<< キッチンから 3月 パン&ベーコンをつくろう >>

大豆会をひらきました

2月20日(土)、21日(日)の1泊2日で大豆会を開催しました。

大豆の収穫後に参加者のみんなと「味噌を仕込もう」と話していたのですが、話が膨らんで「大豆でできる事全てやろう」という事になり、とても素敵な会になりました。

一年かけて大切に育てた大豆をとことん楽しもう、というお祭り。

当日、参加者のみんながこんな素敵なしおりを作ってくれました。
c0177665_15382154.jpg

11:30頃に集合。昼食をいただいた後、オリエンテーションを経ていざ作業へ。

大豆煮込みチーム、豆乳&豆腐作りチーム、きな粉ちんすこう作りチームの3班に分かれて作業。

大豆煮チームは1日目は大豆を煮るだけ。味噌仕込みは全員参加で2日目にやりました。
よく煮えた大豆を臼と杵でついていきます。大豆の粒がほどよく残る粗めの味噌。麹(麹も暮らしの実験室で栽培したお米を醸しました)とよく混ぜて、仕込みました。
大豆をついている時にジャンベを叩いて、即興の「大豆音頭」をみんなで歌ってつきました♪
c0177665_15383711.jpg

(*写真は加工してあります)

もうひとチームは豆乳と豆腐作り。浸しておいた大豆をミキサーで潰して、軽く煮たものを絞ります。
冷ました後ににがりを入れて、再度温めて型に入れて完成しました。
と、さくっとできればいいのですが、豆腐作りは中々コツがいるようで(できる人はすぐできると思うのですが)、どういう訳か固まらない。
で、これをそうして、それをああして、と試行錯誤の末、ようやくでき、型から豆腐がでてきた時は感動でした!
c0177665_1539437.jpg

最後のチームは3時のおやつ(当日は4時のおやつ)のきな粉ちんすこう作り。大豆を炒って、フードプロセッサーで磨り潰し、ちんすこうの生地(農場で豚を飼っているのでラードを使う)に混ぜて焼きました。
c0177665_15385133.jpg

そして晩御飯。もちろんここでも大豆が大活躍。豆乳鍋で一日の労をねぎらいました。
その後は呑めや歌えやの大宴会で、 楽しく交流しました。
c0177665_1539204.jpg

2日目は味噌を仕込み、その後、栽培したもう一種類の納豆小粒(なっとうしょうりゅう)を使って納豆を仕込みました。
ワラ切りからやって、自分でワラづとを作って、その中に煮た大豆を入れて、みんなお土産として持って帰りました。
c0177665_15393162.jpg

ホスト側として大豆レボリューションには今年初めて参加させていただいたのですが、大豆オーナーの皆さんが本当によく参加してくれて、とてもすばらしい機会を得る事ができました。

今年も暮らしの実験室で大豆レボリューションに参加しますので、大豆オーナーを希望される方はぜひお申し込みください。最初の種まきは7月予定です。
大豆レボリューションのサイト(まだ募集は始まっていないようなのでしばしばしお待ちください)
[PR]
by kurashilabo | 2010-02-24 15:33 | レポート(報告) | Comments(0)
<< キッチンから 3月 パン&ベーコンをつくろう >>