<< 開拓日記 2016年4月23日 やつだ開拓団 4月の種まき活動... >>

4/23(土)着の野菜セットの中身(レギュラーサイズ)

c0177665_15184636.jpg
里芋 400g
人参 2本
葉玉ねぎ 2本
ネギ 250g
葉大根 150g

小松菜 250g
間引きコカブ 210g
のらぼう菜 170g
リアスからし菜 150g
春菊 130g

春の葉物は虫の格好の餌食。畑ではモンシロチョウが我が世の春を謳歌しています。キク科の春菊は何ともないのですが、アブラナ科の野菜はどうしても虫害を防ぎきれません。今週も小松菜・リアスからし菜・コカブ・葉大根・のらぼう菜がアブラナ科。虫食いが目立つものがありますがご了承ください。

【里芋】土垂(ドダレ)と呼ばれるネットリ系里芋の定番品種です。
【人参】品種黒田五寸。夏播き秋冬採り。冬に収穫して保存してあるモノで大分傷みが進んでいますがご了承下さい。
【葉たまねぎ】ネギに似ていますが白い部分が短く丸みがあるのが葉たまねぎ。葉たまねぎとは品種名ではなく、未熟なタマネギを早採りしたもののこと。根本から葉先まで食用できて、その味は根本が新玉ねぎで葉が青ネギといったところ。英語では「Spring Onion 春タマネギ」。その名の通り春だけの季節感のある野菜です。
【長ネギ】分けつネギ。一本ネギがトウ立ってしまうのでの4月はネギの端境期ですが、この時期にも食用できるのが分けつネギです。味は一本ネギには劣りますが、やはりあると嬉しい野菜なので一本ネギとは別に栽培しています。
【葉大根】大根の間引き菜。根はまだ小さいですがこちらも全体を葉物としてお使い下さい。茎のシャキシャキした食感を活かして料理のアクセントに。

【小松菜】2月路地播きの小松菜です。
【間引きコカブ】間引きなので玉は小ぶりですが全体を葉物としてお使い下さい。辛味のある葉は浅漬などにお勧めです。白カブと赤かぶのミックスです。
【のらぼう菜】菜花の一種ですが茎まで柔らかく甘みがあるのが特徴。西多摩地区の地方野菜です。
【リアスからし菜】鮮やかな紫色のからし菜。生でサラダなどのアクセントに。
【春菊】ハウス栽培の春菊です。
[PR]
by kurashilabo | 2016-04-22 15:19 |  L 今週の中身 | Comments(0)
<< 開拓日記 2016年4月23日 やつだ開拓団 4月の種まき活動... >>