<< 憲法のこと③ 憲法のこと② >>

やかまし村 盆景×農体験 レポート

自然と暮らしと文化の繋がりを感じる
~盆景作りを通して、自分の森を創造しよう!~
報告レポート


濃淡眩い緑のグラデーション、たわわに咲く淡い藤の花々、練習最中のホトトギスの鳴き声、各所で始まる田植えの光景・・・穏やかで清々しいGW終盤、盆景イベント第2弾を開催しました。

第1弾ではやさとの土を使い、陶器鉢を作成。
今回はその鉢に、やさとの自然からいただいた材料で、雄大な自然を描き出す盆景の製作です。
古くからやさと地区の信仰の中心となってきた薬師如来様を尋ねる散策コースに向かいました。
柔らかな風が心地よい絶好のハイキング日和の中、みんなで足元の苔や山野草を探しながらのお散歩です。いつもとは少し違うところに目を向けること、意識していなかったものを観察することで今まで気付かなかったことや新しい世界が広がっていたりします。落ち葉や、どんぐりや、大地から飛び出る新芽にみんな興味深々で、改めて“自然”の多様性と奥深さを体感するお散歩でした。

夜は森林組合で働くまささんと、農場スタッフのいばさんから、やさとで働き、住んでいて感じる里山のことについてお話をいただき、みんなで「これから残していきたい里山」をイメージ図にしてみました。
漠然としたイメージや、メディアからの情報と、実際にやさとの里山を見て歩いて感じたこと。
都会で暮らしていると一見関係ないような、私達の日常生活と里山との繋がりや影響・・・きれいなところだけを見るのではなく、背景や課題、現状を含めて各々の考えを膨らませ、盆景で描き出すイメージを膨らませるべく、理想の里山アイデアを共有しました。
c0177665_17122724.jpgc0177665_17123222.jpg

2日目午前中の農作業では、女性参加者が多い中、華やかな開墾作業です。
今まで持つことがなかった鍬の使い方を教わり、慣れない腕と腰をめいっぱい動かしての力仕事です。
本当に泥臭く、汗臭く、地味で大変でたいへんで・・・私たちが普段何気なく食べている野菜も、このような過程を経ていることを体感することで、それに関わる人と、与えてくれる自然の恵みに、感謝と尊敬と誇りを感じます。
c0177665_1727399.jpgc0177665_17125125.jpg

お昼にはお芋のポタージュと農場特産ハンバーガー♪
農場産小麦のもっちりパン、大切に愛情いっぱいに育てられた豚肉パティ、朝採れ卵、瑞々しい野菜をたっぷり挟んで頬張ります!仲間と共有すること、協力して作業をすること、自然と向き合い、そこから食べるものをいただくこと、そんな中で生かされているという幸せを実感する瞬間です!
c0177665_17123974.jpgc0177665_17353368.jpg

いよいよ昨日とってきた苔で盆景製作です。
健気に逞しく生きる小さな小さな苔や山野草の表情を見て、「風景」という大きな自然の姿を、思い思いに創りあげることができました。手で、土や植物の感触を丁寧に感じながら、小さな鉢に少しずつ移植していく作業はとても繊細で、みんな夢中で"自分"と"自然"と向き合います。個性満開の完成した盆景は、季節の移ろいと共に変化を遂げて成長していくことが楽しみです。
c0177665_17124422.jpgc0177665_1712475.jpg



ものも情報も早く簡単に便利に手に入る現代ですが、視点を変えることやものの見方を変えること、目の前にあるものを活用して創り出すこと、自分で探して体験して実感すること、そんな中で自身の価値観や判断基準をしっかり持ち、これからの生き方を選択していける人が増えることで、より豊かで素敵な、わくわくする未来となることが楽しみです♪

私達の暮らしには、自然という土台があり、その中でさまざまな繋がりや感動、楽しみが生まれていること、生み出すことができるということに、喜びと幸せを感じた2日間でした。

村長 井口 恵
[PR]
by kurashilabo | 2013-05-30 17:12 | レポート(報告) | Comments(0)
<< 憲法のこと③ 憲法のこと② >>