<< 開拓日記 2016年3月5日 やつだ開拓団第二期 始まりました! >>

3/5(土)着の野菜セット(レギュラーサイズ)

c0177665_1510131.jpg
ジャガイモ 400g
里芋 400g
大根 半本
人参 2本
紫黄人参 各1本
ネギ 270g

ほうれん草 290g
アブラ菜 270g
葉大根 100g
間引小松菜 80g
カブ 適宜

これまでの葉物は去年の秋に種を播き厳しい冬を越えたもの(今週のアブラ菜・法蓮草・カブ)でしたが、今週から今年1月播きのハウス栽培の葉物(葉大根と間引き小松菜)を入れました。寒さに鍛えられて逞しく育った濃い葉物と比べてハウス葉物は軟弱ですが、その癖のない若々しさは春の味。これから徐々に冬野菜から春野菜へと野菜セットの顔ぶれが入れ替わっていきます。

【ジャガイモ】品種マチルダ。夏に収穫し保存してあるもの。煮崩れしにくいので煮物などに。
【里芋】品種唐芋(トウノイモ)、別名エビ芋。肉質がきめ細かく上品な味が特徴です。
【大根】一般的な青首大根。予め土中に保存してある大根をその都度掘り出して出荷しています。
【人参】近隣の提携農家(農場の地主でもある)高橋さんからの出荷です。
【紫・黄人参】加熱調理すると色が溶け出し他の食材に移ることがあるので、皮を剥いて生のままサラダなどにするのがオススメです。
【ネギ】品種石倉一本ネギ。

【ほうれん草】赤い根元まで甘くて美味しいので捨てずにお使い下さい。鳥(おそらくヒヨドリ?)に食害されて少々見苦しいところがありますがご了承ください。
【アブラ菜】ツヤがあり濃い緑色の冬菜(ふゆな)とも呼ばれるアブラナ科の葉物。少々苦味があり癖がありますが、煮物・炒めモノなどにしても存在感を失いません。
【葉大根】大根の根ではなく葉を積極的に利用するために栽培し早採りしたもの。細い根まで含めて葉物としてお使いください。一見アブラ菜と似ていますが細い根が付いているのが目印です。
【間引き小松菜】ハウス栽培の小松菜の間引き菜です。間引き菜とは欠株のリスクを回避するため多めに種を播いておいて、後から密植したところを間引きながら収穫したもののこと。そのため小さく未熟なものが多いですが、若い分柔らかく食べやすいので生のままサラダなどに。
【カブ】皮が筋っぽい場合があるので皮を剥いてお使いください。冬越しのカブはこれでお終いです。
[PR]
by kurashilabo | 2016-03-04 15:10 |  L 今週の中身 | Comments(0)
<< 開拓日記 2016年3月5日 やつだ開拓団第二期 始まりました! >>