665_14242333.jpg

今年の田んぼがスタートしました。
昨年に引き続き、田んぼに沢山の人に関わってもらいたいと思っています。

そして企画されたのが「米田学園水稲部」!

種まき、田植え、草取り、稲刈り などなど
田んぼに関わる作業日を部活動の日とします。
完全手植え、除草剤も一切使わない無農薬のお米を一緒に作りたい人を募集しています。
(※募集締め切り 5月5日 募集要項はコチラ

c0177665_1424896.jpg

3月27日(土)に、第1回の部活動がありました。
今回は、農場脇の田んぼに「保温折衷苗代」という方法で、種籾をまいて苗代を作りました。

この日は、お天気はよかったのですが気温が低く、冷たい田んぼの泥水に足をいれて作業しました。
種籾をまくためには、田んぼを水平にしなくてはなりません。
この水平をとる作業がなかなかハードでした。
c0177665_14243768.jpg


それでもみんな満面の笑顔で楽しく作業。
土に触れているとみんなよい顔をしますね。
c0177665_14245362.jpg

c0177665_1425437.jpg

苗代に種をまいた後は、そのうえに土をかぶせます。
種がみえないように、でも同じぐらいの量でかぶせます。
そしてその上に有気孔マルチという通気性のあるビニールシートをかぶせます。
これによって、内側の気温が5度くらいあがって発芽しやすくなるというわけです。

c0177665_14251657.jpg

c0177665_14252890.jpg

大体10日後ぐらいに発芽するかな^^
芽が出るのが楽しみです。
[PR]
by kurashilabo | 2010-03-29 14:29 | レポート(報告) | Comments(0)

甘いお菓子がとまらない

農的暮らしと関係ないのですが、最近お祝いごとが続いてケーキをたくさん食べました。
そしてその勢いにのって、お菓子作り大好きなあやちゃんとブルがシュークリームまで作ってしまいました。

どれもこれも美味しかったです。

写真だけですがおすそわけ^^

c0177665_1952771.jpg

c0177665_19435096.jpg

c0177665_1944715.jpg

c0177665_19442783.jpg

[PR]
by kurashilabo | 2010-03-25 19:53 | レポート(報告) | Comments(0)

春の野草をいただく

春の野山には食べられる野草がいろいろあります。
祝日を利用して農体験にきていたお客さんたちが、つくし、ノビル、ヨモギを摘んできてお料理を作ってくれました。

c0177665_19202166.jpg


つくしは醤油と砂糖を多めにいれて玉子焼きに。
c0177665_1920546.jpg


ノビルは酢味噌あえ。
c0177665_19211647.jpg


ヨモギは韓国の食べ方でチヂミにしてくれました。
c0177665_19255865.jpg


どれもこれも美味。

ヨモギのチヂミは初めて食べたけど、ヨモギの風味がしっかりとして、とても美味しかったです。
材料は小麦粉と水と卵。
味付けは塩のみ。


午後は、みんなでシラカシの木に建設中のデッキ付きツリーハウでお茶をしました。
c0177665_19231645.jpg


まだツリーハウスはありませんが、デッキに横になってシラカシを見上げるとこんな感じ。
ツリーハウスが完成したら。どんな景色になるんだろうなぁぁ・・・
c0177665_19233490.jpg

[PR]
by kurashilabo | 2010-03-22 19:08 | レポート(報告) | Comments(0)

つくいち2回目

3月もつくいちに出店してきました。

今回はつくいち20回目にして始めての雨だそうで、気温も低くストーブを持ち込んでの参加となりました。

前回、農場のたまごや麹を買ってくださった方がいらして声をかけてくださって、こんなに寒い日なのにわざわざ足を運んでくださるなんて、なんていいマーケットなんだろう・・・、と今回もしみじみ感動した回となりました。

2回目は初回の反省をいかして、色々バージョンアップしての出店でした!

c0177665_16541072.jpg
まず最初はポップ。僕らの商品は、中味がばらついていて、パッと見、何を売っているかよく分からないので、ポップをつけて、説明書きをしました。お客さんは僕らが喋らなくても自分の興味のあるものの説明を読んでくださり、そうするとボクらは「この方はこれに興味があるのか」と分かって、その上でお話できるので、とっても効果的でした!

c0177665_16542046.jpg
もう一つは、ちらしホルダー。これは農場のななちゃんのお手製スペシャル。初回はチラシをやむなく商品棚に置いたのですが、これのおかげでスッキリ解決とあいなりました。

c0177665_16542830.jpg
そして今回の目玉商品★発芽ニンニクの醤油漬け!農場で収穫したニンニクを昨年11月に仕込んでおいた蔵出し秘蔵品。ラベルには英語で「ミラクル精力、ワンダフル活力」と訳の分からない事を書きましたが、なかなかこれが馬鹿にできないエネルギーを有しております。

c0177665_16544311.jpg
たまごも今回は2種類並べて、鶏の写真を箱の前に張り、様子が分かるようにしました。

c0177665_16545385.jpg
葉っぱものは前回はサラダセットでしたが、今回は小松菜とほうれん草。
この冬最後、という事で販売しました。

c0177665_16545960.jpg
ゆずジャムや、手作りちんすこうセット、ニンニク醤油漬けは試食を用意しました♪

次回4月4日はもうほとんど野菜がない時期に入るので、少し寂しいラインナップになりますが、その分、春の陽気な天気がカバーしてくれるのでは、と楽しみです。

みなさまもお暇があれば遊びにいらしてください。
[PR]
by kurashilabo | 2010-03-08 17:24 | レポート(報告) | Comments(0)