<< 開拓日記 2016年3月12日 開拓日記 2016年3月5日 >>

3/12(土)着の野菜セット(レギュラーサイズ)

c0177665_175729100.jpg
唐芋 適宜
大根 半本
人参 2本
ゴボウ 300g
ネギ 300g

法蓮草 320g
間引小松菜 150g
葉大根 110g
間引コカブ 90g
間引春菊 60g

栽培途中で密植したところを間引き収穫した葉物を総称して「間引き菜」と呼びます。一般市場には出回らない農家だけの野菜ですが、今週はそんな間引き菜が4種(大根、小松菜、コカブ、春菊)入りました。野菜を出荷する側の本音としては端境期の奥の手だったりもするのですが、小ぶりながらも味は決して悪くありません。お浸し・漬物・汁物などに。間引きものは比較的足が早いのでお早めにお使いください。

【里芋】唐芋(トウノイモ)という品種の里芋ですが、今回は親イモです。一般的に里芋の株の主茎の下に出来る一番大きな芋を親イモ、その周りに出来る小ぶりの芋を小イモと呼びます。里芋といえば小イモが一般的ですが、このトウノイモは親イモも美味しく頂ける品種です。箸がスッと簡単に通るくらいまで良く加熱してお召し上がりください。大きさに大小がありますので、小さい親イモには小イモを加えて調整しています。
【大根】予め土中に保存してある大根をその都度掘り出して出荷していますが、3月になり暖かくなってくると保存モノは傷んできます。多少傷みのある場合もありますがご了承下さい。
【人参】品種黒田五寸。夏播き秋冬採り。こちらも保存モノ、やはり一部傷みがあります。
【ゴボウ】近隣の提携農家(農場の地主でもある)高橋さんからの出荷です。
【ネギ】品種石倉一本ネギ。

【ほうれん草】赤い根元も甘くて美味しいので捨てずにお使い下さい。
【間引き小松菜】ハウス栽培の小松菜の間引き菜なので小さく未熟なものが多いですが、若い分柔らかく食べやすいのが特徴です。
【葉大根】大根の根ではなく葉を積極的に利用するために栽培し早採りしたもの。細い根まで含めて葉物としてお使いください。
【間引きコカブ】間引きなので根は小さいですが全体を葉物としてお使いください。浅漬などに。【間引き春菊】ハウス栽培の春菊です。未熟な分柔らかく、生でも美味しくいただけます。



.
[PR]
by kurashilabo | 2016-03-11 17:58 |  L 今週の中身 | Comments(0)
<< 開拓日記 2016年3月12日 開拓日記 2016年3月5日 >>