<< ふみきコラム 1月18日 2013年度の研修生を募集して... >>

暮らしの実験室の事業概要

organicfarm暮らしの実験室は「いたるところにfarmを.いたるところをfarmに.」をコンセプトに現在以下の事業を行っています。

c0177665_1153407.gif
■やさと農場
やさと農場は茨城県の筑波山の麓にある有畜複合の有機農場です。豚と鶏を飼い、その肥料を使い、野菜やお米を育てています。田40a、畑2haに鶏(600羽)、豚(40頭)、山羊(2頭)、イヌ(2匹)、ネコ(3匹)と、4人のスタッフと研修生が働きながら暮らしています。できた農産物を食べてもうらことで農場は成り立っています。



c0177665_15383477.jpg■企画部
暮らしの実験室のメッセージを農場での生産活動以外で表現していく。暮らしは自分たちの手で作るもの。まずは参加することがそのきっかけになります。面白くて深い企画を用意してお待ちしています。

●やかまし村イベント…農体験や季節のイベントを組み合わせ、自然や生き物と親しむ企画を都市の若者たちと一緒に企画。
●建築系企画…2010年の春~夏にかけてツリーハウスを建築。2011年には縄文ハウス(竪穴式住居)も作りました。
●お米と大豆の自給プロジェクト「稲豆学園」…毎年10名以上の仲間たちとお米と大豆を育てて味噌を作っています。
●そのほか、ソーセージ作り、100%自給ハンバーガー作りなどの会員による自主企画も行われています。


私たちが作る、暮らし、生き方、未来。
「明るい農業とか農村」の話しじゃなくて、都市に住んでる僕らの暮らしを具体的に変えること。
そのための「農」であり、暮らしの実験室です。

[PR]
by kurashilabo | 2013-01-20 00:00 | プロフィール | Comments(0)
<< ふみきコラム 1月18日 2013年度の研修生を募集して... >>