カテゴリ:レポート(報告)( 61 )

ラーメンワークショップ

暮らしの実験室 手作りラーメンワークショップが始まりました。

今日のお昼は柘植さんのカレー。鶏がらダシがよく効いていて大変美味しかったです。
c0177665_15174593.jpg
初日のスケジュールはこちら。
鶏のトサツと、小麦の刈り取り・製粉。どちらもラーメン作りの最初の1歩ですね!
c0177665_15244436.jpg
まずは、農場案内から。
c0177665_15262572.jpg
今回の主役は鶏なので、鶏舎で鶏の説明をしっかり。
自由に歩き回る鶏。この箱の中で卵を産みます。
c0177665_15262550.jpg
採卵もしました。
c0177665_15262404.jpg
=======================================

続いて、鶏の解体実習。
人と鶏の歴史や、体の構造について説明します。
c0177665_15323034.jpg
指で上手に鶏の体を固定して苦しまないように一気にやります。
人生でそうそう経験することではないのでドキドキします。
c0177665_15323027.jpg
締めた後は袋の中で出血させて、静かになるまで待ちます。
この後は適宜、解体していきました。(写真はなし)
c0177665_15323022.jpg
=======================================

こちらは麦刈りチーム。
軽トラで楽しそうです。
c0177665_15364513.jpg
綺麗に茶色に熟した小麦を手で刈ります。
品種は今、日本で一番強力な強力小麦「ゆめちから」です。
c0177665_15364511.jpg
機械でも刈り取ってみます。
機械といっても1列ずつしか刈れない小規模農家用のバインダーです。
c0177665_15364611.jpg
それを足踏み脱穀機で脱粒します。
ちなみに脱粒する小麦は1週間前に刈り取って干しておいたやつです。
さすがに刈り取ってすぐには出来ないので、料理番組でよく使う裏技です。
c0177665_15364162.jpg
一人が踏んで、一人が麦を脱粒します。
一気に入れると抵抗が激しいので、踏む人はかなりの運動になりますよ。
c0177665_15364271.jpg
それを今度は唐箕(とうみ)で選別します。
上から脱粒した麦を入れて、いいやつは下の青やら緑の箱に落ちていきます。
軽いやつやゴミは風で飛ばされて正面の口から出てきます。
c0177665_15364278.jpg
唐箕で選別した麦。
c0177665_15364338.jpg
これを製粉機にかけて、すこしずつ砕いて粉にしていきます。
c0177665_15364330.jpg
途中、こんなんです。
まだまだ荒い。これを何度も繰り返して小さい粉にしていきます。
c0177665_15364432.jpg
ふるいにかけて、白い粉だけ集めました。
大体7割くらいが粉になって、残りは皮です。全部使うと全粒粉ですね。
c0177665_15364557.jpg
=======================================

夕食後。
スープ作りは、まず捌いた鶏のガラをさっと茹でてアクを抜きます。
c0177665_15480993.jpg
割った方がダシがよくでるのであらかじめ割っちゃいます。
中華包丁でバキバキっと。
c0177665_15480904.jpg
スープは今回、二種類作ります。
一つが白湯(ぱいたん)。圧力鍋で煮込みます。
c0177665_15481012.jpg
もう一つが清湯(ちんたん)。
こちらには野菜も入れました。たまねぎ、にんじん、にんにく。
これを夜な夜な弱火で煮込みました。
c0177665_15480705.jpg
=======================================

煮卵用のゆで卵を準備。
もう一つ、裏で鶏ムネ肉でチャーシューも作りました。
c0177665_15531194.jpg
そのチャーシューのタレにゆで卵を漬け込んで、初日は終了。
c0177665_15531123.jpg


=======================================


二日目!
野菜の収穫と、麺作り、そして実食と進みます!
c0177665_15561213.jpg
まずは、畑で収穫!
いんげんを取ってます。モロッコインゲン。
c0177665_15571118.jpg
こちらはシシトウ。
6月なのでまだ本格的なサイズにはなってません。
畑は季節によって姿が変わるので楽しいです。
c0177665_15571278.jpg
「お前、ししとうの気持ち考えたことあるのか?」
「すいません、全然考えたことありません。」
c0177665_15571355.jpg
ズッキーニは非常に大きく育ってます。
この位のサイズが食べでがあってちょうど良いですね。
c0177665_15571124.jpg
これら、旬のお野菜たちでトッピングを作りました。

=======================================

麺作りは、まず水に塩とかんすいを溶かします。
かんすいがなかなか解けないので、ペットボトルに入れてフリフリしました。
c0177665_16063600.jpg
出来たかんすい液を粉に入れてこねます。
c0177665_16063736.jpg
ある程度まとまったら、うどんのように踏みます。
c0177665_16063790.jpg
それをパスタマシーンで延ばして、薄くなったら麺切りモードで仕上げます。
c0177665_16063744.jpg
出来上がった麺たち。
歴史的に小麦を麺にした人たちはすごいですね。
米は炊いたら終わりですからね。
c0177665_16063611.jpg
=======================================

スープの仕上げ。
白湯用に、鶏油(ちーゆ)を卵で乳化させたものを作ります。ちーゆマヨです。
c0177665_15480775.jpg
それを白湯に入れて白湯スープできあがり。
チャーシューダレも入れてます。
c0177665_15480832.jpg
清湯スープにもチャーシューダレを入れて仕上げました。
c0177665_15480831.jpg
出来上がった「純鶏白湯ラーメン」。
c0177665_16110091.jpg
こちらは、野菜清湯ラーメン。
c0177665_16110026.jpg
どちらも、農場の味がぎゅっと詰まった味わい深いラーメンになりました。

最後は、ラーメン屋定番の腕組ポーズで記念の一枚。
c0177665_16112955.jpg
ワークショップは参加者の人たちの「楽しい会にしたい」という気持ちで素敵な時間が生まれます。
今回も皆様のおかげで素敵な2日間になりました。
ありがとうございました。

今回参加されなかった方も、ぜひ次回以降ご参加ください!








[PR]
by kurashilabo | 2017-07-01 16:18 | レポート(報告) | Comments(0)

100歳のお祝い

暮らしの実験室の前身である「たまごの会」がこの地に農場を拓いたのは1974年の冬。だから農場は今43歳になろうとしています。農場が誕生した時に57歳だった杉原せつさんが、先日100歳のお誕生日を迎え、古くからの会員さんと現農場スタッフ+運営メンバーでお祝いさせてもらいました。

ご本人は「いいわよーーそんなのー」としきりに言ってましたが、100歳まで生きるってすごいことです。しかもせつさんは、今も練馬の自宅で一人暮らし。しっかり歩いて、しっかり食べて、お酒も飲んで、とても健康です。

農場を拓いた時に主要メンバーだった方たちも今や70代~80代。だけど杉原さんからみれば息子や娘のような存在。だったら現スタッフたちは?? 孫ですね。

このように世代を超えたつながりを保持しながら、都市と農村でゆるやかに支え合うコミュニティを40年かけてつくってきた農場の在り方にちょっと感動します。

昨年亡くなった都市の会員さんの言葉で忘れられない言葉があります。

「もし喰えなくなってもボクには農場があると思えたからどんな活動もがんばれた。」


同じ釜の飯ならぬ同じ畑の飯を食ってきた、われわれ人間と豚や鶏たちとの共生はまだまだ続きます。
未来に一番残したい「価値」や「技術」や「想い」と共に。(姜 咲知子)
c0177665_10405624.jpg

                                    撮影:三枝直路
[PR]
by kurashilabo | 2017-06-21 10:45 | レポート(報告) | Comments(0)

開拓地に東屋完成しました!

東屋、完成しました!笑

「完成しました」の後になぜか「笑」をつけたくなる会心の出来栄え!
「笑い」というより「笑み」。

バナナとかココナッツとか売ってそうです(笑)

c0177665_11520805.jpg
屋根の材料はシノ竹。
束ねて乗せます。

c0177665_11520983.jpg
縦に並べました。
枝先を前面に出しました。

c0177665_11520985.jpg
縦の次に横にも置きました。
人が乗っても大丈夫!

c0177665_11520991.jpg
壁に使う材料をこしらえています。
竹割り。

c0177665_11521040.jpg
弓矢にも!
けっこうな威力があったそうな。

c0177665_11520989.jpg
前面は景色が楽しめるように、低く、カーブしています。

c0177665_11520806.jpg
屋根と壁があるだけでとってもまったりしました。
当日小雨が降ってきましたが、全然問題なしでした!
日よけにも心強い!



[PR]
by kurashilabo | 2017-03-27 12:01 | レポート(報告) | Comments(0)

食べる農体験 はる編

農場の魅力を味わいつくす「食べる農体験 はる」を開催しました。

農場のイベントではあまり行くことがない畑やビニールハウスに行って小松菜や山東菜といった野菜をハサミを使って収穫したり、何年もかけて育てる山芋を掘り出したり、鶏小屋に入って採卵して、卵を磨いたり、野菜の調整、袋詰めなど出荷に関わる作業を体験してもらいました。

みんなで収穫したお野菜を使ったお料理もとても美味しかったです。写真にもコメントつけてますのでよかったら一枚ずつ見てみてください。


c0177665_16164996.jpg
昼前に集合して、農場スタッフによる美味しい昼食を食べたあとは、今、この時期に畑にあるお野菜が何かを確認してから畑にGO! 
軽トラの後ろにのるとテンションUP。


c0177665_16165075.jpg
畑についたら、まずは山芋堀り。とーっても掘るのが難しい山芋。
イモ本体を傷つけないように丁寧に周りから掘っていきます。
そして堀ながら、畑スタッフの舟田君が山芋が何年もかけて大きくなることや、農場でどんな風に育ててるかなど教えてくれました。


c0177665_16165022.jpg
c0177665_16165018.jpg
他にも畑では、小松菜やキャベツを収穫。 ビニールハウスにもハモノを育てているのでそちらでコカブや山東菜などのお野菜も収穫しました。畑からハモノ野菜を収穫する経験はみんな初めてで、地面に少しもぐる感じでハサミをいれて、根本から切る。そんな作業を覚えました。

c0177665_16165045.jpg
最後にもう一つ違う畑に行ってネギを抜いて収穫は完了。



c0177665_16181906.jpg
c0177665_16181873.jpg
母屋に戻って今日の夕飯のメニューを決めて調理スタート。みんな自分で収穫してきたお野菜をどんな風に調理しようか真剣に考えてました。


c0177665_16181839.jpg
そして完成した料理はコチラ。
(左上から)
小松菜とカブの味噌汁
山芋の甘辛ゴマタレ和え
山東菜とカブの鶏そぼろ餡かけ
(左下から)
里芋の唐揚げの油淋ダレかけ
卵の心臓焼き(卵焼き)
キャベツと油あげの煮びたし



c0177665_16203054.jpg
みんなが作ったお料理のレシピは書き出して、お持ち帰り用にコピーしました。

c0177665_16181859.jpg
c0177665_16181846.jpg
翌朝は、朝イチに鶏小屋に採卵に行きました。ニワトリさんたちを驚かさないようにそろりそろり。生みたて卵をいただきました。

c0177665_16192123.jpg
そのあとは、割れた卵のチェック、汚れ落としをしてパックに詰めてまずは卵はセット完了。

c0177665_16192130.jpg
2日目は、自分たちが持ち帰る用の野菜セットを作りました。
普段入ることはない、農場の納屋の裏、段ボール置き場にいって、段ボールを組み立てていつも農場スタッフがやっている出荷の準備と同じことをやります。


c0177665_16192183.jpg
葉大根を収穫中です。

c0177665_16192180.jpg
c0177665_16192243.jpg
里芋洗って干したり、枯れた外葉などをとって袋詰めしたり、さっき詰めた卵パックを割れないように箱に詰めたり、そしてできた野菜セットがコチラ。

箱からはみ出そうなくらい野菜が詰まってます。ハモノが多いこの時期はこんな感じ。




次の食べる農体験は6月3-4日です。新じゃがや新玉ねぎの季節。楽しみです。
ぜひご参加ください!





.

[PR]
by kurashilabo | 2017-03-07 16:22 | レポート(報告) | Comments(0)

ペレットストーブ

農場についにペレットストーブが導入されました!

土間の薪ストーブ+板の間のペレットストーブで無敵の冬対策です!
ペレットとは、間伐材のチップを固めたもので、地元やさとの木で出来ています。
灯油と同じ熱量/価格でありつつ、精製・輸送に膨大なエネルギーを消費する灯油と違い、使えば使うほどやさとの森を守ることに繋がるという夢の燃料。

冬に農場に来てくれる人はぜひペレットで暖まってください!
c0177665_9332060.jpg
[PR]
by kurashilabo | 2015-11-21 09:33 | レポート(報告) | Comments(0)

やつだ開拓団9月 野営キャンプの様子

今回は開拓地でキャンプです。

今後の開拓活動をより充実させるためには、夜の闇も朝の光も体験しなくては!という訳で、季節的にもちょうど過ごしやすい今回、思い切ってキャンプをすることになりました。

初日の午後から翌日の午後まで、まる一日過ごすので荷物もすごい量です。作業道具、ごはんの準備、自分の着替えなどなど、まるで疎開でもするかのような感じです。
c0177665_1045925.jpg

荷物が重いと沢を渡るのも一苦労です。
c0177665_10451496.jpg

こちら、非常に残念なことに田んぼが猪にやられてしまいました・・・。猪の登場は事前に分かっていたので電柵をしていたのですが、この間の曇天でソーラー発電ができずバッテリーの電気が切れてしまったのです。その隙をついて猪が入ってしまいました。とっても悲しい。
c0177665_1046247.jpg

こちらはお馴染みになりつつある竹きり。竹は山のように生えていて使い勝手もよく便利です。
c0177665_1046745.jpg

それを地面に打ち込んでいきます。小屋作りといいたいところですが、今回はテントサイトの猪避け柵として使います。
c0177665_10461254.jpg

柵を作ってテントも張りました。(写真は翌朝のものです)
c0177665_10462260.jpg

カオリちゃんは、農場スタッフのやっちゃんの指導でタープテントを張りました。出来にご満悦の様子。よく寝れたみたいですよ。
c0177665_10462845.jpg

ご飯を炊くために枯れた竹を集めて割ってます。
c0177665_10463393.jpg

沢で石を集めて炊き床を作ります。こういうのを誰がいうともなく、なんとなくみんなで作ってしまえるのがすごいなぁ、と感心しちゃいました。
c0177665_10463827.jpg

沢でお米洗い。人生で初めての経験です。
c0177665_10464265.jpg

太目の竹の一節を使ってお米と水を入れます。ふたは大きめに切った方が出し入れしやすいですね。先に横をノコギリで切って、縦はナタを入れるとパカッと割れます。お水の量は、平らにならしたお米の上に片手を乗せて、手の甲まで水で浸かるくらい。手首までいくと入れすぎです。(豆知識)
c0177665_10464717.jpg

竹飯ごうをセットします。
c0177665_10465175.jpg

火をつけてあとは炊けるのを待つのみ。念のために竹にアルミを巻いたのですが、これは必要なかったですね。時間がかかりました。
c0177665_10465576.jpg

こちらは野菜の準備。メニューは定番のカレー、ですがルーではなくスパイスカレーです!
c0177665_10465934.jpg

先ほどまで頭にかぶっていた鍋を使って、野菜を炒めます。熱源はまめたんです。
c0177665_1047494.jpg

さて、カレーができました。うまそー!!
c0177665_1047710.jpg

皿はもちろん竹。
c0177665_10471193.jpg

あっという間に夜。まわりに人工物がない開拓地は余計な光も入ってこず、まさに“トワイライト”から“夜の帳が下りた”状態を体験できます。
c0177665_10471742.jpg

ごはんが炊けました。蓋の開け方失敗して炭が入っちゃいましたが、つやっつやでとっても美味しそうです。竹はすごいですね。
c0177665_10472347.jpg

カレーを乗せて・・・。(はぁ~、今見ても旨そう!)いただきまーす!!
c0177665_10472792.jpg

食後は近くの温泉に入って、その後は火をたいてお酒を飲んでしっぽり過ごしました。雲が晴れて星も綺麗に見えましたよ。
c0177665_10251560.jpg

翌朝。朝からそれぞれ思い思いの準備。なんだかいろいろで見た目不思議な感じです。
c0177665_10474359.jpg

今日は特に決まった活動はなく、「それぞれやりたいことをしてください。」と言ったら、沢を渡るのが大変なので、竹を刈って橋を作り始めちゃいました。恐るべし開拓団。
c0177665_10474885.jpg

竹が広がらないようにしばってます。締め方はまきすやすだれの応用。スタッフやっちゃんの技が頼もしい。
c0177665_10475224.jpg

こちらは、すでに枯れていた木を切り倒しています。細かく切って薪にするんだとか。
c0177665_10475638.jpg

岩を集めてます。沢から上の台地に上がる場所がぬかるむので、岩をそこに敷き詰めるようです。みんな自主的に楽しんでます。
c0177665_1048071.jpg

今回の集合写真はなんと安保反対デモ!?というのは半分冗談ですが、知り合いが「安保反対の写真を撮りたい」ということで開拓地に来て、その時の一枚。思想信条は自由なので、我が開拓団全体の意思表明ではありませんが、いちおう“賛同する個人”として断って撮ったらみんな写りました。
c0177665_1048587.jpg


夜通ししっぽりと今後の夢を語り合った開拓団。

次回から建築部門に突入することになりました!
竹を刈って刈って刈りまくって、キャンプサイト用の東屋造りを始めます。

竹林を整備して風景を美しくしつつ寝床も造って、開拓地の魅力をいっそう深めていきます。

次回は、10月下旬か11月中旬です。

ぜひご参加を!

[PR]
by kurashilabo | 2015-09-17 14:03 | レポート(報告) | Comments(0)

やつだ開拓団 活動レポート第7回

夏の開拓団

今回は、日差しを避けて、涼しく沢の整備を行います。


午後一での作業はあまりに暑いので、まずは開拓地の未来のイメージを膨らませるために、森と沢が溶け込むような庭と家を作り、暮らしている瀬川さんを訪ねました。
c0177665_10595812.jpg

もちろん沢もチェック。
c0177665_110454.jpg
c0177665_110913.jpg

思わず沢につかっちゃいます。
c0177665_1101874.jpg

瀬川さんとおしゃべり
c0177665_1102351.jpg

風が通り抜けて非常に心地よいです。
c0177665_1102823.jpg

あちこち見学してモチベーションがあがりました!
c0177665_110331.jpg

さて、涼んで学んだ後は、開拓地へ。


稲は、すくすく育ってるとは言いがたいですが、植えたときよりも分ケツしてほどほどしっかり生きています。
c0177665_1103752.jpg

こちらが沢周辺。今まで手を入れていないので、随分と荒れ放題です。沢は低いので見えませんが、中央に横に流れています。手前も奥もなんだかゴチャゴチャしています。沢の中も、木の枝やら竹やらがゴロゴロしています。
c0177665_1104230.jpg

中央の大きな木の周辺を綺麗にしたら良い木陰スポットになりそう、と計画しています。
それとは別に青い服を着たシキエモン(参加者)。沢の方を眺めて何やら考えている様子です。
c0177665_1104633.jpg

さあ、まずはともかく、草を刈ったり、
c0177665_1105079.jpg

ゴミをどけたり・・・。
c0177665_1105562.jpg

集めたゴミがどんどん溜まっていきます。
c0177665_111342.jpg

沢の中。最初は奥が見通せない位でしたが、随分綺麗になりました。
c0177665_111768.jpg

夜、再び瀬川邸を訪れて、しっぽり夜な夜な交流会。
c0177665_1112044.jpg

スズエモン(参加者)がフランスで技術習得して焼いてくれたナントカっていうお菓子の差し入れ。非常に美味でした。(*トルタデリコットとファーブルトンです)
c0177665_1112451.jpg


翌日。日中は暑くなるので、早朝から作業に入ります。
昨日集めた枝や竹を燃します。この日の気温は予報で36度。見てるだけで暑くなってきます。
c0177665_111328.jpg

顔を真っ赤にして燃やしてくれた炎担当には脱帽です。
c0177665_11158100.jpg

例の木の周辺。燃しながら周辺の整備もします。
c0177665_1113888.jpg

上から水が湧き出て、地面が沼地化しているので、溝を切って、水を流します。
c0177665_1114329.jpg
c0177665_1115347.jpg

朝食。色んなオニギリと玉子焼き。みんながアッという間に取ったので、写真は残りもの。
c0177665_112417.jpg

沢に入ってほおばります。涼しくて一層美味しいです。
c0177665_112971.jpg

なんだか絵になります。
c0177665_1121479.jpg

こちらはアキノタムラソウという野草。開拓地にたくさん咲いています。
c0177665_1121861.jpg

シキエモン、「川床を造りたい」と、枯れていない青い竹を刈りはじめました。そんな事を考えていたのですね。
c0177665_1122389.jpg

刈った竹を集めて、
c0177665_1122893.jpg

長さを合わせて切って、
c0177665_11233100.jpg

沢を渡るようにして、並べていきます。
c0177665_1123866.jpg

5本並べただけでも、人が寝っ転がれます。まだまだ増やします。
c0177665_1124313.jpg

川床の下から。体を冷やしているところかな。
c0177665_1124854.jpg

こちらは、竹を使って、トイレの目隠し用の竹垣を割っています。
c0177665_1125597.jpg

節でポンッと音が鳴って楽しい。大人気で交代交代でしました。
c0177665_113196.jpg

なんだか見た目、すっきりした感じがします。
c0177665_113725.jpg

大方完成した竹製川床の上で。
c0177665_1131337.jpg

借りている土地の幅の沢は綺麗に整備されました。
そして、川床を作り、木の周辺も整備されました。
夏でも木陰で心地よいので、次回からここを休憩スポットにして、イスやテーブルを置いて、過ごせるように使っていきます。
c0177665_1132297.jpg




次回は9月12日-13日(土日)

内容は未定ですが、「開拓地でキャンプしたいね」なんて話してます!
少しずつ涼しくなってくる季節。

ぜひ一緒に、夜刀の庭を作っていきましょう!!
[PR]
by kurashilabo | 2015-07-27 11:05 | レポート(報告) | Comments(0)

開拓第7回(6月)レポート

c0177665_1931520.jpg

c0177665_18205495.jpgさて、いよいよ田植えと望みたいところ。まずは、開拓地の状況をおさらいしておきましょう。


1枚目と2枚目は、水を張らずにそのまま植えます。
2枚目は、まだ草が残っているので、草を除去する作業から。


3枚目はテーラーで耕して、水を入れました。足で代掻きせねばなりませぬ。


4枚目もテーラーを入れたのですが、水は入っていません。3枚目同様、基盤整備されていない田んぼは、どこまでも埋まってしまい、テーラーを入れるのも恐る恐るでした。一度耕した場所にタイヤが入ると出られなくなるので、隙間をあけて耕しています。実は一度、埋まって出れなくなりました・・・。


5枚目は、テーラーも入れておらず、またもとの開拓地に戻りつつあります。これが「人と自然がせめぎ合っている」状態です。


c0177665_1821186.jpgこれは、日よけにのために事前に作った竹の枠。



さて、田植えをするには、まずは稲です。4月に播いた米のモミがこんなに大きくなりました。みんなでワイワイ抜きます。足が水に使ってきもちいい。c0177665_1821766.jpg


日よけに屋根を付けています。とっても簡易でアジアっぽい?c0177665_18211469.jpg


さて、1枚目に稲を植える訳ですが、水も張っていない、代掻きもしていない、こんな場所でどうやって田植えを・・・?c0177665_18212133.jpg


そう、意地で植えます。なんというか、玉ねぎの定植作業のようです。c0177665_18212544.jpg


根が活着しやすいように足で土を寄せます。c0177665_18212939.jpg


やっぱり開拓地は背景が良いですね。よもや田んぼで田植えしているとは思えないです。c0177665_18213481.jpg


わいわい喋りつつ、心の中は「果たしてこれで良いのだろうか・・・」というものだったでしょう。c0177665_18213869.jpg


ともあれ、「稲の定植」完了。(田植えとは言わない。)初日はこれで終わります。c0177665_18214376.jpg



2日目。2枚目も植えつつ、3枚目の代掻きを足でします。c0177665_18214893.jpg


大の大人がぞろぞろ集まって、黙々と地面を踏んでいます。すごいです。c0177665_18215354.jpg


こちらは万能で耕しています。絵的には“らしくて”良いですが、後で「こんなに振りかぶる必要はなかった」と気づいたようですよ。c0177665_18215913.jpg


根っこが抜けたようです。テーラーが入れられなかったところは、根が絡まって本当に耕すのが困難でした。c0177665_1822640.jpg


成し遂げた男達の見せる豊かな表情。さて、ここも田植えします。c0177665_18221362.jpg


さすが、水を張って代掻きしただけあって、1・2枚目とは違って田植えっぽいです!c0177665_18221838.jpg


そんなこんなで3枚目もどうにか植え終わりました。普通、手植えする時は株間30cm、条間30cmとりますが、葦やらマコモやガマや?モロモロ草が生えてくる事を想定して、条間を倍の60cmとって、代わりに株間は20cmに詰めて植えました。刈払い機で草刈りできるようにです。
c0177665_18222353.jpg


記念の1枚c0177665_1822292.jpg
今回の活動も、一筋縄ではいかないものばかりでした。ありきたりですが、昔の人はたいした道具もないはずだし、本当にすごいです。昔って言っても昭和初期とか大正とかで、それをさらに遡って、そもそもこの地を開拓した人は一体どんな思いだったのでしょう。「40年前まで作っていた」事は分かっても、ではそもそも「いつから」作っていたのか、最初に耕作した人はどんな人たちなのか?その時代の風景は今とはまた全く違うものだったろうなぁ、と想像で埋めるしかありません。そしてもちろん、大事なことは過去をなぞるだけでなく、今の僕たちにとっての開拓の意味を見出していくことでしょう。


こちらは50秒のダイジェスト動画。



次回   7月25日-26日(土・日)

    Next Mission
沢の境界を拓く。
  http://kaitakudan.strikingly.com/#_5

ぜひご参加ください



c0177665_18223695.jpg
ちなみに、田植えから3週間後の稲の様子。元気に育っているようです。

[PR]
by kurashilabo | 2015-07-04 18:47 | レポート(報告) | Comments(0)

開拓GW(第五回)レポート!

c0177665_15522857.jpg

と言いつつ、初日はツリーハウスに登ったり、野菜を収穫したり、外ご飯作ったりして、
わりとのんびり農場を満喫。
c0177665_15461133.jpg

c0177665_15461961.jpg

竹ご飯に











ダッチオーブンに













カレーにチャパティー

さて、いよいよ本番。すでに持ち物がおかしい!(笑)これが開拓団!!
これは沢から水をひっぱってくるのに使います。c0177665_15462910.jpg

スコップ、刈り払い機、まんのう・・・各自、思い思いの武器を手に山に入ります。RPGみたいです。c0177665_15463984.jpg

さあ、これが今回の任務解説図。開拓地を田んぼとして使うためには水を引きこまなければなりません。開拓地の真横にも沢は流れていますが、沢の方がレベルが低いのでそこから水を入れる事は不可能。沢の上流から水をひっぱって、昔使われていただろう水路に水を引きこもう、というのが今回の任務。その長さ実に300m!
c0177665_15532242.jpgA地点は一番の難関の取水ポイント。


B地点は使われずに藪に戻ってしまった場所の整備。


C地点も整備ですが、コーナーがあるので手が抜けません。


C地点以降はかろうじて昔の水路が残っているので、C地点の最後まで水が流れれば、水路の復活となります。


c0177665_15532840.gif取水の意味が分かりにくい人のために。

c0177665_12145768.jpg(A地点)

今回は、段差になっている部分を掘り下げて、水を引き入れます。




沢(手前)から田んぼ(奥)へ。








人海戦術で掘りまくります。篠竹もすごかったです。


c0177665_1214423.jpg(B地点)
もう訳が分かりません。
こんな場所をどうしろと…?











という気持ちを抑えて、刈り払い機やナタやノコギリでどうにか藪を切り開いていきます。


c0177665_1281559.jpg(C地点)





ここは比較的穏やかな藪でした。












水が別の方向に流れないようにしっかりコーナーも作り、











整備完了。


昼食は開拓地で焼肉!
c0177665_1547667.jpg


開拓地のマスコットキャラ・シロ。さあ、いよいよ、水は流れるか!?
c0177665_15471822.jpg

解説の通り
c0177665_15472589.jpg

さて、流します・・・
c0177665_15473130.jpg

みんな大興奮。写真と動画を取りまくりです。ゆっくりゆっくり、水路に水が流れます。
水の先頭をみんなが固唾をのんで見守ります。
c0177665_1635331.jpg
開拓地まで水が流れてきました!!いや~、感動的。実に30年ぶりの出来事でしょう。
これで、田んぼに目処が立ちます。

お祝いの昼食はいわな。
c0177665_15474497.jpg


THIS IS Kaitaku-Dan "YATO-NO-NIWA"!!!
↑なぜか英語を使いたくなるほど誇らしい気持ちに。
c0177665_1552422.jpg
感動の声の数々・・・
●開通した瞬間はとても感動的だったね!今回もたくさん笑って楽しかったです。ありがとう^ ^(TSさん)

●元から流れている沢へ合流した時には、大変感動しました。露天風呂、大変気持ち良かったですよ!ありがとうございました。(OYさん)

●体力に自信が無かった男性ですが、パワフルな女性陣の活躍によって、主催者の予想を超えたミッションコンプリートに一安心しています。早く開拓地の米でお握り作って、あの地で食べたいです。(SKさん)

●参加者の年齢層が幅広く、何よりみんな楽しそうにミッションをこなしていたのが印象的でした。上流でのイワナの塩焼き、川遊びに泥パックもサイコーでした〜!(WYさん)

●「この川は俺が作った」そう先祖代々、受け継いで行こうと思います。参加したのは半日なのに(笑)
密林の中でスコップで溝を掘る。最初は塹壕掘りみたいだったけど、開通した時は感動しました。子供の頃の砂遊びを思い出しつつ、大人が本気だすと自然を作り変えちゃうぞ!それを実感できる開拓でした。次回はダイナマイトを試してみたいです。(MKさん)

●「この開拓地は俺が切り拓いた!」そう先祖代々、受け継いで行こうと思います。半分も参加してませんが。(笑)
今回もかなり骨が折れましたが、水路に水が引かれた瞬間はうれしくて子供心を思い起こさせてくれました。個人的な最終目標はオリーブ栽培です。(AYさん)


(C地点の最後から旧水路につながる場所での動画)


楽しい楽しい3日間でした。みんなありがとう!お疲れさまでした!!
次はあなたも
Let's KAITAKU!!!
[PR]
by kurashilabo | 2015-05-14 16:36 | レポート(報告) | Comments(0)

里山ジオ・ピクニック 春の餃子祭2015 レポート

c0177665_16132172.jpgさて、今年も春の餃子まつり&里山ピクニックの季節になりました。

昨年に引き続き今年も餃子まつり、と定番にする感が漂っていますが、人生にとっては、何も考える必要がない「定番」という存在もとても大事だと思います。安心する定番があってこそ、それ以外の部分で気合が入れられる、というもの。

その今年の"気合ポイント"は「里山ジオ・ピクニック」の"ジオ"の部分。
今回は「岩」をテーマに地層を読み解くという、ちょっとマニアックなピクニック。ジオツアーガイドで自然公園指導員の矢野徳也先生をお招きしました。
楽しくピクニックするのも良いですが、物事を観察する新たな視点を手に入れれば、今まで見えなかった風景が僕達に語りかけてくれるように感じられます。

c0177665_16133430.jpgツアーの前にまずは餃子。
餃子仕込みのために前日入りしてくれたり、当日早めに来てくれたり、そんな人達のおかげで餃子祭りの準備が進められます。本当にありがたいことです。

みんなで作るとまたこれが楽しいですね。

c0177665_16133912.jpg鶏ネギ餃子と、豚味噌ニラ餃子の2種。全部で450個。王将には敵いませんが、450もけっこうな数です。

c0177665_16134780.jpgこちらはおにぎり。春らしい紅芯大根のおにぎりと大根葉おにぎりとノーマルの3種。

c0177665_16135214.jpg餃子は外で、鉄板で一気に焼きます。ボールがひっくり返って被ってるのは、中で餃子を蒸しています。

c0177665_16135735.jpgみんなでいただきます!
お腹いっぱい食べてもまだまだ餃子が!
手作り発酵麦茶も「美味しい」と好評で良かった~。

c0177665_16222633.jpgさて、お腹いっぱいになったらツアー開始です。この地図が今回の探検マップです。

ツアーに参加せずにこのブログ見てくださっている人には何の事か分からないと思いますが、ともかく探検マップがあるだけでテンションがあがればそれでOKなのです。

c0177665_161472.jpg矢野先生が右手に持っている黒い石は変成岩、左手に持っている白い石は花崗岩(かこうがん)。
地学をやらなかった僕には難しいですが、とりあえず花崗岩の方が崩れ易いそうです。
それだけ抑えるだけでも随分風景の見え方が変わってくるとか・・・?

c0177665_16141229.jpgマップにある大日堂跡にいきます。けっこう急な石段です。

c0177665_1614189.jpg石造りの大日如来や不動明王がありました。
こんなかわいい像も。

c0177665_16142431.jpg変成岩の塊を見ます。
変成岩とは、・・・私は詳しく説明できませんが、元あった岩に熱や圧力がかかって変成作用を起こした岩です。
とても硬くてちょっとやそっと叩いても全く割れません。

c0177665_16142920.jpgと、そんな知識がなんの役に立つのかな?と思ったら、このちょっとした滝。
なぜここに滝が出来るのか?

えっへん、それはですねぇ、私から説明しましょう。
ここに軟らかい花崗岩と硬い変成岩があったからでして、軟らかい花崗岩が崩れて、残った変成岩の所だけが今このように滝になっている訳でして、云々カンヌン・・・
(「云々カンヌン」の所は理解できなかったので何も喋っていない。)

c0177665_16143517.jpgさあ、そんなジオの解説の合間に、春のお花たちが目を楽しませてくれます。

あけび
c0177665_16144157.jpgキブシ
茶道で使われるそうですよ
c0177665_1614464.jpgコブシ
c0177665_16145098.jpgクロモジ

茶道の楊枝に使われる高級植物。

「1本150円にもなる」と聞いた途端みんなの目の色が少しだけギラつきましたよ。
柑橘系のような爽やかな香りがします。
c0177665_16145551.jpg赤い実がつくアオキ

c0177665_1615017.jpgと、またここにも変成岩が突然どかっと登場。

よく考えれば当然ですが、山道というのは、斜面を削って平らな部分を作って人が通れるようにした道ですから、元々はそこにも岩や土がありました。

この硬い変成岩を削るのは容易な作業ではなかったでしょう。これは大きくて移動できなかった残り。

c0177665_1615461.jpg土が削れて観察しやすくなった松の根っこ。
根というか幹のままに見えますが、ものすごく太い。

杉やヒノキはこのような根は出せないそうです。
なので、松は栄養分の少ない山頂近くで育てられたり、勝手に生えたりする事が多いですね。

c0177665_1615952.jpg林の中に一人参加者が紛れていますが、見つかるかな?
お行儀良く歩く人と、自由に散策する人。

c0177665_16151328.jpg黒くて太くて何本にも幹が分かれた木、なんの木でしょう?

空を見上げると・・・

c0177665_16151738.jpg山桜ですね。すごい大きさ。

c0177665_16152229.jpgなにやら、ほら穴?洞窟?みたいな物がありますよ。

研修生Kちゃんの好きな地底人がいよいよ登場か!?

c0177665_16152667.jpgここは戦前、ベリリウムという鉱物を採掘していた場所だそうです。

(多分)初めて聞くベリリウムという物質ですが、実は「水平リーベ、僕の船」の"べ"です。なんと元素記号の4番目!はやっ!!知らんかった。ダメですね、ちゃんと勉強しないと(汗)

ベリリウムは合金に使ったり軍用機に使われたりと、戦時中に活躍した物質ですが、戦争の終わりと人体への毒性などから別の物質に取って代わられていきました。(もしこの洞窟を見つけても危ないから入らないでくださいね)

c0177665_16153044.jpgさて、そんな矢野先生の講釈を聞いて早速"鉱物アイドル"と化した女子たちが手に持っているのは多分、石英(セキエイ)か雲母(ウンモ)。

c0177665_16153410.jpg石英(写真上)は半透明でかわいく、雲母(写真左の金色)はキラキラして綺麗です。

c0177665_16153992.jpgすみれを見たり

c0177665_16154616.jpgワラビを収穫したり(参加者の方には悪いですが、翌日いただきました。美味でした。ありがとうございます。)

c0177665_16155338.jpg通行不能場所を一部迂回して、竹の間をよじ登っていきます。今回のルートで一番の難所。

ワクワク登る人もいればヒイヒイ登る人も。

ここだけ道があるのは、NTTさんのおかげ。電柱と電線のまわりだけ竹が綺麗に刈られています。ごくろうさまです。

c0177665_16155940.jpg上から見下ろすとこの角度なので、その急さが分かります。

c0177665_1616833.jpg竹つながりで、こちらはクロチクという黒い竹。
枯れている訳ではありません。園芸品種です。

c0177665_1616145.jpgこちらはシホウチク(四方竹)という、まわりが四角い竹。
こんなの見たのも初めてです。
これも植えられたものだそう。

c0177665_16162252.jpgのどかな里山を歩いています。

さあ、終盤。

写真の中で当時歩いている参加者も疲れてきている頃だと思いますが、ブログを書いている僕も随分疲れてきましたよ。もう一息ガンバレ!

c0177665_16163824.jpg眼下に珍しい木・・・?
あれ?白とピンクの花が1本の木から咲いています。
接ぎ木されたリンゴです。
冬のイルミネーションみたいでかわいいですね。

c0177665_16164834.jpgさあ、道に上がってきました。
こちら、バックに広がるのは40年前は茶畑だった場所。
満州から帰ってきた男性が開拓して茶畑を開いた場所。

農場スタッフの鈴木さんが、仲間とこの場所を再開拓しようとしている、まさにその場所です。
今回は、時間の都合でルートにはあったのですが、割愛しました。

c0177665_16165462.jpg




小休止

c0177665_1617392.jpgさあ、スタート地点の森羅荘に戻ってきましたよ。
完全予約制 山小屋カフェ森羅荘

ここで温かいコーヒーとスコーンが待っています。
いやぁ、最高のプランですね。

c0177665_1617732.jpgこちら!
甘さを抑えたスコーンに生クリームとやさとの苺を乗せて、パクッと食べれば疲れもひとっとび!!

c0177665_16171260.jpgツリーハウスでもカフェできちゃいます。

c0177665_16171681.jpg中はこんな感じです。
森羅荘に行った際は、ぜひこのブログを参考にして歩いてみてはいかがでしょう。

あ、間違えました。「ぜひやさとのジオ・ピクニックをして、その際には森羅荘に行ってみてはいかがでしょう」ですね(笑)


これにて里山ジオ・ピクニック終了です。
また、次回もジオ・ピクニックが出来たらよいなぁと思っていますので、その際はぜひご参加ください。

石岡市を初めとする筑波山を囲む6市では「筑波山地域ジオパーク」の認定に向けて活動を行っています。関心のある方に情報をお届けする無料サポーター制度があります。

今回ツアーガイドをしてくださった矢野徳也先生に連絡を取りたい場合は、暮らしの実験室までご連絡ください。










.
[PR]
by kurashilabo | 2015-04-07 16:20 | レポート(報告) | Comments(0)